銕仙会

銕仙会

青山能

青山能〈6月〉

  • 仕舞「誓願寺クセ」山本順之
  • 仕舞「春日龍神」北浪貴裕
  • 能「芦刈」谷本健吾
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2021年6月30日(水)
  • 午後6時30分開演
  • 午後8時15分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

終演後に能楽小講座あり。
その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも
分かりやすくお話をいたします

銕仙会青山能〈6月〉

仕舞

誓願寺クセ(せいがんじ) 山本 順之
春日龍神(かすがりゅうじん) 北浪 貴裕
地謡 小早川泰輝
西村 高夫
清水 寛二
長山 桂三

能 芦刈(あしかり)

シテ 日下左衛門 谷本 健吾
ツレ 左衛門ノ妻 観世 淳夫
ワキ 妻ノ従者 則久 英志
ワキツレ 供人 御厨 誠吾
野口 能弘
アイ 里人 大藏 基誠
     

小鼓
大鼓
八反田智子
飯冨 孔明
亀井 洋佑
   
地謡 青木 健一
安藤 貴康
長山 桂三
北浪 貴裕
馬野 正基
小早川 修

   
後見 浅見 慈一
鵜澤  光

貧困ゆえに夫婦別れることとなった摂津国日下左衛門と妻。妻は都の貴人の家に奉公し生活も安定したので、夫を尋ねて難波浦へ里帰りするが、一方の左衛門は里では行方知らずの身となっていた。

左衛門の消息が分からない妻と従者はしばらく里に逗留し、里人のすすめで様々な物が売られている難波浦の市場へ行くと、面白く芦を売る男に出会う。男は所によって呼び名が変わる芦について述べ、さらに従者が御津の浜について尋ねると、仁徳天皇が難波浦に宮造りをした謂れを語り、笠を手に難波の春の景色を謡い舞う。実はこの男こそ左衛門で、妻に気がつくと我が身を恥じて身を隠してしまう。

妻が近づき声を掛けると、互いにやむなく別れた心のうちを和歌に詠んで心をかよわせ、再び結ばれる。左衛門はめでたきことにひとさし舞って、夫婦円満に難波浦を後にしたのであった。

夫婦の情愛を描いた、中世の生活情緒漂う能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


■青山能入場料

一般前売り
自由席 4,500円
学生 2,200円
ベンチシート
(限定10席)
5,000円

 詳しくは銕仙会(03-3401-2285)までお問い合わせください。

 

 

 

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約