銕仙会

銕仙会

青山能

青山能〈10月〉

  • 仕舞「三輪 クセ」長山桂三
  • 仕舞「鵺」浅見慈一
  • 能「浮舟 彩色」馬野正基
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2021年10月27日(水)
  • 午後6時30分開演
  • 午後8時15分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

終演後に能楽小講座あり。
その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも
分かりやすくお話をいたします

銕仙会青山能〈10月〉

仕舞

三輪 クセ(みわ) 長山 桂三
(ぬえ) 浅見 慈一
地謡 小早川泰輝
安藤 貴康
谷本 健吾
青木 健一

能 浮舟 彩色(うきふね さいしき)

前シテ
後シテ
里女
浮舟
馬野 正基
ワキ 旅僧 舘田 善博
アイ 里人 野村万之丞
   

小鼓
大鼓
藤田 貴寛
田邊 恭資
大倉慶乃助
     
地謡 鵜澤  光
観世 淳夫
長山 桂三
北浪 貴裕
西村 高夫
柴田  稔
     
  後見 鵜澤  久
  谷本 健吾

初瀬から上京する旅の途中、僧が宇治の里に立ち寄ると、小舟に乗って寄辺ない身を嘆く女と出会う。

女は『源氏物語』のその昔、ここ宇治の里に住んだ浮舟の物語を語り始める。

薫中将に匿われ、宇治に隠れ住んでいた浮舟。一方で忍び尋ねて来た匂宮にも愛され、板挟みの恋に懊悩した浮舟は、やがて行方知れずの身となる…。

ためらいつつも詳しく物語る女は、都に近い小野に住むという。そして物の怪に憑かれ苦しむ身なのだと素性を明かすと、僧に助けを求めて姿を消す。

里人に話を聞き、先ほどの女は浮舟の亡霊だと確信した僧は、小野へ赴き弔いを始める。

御法の声に引かれて現れた浮舟の亡霊は、苦悩の末宇治川に身を投げるも、横川僧都に助けられ小野に伴われた過去を語る。初瀬寺の観音の慈悲を讃え、執心晴れた浮舟の霊は、夜明けとともに姿を消すのであった。

二人の貴公子の間で揺れた浮舟の物語を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


■青山能入場料

一般前売り
自由席 4,500円
学生 2,200円
ベンチシート
(限定10席)
5,000円

詳しくは銕仙会までお問い合わせください。
 電話:03-3401-2285(平日10~17時)

 

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約