銕仙会

銕仙会

青山能

青山能〈11月〉

  • 仕舞「錦木クセ」西村高夫
  • 仕舞「井筒」浅見慈一
  • 能「女郎花」谷本健吾
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2022年11月30日(水)
  • 午後6時30分開演(午後6時開場)
  • 午後8時15分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

終演後に能楽小講座あり。
その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも
分かりやすくお話をいたします

銕仙会青山能〈9月〉

仕舞

錦木クセ(にしきぎ) 西村 高夫
井筒 (いづつ) 浅見 慈一
地謡 観世 淳夫
北浪 貴裕
馬野 正基
長山 桂三

能 女郎花(おみなえし)

前シテ
後シテ
小野頼風
谷本 健吾
ツレ 頼風ノ妻 安藤 貴康
ワキ 旅僧 舘田 善博
アイ 男山麓ノ者 善竹大二郎
     
一噌 隆之
小鼓 大山 容子
大鼓 佃 良太郎
太鼓 梶谷 英樹
     
地謡 小早川泰輝
鵜澤  光
長山 桂三
北浪 貴裕
柴田  稔
小早川 修
     
  後見 清水 寛二
  鵜澤  久

 

九州松浦潟から都を目指す僧は、旅の途中、京都石清水八幡宮に参拝すべく男山の麓に到る。

山は山野草が色を飾り、女郎花が美しく咲き乱れる秋の風情。僧は女郎花を一本手折ろうとすると、そこに僧の行いを咎める花守の尉が現れる。二人は歌問答となった末、尉は古歌に通じた僧を許し、八幡宮まで道案内をする。

霊験あらたかな八幡宮の参詣を終え、はや日が暮れた。尉はある夫婦が葬られているという、女郎花に謂れのある男塚女塚へと僧を案内する。そしてその妻は都の人、夫は八幡山の小野頼風と言い残し、僧に夫婦の弔いを頼むと姿を消してしまう。

僧の弔いに夫婦の亡霊が姿を現し、古の物語を語り始める。夫の心変わりを疑い、身を投げた妻。死した妻の眠る塚より生い出た女郎花さえ頼風を避けたと言い、その後頼風も妻の後を追って身を投げた…。

頼風の亡霊は邪淫による冥土での責め苦を受ける様を見せ、救済を願い消えるのであった。

『古今集』序および和歌説話に見える、すれ違う夫婦を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


■青山能入場料

一般前売り
自由席 4,500円
U25(25歳以下) 2,200円
ベンチシート
(限定10席)
5,000円

詳しくは銕仙会までお問い合わせください。
 電話:03-3401-2285(平日10~17時)

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約