銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年12月10日 定期公演

  • 狂言「舟渡聟」野村又三郎
  • 能「恋重荷」観世銕之丞
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2021年12月10日(金)
  • 午後6時30分開演(午後6時00分開場)
銕仙会定期公演〈12月〉

狂言 舟渡聟(ふなわたしむこ)

シテ 渡守 野村又三郎
アド 野村 信朗
野口 隆行
     
後見 奥津健太郎

聟入りする男が、酒好きの舅のために酒樽を土産に持って出かける。途中で渡し舟に乗ると、酒好きの渡守が酒樽を見つけて無心するので、男はやむなく酒を振る舞うが、そのうち二人で飲み切ってしまい…。

——————〈休憩15分〉———————

能 恋重荷(こいのおもに)

前シテ
後シテ
山科荘司
荘司ノ亡霊
観世銕之丞
ツレ 女御 馬野 正基
ワキ 臣下 福王 和幸
アイ 下人 奥津健太郎
   
一噌 庸二
小鼓 観世新九郎
大鼓 國川  純
太鼓 小寺 佐七
     
地謡 安藤 貴康
観世 淳夫
長山 桂三
北浪 貴裕
浅見 慈一
柴田  稔
西村 高夫
小早川 修
     
  後見 山本 順之
  清水 寛二

白河院の菊を世話をする老人山科荘司は、御所の女御を垣間見て以来、恋煩いの身となっている。

荘司の恋の噂は広まり、それは女御の耳にも届いていた。臣下は荘司を呼び出すと、美しい錦で包まれた「恋の重荷」を示し、この荷を持って庭を幾度も往復するならば姿を見せよう、という女御の意向を荘司に伝える。

荘司は身分違いの恋を自嘲し、希望と不安を抱きつつ重荷に手をかけるが、重荷は微動だにしない。失意の荘司は憤り、恋死んでしまう。

「恋の重荷」は身分違いの恋を諦めさせるための方便であったのに、予期せぬ荘司の死に狼狽える臣下。報告を受けた女御が庭へ出ると、恨みを抱え現れた荘司の亡霊が現れ、怨念を述べて女御に責め寄る…。

叶わぬ恋に翻弄される老人の妄執を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約