銕仙会

銕仙会

その他の催し

第十九回 青葉乃会

  • 仕舞「遊行柳」野村四郎
  • 仕舞「通小町」観世銕之丞
  • 狂言「因幡堂」野村万蔵
  • 能「江口」柴田稔
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2018年10月8日(月・祝)
  • 14時開演(13時30分開場)
  • 17時30分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい
青葉乃会

お申込・お問合せ
・銕仙会 TEL:03-3401-2285(平日10時~17時)

  ※銕仙会WEBサイトでのお申込はこちらからどうぞ

主催 青葉乃会

○事前講座 〜ここが面白い「江口」〜
10月2日(火)18時30分〜20時
講師:姫野敦子(清泉女子大学准教授)
会場:銕仙会能楽研修所
入場無料(チケット購入者)

解説

姫野 敦子(清泉女子大学准教授)

仕舞

遊行柳ゆぎょうやなぎ 野村 四郎
通小町かよいこまち 観世銕之丞
地謡 清水 寛二
伊藤 嘉章
浅見 慈一
青木 健一
遊行柳

西行の和歌に「清水流るる柳蔭」と詠まれた柳の古木の精が高僧遊行上人と巡りあったことへの感謝の舞を舞う。


通小町

深草の少将の霊がつれない小野小町から課せられた百夜通いを再現する。少将も小町も満願成就の盃を断ることで悟りを得、成仏するのだった。

狂言 因幡堂いなばどう

シテ 野村 万蔵
アド 能村 晶人
後見 野村万之丞

大酒飲みの悪妻を留守中に離縁した夫は、新しい妻が欲しいと因幡堂へ祈る。突然の離縁に怒る妻は因幡堂へ行き、祈る夫に偽のお告げを授ける。お告げを信じた夫は西門にいた女を、前妻の悪口をいいながら家に連れて帰る。家での祝言のあと、新妻の正体が前妻と分かり、夫は慌てて逃げていく。

能 江口えぐち

前シテ
後シテ
里女
江口ノ君
柴田  稔
ツレ 遊女 長山 桂三
谷本 健吾
ワキ 旅僧 森  常好
ワキツレ 従僧 舘田 善博
森 常太郎
アイ 里人 野村 万蔵
   
藤田六郎兵衛
小鼓 鵜澤洋太郎
大鼓 國川  純
   
地謡 観世銕之丞
浅見 真州
西村 高夫
伊藤 嘉章
馬野 正基
浅見 慈一
観世 淳夫
安藤 貴康
   
  後見 野村 四郎
  鵜澤  久

旅の僧侶が摂津の国、江口の里にさしかかり、著名な歌僧、西行と江口の遊女の逸話を思い出す。西行は一夜の宿を遊女に断られ、皮肉な和歌を贈ったのだった。その和歌を口ずさんだ僧の前に遊女の幽霊が現れ、西行の和歌と自らの返歌の真意を物語る。また、遊女の迷いが多い運命を嘆くが、その答えも自らの返歌の中にあったと迷いを解き、普賢菩薩の正体を現し、西の空へ去っていく。

さらに詳しい解説は<こちら>から


S席(正面特別席) 7,000円
A席(正面) 6,000円
B席(脇正面) 5,000円
C席(脇正面後方、中正面) 4,000円
学生 3,000円

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約