銕仙会

銕仙会

その他の催し

●銕仙会企画 2018年前期●
公開講座と能鑑賞
講座「能『国栖』『藤戸』の魅力を探る」
第1回 第2回 第3回(能鑑賞) 第4回
3月30日(金) 4月6日(金) 4月13日(金) 4月20日(金)
 この講座は改めて皆様に能との新鮮な出会いをして頂くための講座です。 本年度前期は能 『国栖』 と『藤戸』を取り上げ、その魅力を再発見していきます。

 これまで通り定期公演で上演される演目の詳細な解説や実技のほか、第4回には片山九郎右衛門師をゲストにお招きし、これまでの舞台や能『藤戸』のお話し、また能面についてなど様々なお話を伺います。また講師として宮本圭造法政大学能楽研究所教授がより楽しく、より深く皆様を能楽の世界へとご案内致します。初心者の方も能をよくご覧になっている方にもお勧めの講座です。是非お誘い合わせの上、ご参加下さい。

●入場料
通し券10,000円、学生7,000円、講座1回券2,000円、学生1回券1,500円
*能鑑賞(定期公演・於 宝生能楽堂)のお席は、お申込み順に決めさせていただきます。
●お申込み・お問合せ先
銕仙会てっせんかい TEL.03-3401-2285
*インターネットでのお申し込みは承っておりません。お電話でのお申し込みをお願いいたします。


[第1回]3月30日(金)午後6時30分 於 銕仙会能楽研修所

○『国栖』をめぐって —歴史に取材した劇能の魅力1

1.能『国栖』を読む —古代史と吉野山—
宮本 圭造
2.実技 仕舞
二人静 観世銕之丞
観世 淳夫
   
吉野天人 鵜澤  光
地謡 馬野 正基
浅見 慈一
北浪 貴裕
青木 健一


[第2回]4月6日(金)午後6時30分 於 銕仙会能楽研修所

○『藤戸』をめぐって —歴史に取材した劇能の魅力2

1.能『藤戸』を読む —勝者の光と影—
宮本 圭造
2.実技 居囃子(アシライによる)
天鼓サシ・クセ・ロンギ
地謡 清水 寛二
西村 高夫
柴田  稔
安藤 貴康
アシライ 鵜澤  久


[第3回]4月13日(金)午後6時 於 宝生能楽堂

 (銕仙会定期公演)
能「藤戸」
狂言「花盗人」
能「国栖 白頭・天地之声
片山九郎右衛門
野村 万作
馬野 正基


[第4回]4月20日(金)午後6時30分 於 銕仙会能楽研修所

1.『国栖』『藤戸』の演出をめぐって
宮本 圭造
2.演者に聞く —能と能面—
片山九郎右衛門
聞き手 宮本 圭造

■講師プロフィール

宮本圭造(みやもと・けいぞう)

1971年生まれ。岩手大学人文社会科学部卒業、大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は中世から近世にかけての芸能誌研究。特に能楽の歴史や能面史の研究に力を注いでおり、近年は戦国時代から江戸時代の武家社会における能楽の調査に取り組んでいる。大阪学院大学准教授を経て、現在、法政大学能楽研究所教授。著書に『上方能楽史の研究』(和泉書院)、論文に「江戸時代能楽繁盛記」「武家手猿楽の系譜」「謡講釈の世界」「『仮面譜』の成立』など。
公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約