銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2022年05月26日 青山能

  • 狂言「伯母ヶ酒」山本則重
  • 能「箙」観世淳夫
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2022年5月25日(水)
  • 午後6時30分開演

銕仙会青山能〈5月〉

狂言 伯母ヶ酒(おばがさけ)

シテ 山本 則重
アド 伯母 若松  隆

酒屋の伯母にまだ一度も酒を振る舞ってもらったことがない甥。そこで甥は、この辺りに恐ろしい鬼が出ると言いおき、帰るふりをして再び伯母のもとへ。鬼に扮した甥は、驚いた伯母を脅して酒にありつくも…。

能 (えびら)

前シテ
後シテ
里人
梶原源太夫景季
観世 淳夫
ワキ 旅僧 御厨 誠吾
ワキツレ 従僧 野口 能弘
野口 琢弘
アイ 生田ノ里人 山本泰太郎
     

小鼓
大鼓
栗林 祐輔
飯富 孔明
亀井 洋佑
   
地謡 青木 健一
安藤 貴康
鵜澤  光
北浪 貴裕
谷本 健吾
浅見 慈一
   
後見 清水 寛二
長山 桂三

春の生田川。西国の旅の僧が生田の森を訪れると、世の無常をつぶやくある里人と出会う。

僧は美しく咲く梅の謂れを里人に尋ねると、この地で戦った名将梶原源太景季にゆかりの梅だと語る。「箙の梅」と呼ばれているその梅は、景季が箙(矢筒)に一枝挿して勇戦したことから名を留めたと言い、かつての激しい合戦の有様をなおも詳しく語ると、我はこの花の主、景季の霊であると明かして姿を消す。

花の木陰でまどろむ僧のもとに、雅びやかな姿の若武者景季の霊が現れた。修羅道の責めに苦しむ景季は僧に弔いを乞うと、辺りはたちまち修羅の巷に。秘術を尽くした戦いの様を再現し、やがて夜明けとなると、景季はなおも僧に供養を頼んで姿を消すのであった。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

 

 

 

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約