銕仙会

銕仙会

その他の催し

第二十二回 鵜澤久の会
—巡る歳の祝い—

  • 「神歌」観世銕之丞
  • 能「鷺」鵜澤久
  • 狂言「素袍落」山本東次郎
  • 能「弱法師 盲目之舞」鵜澤光
会 場
宝生能楽堂
日 時
  • 2021年1月17日(日)
  • 13時開演(12時30分開場)
  • 17時頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい
主 催
鵜澤久の会・雅友会・鵜澤久後援会
鵜澤久の会
「鷺」「弱法師」を楽しむ為の事前講座

日時 2021年1月9日(土)午後2時〜4時
会場 国立能楽堂2階大会議室
講師 三浦裕子(武蔵野大学教授)、鵜澤久
入場無料
(公演のチケットをお持ちの方、ご予約いただいた方のための講座。講座当日に公演チケットの購入も可能)

お申込・お問合せ
鵜澤久の会 TEL/FAX:03-3782-0708
E-mail uhisa@bk.iij4u.or.jp
鵜澤久サイト:http://www.uzawahisa.jp
銕仙会 TEL:03-3401-2285(平日10時〜17時)
銕仙会WEB予約はこちらからどうぞ

神歌(かみうた)

観世銕之丞
千歳 観世 淳夫
     
  地謡 浅見 慈一
柴田  稔
山本 順之
西村 高夫
小早川 修

「翁」は能にして”能にあらず”とも言われ、最も神聖視され、天下泰平、国土安穏、五穀豊穰を祈る。

極めて祝言性の高い、能の中でその発生は一番古いと言われる。この曲の詞章のみを翁と千歳と地謡だけで面・装束を着けず囃子も入らない”素謡”の形式で謡うもの。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

能 (さぎ)

シテ 鵜澤  久
ツレ 野村 四郎
ワキ 蔵人 宝生 欣哉
ワキツレ 大臣 工藤 和哉
立衆 宝生 尚哉
野口 琢弘
安田  登
野口 能弘
輿舁 吉田 祐一
大日方 寛
アイ 官人 石田 幸雄
     
  一噌 庸二
  小鼓 鵜澤洋太郎
  大鼓 亀井 忠雄
  太鼓 小寺眞佐人
     
地謡 小早川泰輝
安藤 貴康
長山 桂三
北浪 貴裕
小早川 修
西村 高夫
浅見 真州
柴田  稔
     
後見 観世銕之丞
清水 寛二
観世 淳夫

神泉苑の池のほとりに鷺(シテ)が降り立つ。そこに帝(ツレ・醍醐天皇)が行幸し、蔵人(ワキ)に鷺を捕えるよう命じる。気づいた鷺は驚いて飛び立つが勅諚であると聞いて、羽を垂れて地に伏す。恭順の意を示す鷺に感じ入った帝は、五位の爵位を与える。それを喜び鷺は舞を舞い、空高く飛び去っていくのであった。

シテの鷺は、清浄無垢な存在である。それを表すように、白一色の装束を着て舞う舞を「鷺乱(さぎみだれ)」と言い、かつては一子相伝の特別な曲であった。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

———〈休憩10分〉———

仕舞

実盛(さねもり) 櫻間 金記
地謡 谷本 健吾
馬野 正基
浅井 文義
浅見 慈一

斎藤別当実盛は、錦の直垂を着、白髪を黒く染めて篠原の戦に臨んだ。しかし手塚太郎等に討たれた。

気骨ある老武者実盛を描いた能。「実盛」の後半部分を面・装束をつけず、囃子も入らない演奏形式である”仕舞”として舞う。

今回は金春流シテ方櫻間金記氏によって舞われますが、その地謡は観世流ですので異流共演となります。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

狂言 素袍落(すおうおとし)

シテ 太郎冠者 山本東次郎
アド 山本凜太郎
伯父 山本 則重

突然に伊勢参宮を思い立った主人は、かねて同行を約束していた伯父のもとに太郎冠者を使いに出す。急な誘いを断った伯父は、太郎冠者に酒を振る舞う。したたかに酔った太郎冠者は…。

伊勢参りの喜びを背景に持つ太郎冠者ものの傑作。

———〈休憩15分〉———

能 弱法師盲目之舞(よろぼし もうもくのまい)

シテ 俊徳丸 鵜澤  光
ワキ 高安通俊 森  常好
アイ 通俊ノ下人 野村太一郎
     
  八反田智子
  小鼓 大山 容子
  大鼓 國川  純
     
地謡 小早川泰輝
観世 淳夫
谷本 健吾
長山 桂三
北浪 貴裕
馬野 正基
浅井 文義
浅見 慈一
     
  後見 野村 四郎
  鵜澤  久

人の讒言(ざんげん)によって、高安通俊(ワキ)は、我が子の俊徳丸(シテ)を捨ててしまう。そのことのため春の彼岸に七日間の施行を引くこととする。

一方の俊徳丸は悲しみのあまり盲目となり、天王寺で物乞いをして生きている。”ヨロボウシ”と仇名された俊徳丸は、日想観(沈む太陽に極楽浄土を観想すること)の為、難波の海に向かい夕陽を拝む。目の前の全ての景色を心眼で見、その美しさに心躍らせる。しかし現実は非情でもあった。

やがて通俊は弱法師が我が子であると気づくが、人目を恐れ、夜になって名のり、再会し、連れ帰るのであった。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


■入場料

S席 10,000円
A席 9,000円
B席 7,000円
C席 6,000円
D席 5,000円
学生 各席 1,000円引

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約