銕仙会

銕仙会

青山能

青山能〈9月〉

  • 仕舞「大江山」清水寛二
  • 仕舞「女郎花」観世淳夫
  • 能「千手」鵜澤光
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2021年9月29日(水)
  • 午後6時30分開演
  • 午後8時20分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

終演後に能楽小講座あり。
その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも
分かりやすくお話をいたします

銕仙会青山能〈9月〉

仕舞

大江山(おおえやま) 清水 寛二
女郎花(おみなめし) 観世 淳夫
地謡 小早川泰輝
谷本 健吾
長山 桂三
安藤 貴康

能 千手(せんじゅ)

シテ 千手前 鵜澤  光
ツレ 平重衡 小早川 修
ワキ 狩野介宗茂 則久 英志
     
 笛
小鼓
大鼓
杉 信太朗
大山 容子
安福 光雄
   
地謡 青木 健一
安藤 貴康
谷本 健吾
北浪 貴裕
浅見 慈一
馬野 正基
   
後見 西村 高夫
長山 桂三

一の谷合戦で捕虜となった平重衡は、源頼朝の家臣狩野介宗茂宅にて拘留され、世の無常を嘆く。

朝敵といえど、重衡をいたわしく思う頼朝は、遊女の千手前を遣わし重衡の身の回りの世話をさせていた。

春雨そぼ降る夕暮れ、酒宴の準備をしているところに、今日も千手が琵琶と琴を携え訪れる。南都焼討の重罪を悔い、出家も許されぬ身の果てを嘆く重衡。そんな重衡を千手は慰め、思いやる。

宗茂の計らいで酒宴が始まると、千手は重衡の来世往生を願って朗詠歌舞する。やがて興に乗った重衡は琵琶を奏し、千手の琴と共に調べを楽しむ。

心通わせた短夜も更け、重衡は処刑が待ち受ける都へ出立する時刻となる。千手は涙ながらに重衡の姿を見送るのであった。

死を待つ重衡と優しく寄り添う千手の、一夜の交情を描いた能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


■青山能入場料

一般前売り
自由席 4,500円
学生 2,200円
ベンチシート
(限定10席)
5,000円

 詳しくは銕仙会(03-3401-2285)までお問い合わせください。

 

 

 

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約