銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2022年05月13日 定期公演

  • 狂言「宗八」野村万蔵
  • 能「江口 干之掛」鵜澤久
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2022年5月13日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
銕仙会定期公演〈5月〉

狂言 宗八(そうはち)


シテ 宗八 野村 万蔵
アド 有徳人 河野 佑紀
小アド 野村拳之介
     

このあたりの有徳人(富者)が、僧と料理人を雇おうと高札(告知板)を打つと、元僧の料理人宗八と、元料理人の僧が名乗りを上げる。二人は雇われるも、転職したばかりで仕事に不慣れなので互いに前職を明かし、仕事を教え合うことに…。

能 江口 干之掛(えぐち かんのかかり)

前シテ
後シテ
里女
江口ノ君
鵜澤  久
ツレ 遊女 浅見 慈一
鵜澤  光
ワキ 旅僧 宝生 欣哉
ワキツレ 従僧 則久 英志
御厨 誠吾
アイ 里人 野村万之丞
     
 
小鼓
大鼓
松田 弘之
幸  正昭
亀井 忠雄
     
地謡 安藤 貴康
谷本 健吾
長山 桂三
馬野 正基
小早川 修
西村 高夫
観世銕之丞
柴田  稔
     
  後見 浅井 文義
    清水 寛二

江口の遊女の旧跡として名高い、摂津国江口の里を訪れた旅僧。

その昔、西行法師は江口の君に一夜の宿を断られ、それを咎めた歌を詠んだという。僧がその歌を口ずさむと、そこに里の女が現れ、出家の身である西行に「仮の宿」に執着してはならないと説いた江口の君の返歌を教え、我は江口の君の幽霊だと明かして姿を消す。

僧の弔いに引かれ、川舟に乗った江口の君の幽霊が遊女らと共に現れた。澄み渡る月光のもと、遊女は舟遊びの様子を見せ、迷える無常の世の理を説き、舞を舞う。やがて悟りの境地に達した江口の君は、まばゆい光に包まれて普賢菩薩と化し、西の空に消えてゆくのであった。

江口の君が諸行無常を説く気品高い能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約