銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年02月12日 定期公演

  • 狂言「抜殻」大藏彌太郎
  • 能「弱法師」浅見慈一
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2021年2月12日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
銕仙会定期公演〈2月〉

狂言 抜殻(ぬけがら)


シテ 太郎冠者 大藏彌太郎
アド 大藏 基誠

主人より使いを命じられた太郎冠者。しかし使いの度に振舞われるはずの酒が今日はないので、戻って主人に催促することに。大盃で何杯も酒を飲み、すっかりご機嫌になった冠者はいよいよ出発するが、使いの途中で眠ってしまう。様子を見に来た主人は、眠っている冠者を懲らしめるため鬼の面をかぶせると、目覚めた冠者は水に映る自分の姿に驚いて…。

能 弱法師 (よろぼし)

シテ 俊徳丸 浅見 慈一
ワキ 高安通俊 工藤 和哉
アイ 通俊ノ下人 大藏 教義
   
槻宅  聡
小鼓 幸  正昭
大鼓 安福 光雄
     
地謡 鵜澤  光
観世 淳夫
谷本 健吾
長山 桂三
北浪 貴裕
清水 寛二
西村 高夫
柴田  稔
     
  後見 浅見 真州
  馬野 正基

ある人の讒言により我が子の俊徳丸を追い出した高安通俊は、俊徳丸の安楽を願い天王寺で施行を行っていた。

長閑な春の彼岸の頃、盲目ゆえよろめいて歩く姿から弱法師と呼ばれる少年は、通俊が施行する西門の石の鳥居に立ち寄る。袖に散り落ちた花の香を愛でる弱法師。言葉を交わすうちに通俊は弱法師が我が子だと気づくが、人目を憚り夜を待って父だと名乗ることを決める。

そして日想観(夕日に向かい極楽浄土を想う修行)の時。弱法師の心眼にはかつて見た難波の浦の景色が浮かぶ。高揚した弱法師は往来の人に当たって倒れてしまい、自らを恥じる。やがて夜も更け、周りも静まると、通俊は我こそ父であると明かし、慌て恥じる弱法師の手をとって二人高安の里へと帰るのであった。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約