銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年03月12日 定期公演

  • 狂言「二人袴」山本泰太郎
  • 能「百万 法楽之舞」西村高夫
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2021年3月12日(金)
  • 午後6時30分開演(午後6時開場)
銕仙会定期公演〈3月〉

狂言 二人袴(ふたりばかま)


シテ 山本泰太郎
アド 山本 則孝
太郎冠者 若松  隆
山本凛太郎

聟入りの挨拶にひとりで行くのは恥ずかしいと父についてきてもらった聟は、舅の家の門前で袴まで履かせてもらうという甘えよう。

聟が舅の前へ出ると、門前で待つ父も呼ぶように言われるが、正装の袴が一枚しかないので、今度は父が袴を履いて舅と対面することに。舅に呼ばれる度に交互に袴を履いて舅の前に出るも、そのうち二人揃って来て欲しいと言われ…。

能 百万 法楽之舞(ひゃくまん ほうらくのまい)

シテ 狂女百万 西村 高夫
子方 百万ノ子 星  奏多
ワキ 大日方 寛
アイ 釈迦堂門前ノ者 山本 則重
   
八反田智子
小鼓 成田 達志
大鼓 佃  良勝
太鼓 大川 典良
   
地謡 小早川泰輝
観世 淳夫
長山 桂三
馬野 正基
鵜澤  久
浅井 文義
野村 四郎
柴田  稔
   
後見 観世銕之丞
  小早川 修

三吉野の僧は南都西大寺で拾った幼子を伴い、多くの人で賑わう嵯峨清涼寺の大念仏を見物にやってくる。

僧は幼子を慰めるため門前の者に何か見世物はないかと尋ねると、面白く芸を見せる百万という女物狂いがいるという。そして門前の者は下手な念仏を唱えて百万を誘い出し、百万は代わりに音頭を取って念仏を唱え舞う。

そのうち幼子は百万が故郷の母だと気づき、僧が百万の素性をそれとなく尋ねると、百万は奈良の女曲舞で夫とは死別し、子とも生き別れ、思いが乱れて狂人となったと答え、我が子との再会を祈って法楽の舞を舞う。さらに我が子を探して諸所を彷徨ったことや、辿り着いた清涼寺の霊験を讃嘆し、舞い語る。

大念仏の群集の中、我が子を求めて狂乱する百万。僧は幼子と引き合わせると、親子は再会を喜び、仏法の功徳に感謝してともに奈良へと帰るのであった。

曲舞の名手百万が我が子恋しと狂い舞う、春の嵯峨野を舞台とした能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約