銕仙会

銕仙会

定期公演

銕仙会定期公演〈10月〉

  • 狂言「呂蓮」野村万作
  • 能「遊行柳」清水寛二
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2017年10月13日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
  • 午後8時45分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

銕仙会定期公演〈10月〉

狂言 呂蓮ろれん

シテ 野村 万作
アド 宿主 中村 修一
小アド 飯田  豪

諸国修行に出た僧は、東国行脚への途中で日が暮れかかり、一夜の宿を乞う。宿主は快く僧を迎え、僧がそこで行った説法に感動して出家することとなる。法名を欲しがる宿主に、名前を付けたことのない僧は、いろは手本と代々宿主の家の者に付けるという「蓮」を適当に組み合わせ、「ろ蓮」と名が決まる。そうとは知らずにそこにやってきた妻が、出家の姿となった宿主を見て…。

〈休憩15分〉

能 遊行柳ゆぎょうやなぎ

前シテ
後シテ

老柳ノ精
清水 寛二
ワキ 遊行上人 宝生 欣哉
ワキツレ 従僧 大日方 寛
則久 英志
アイ 所ノ者 深田 博治
   
一噌 庸二
小鼓 幸 清次郎
大鼓 柿原 崇志
太鼓 小寺 佐七
     
地謡 北浪 貴裕 柴田  稔
浅見 慈一 浅井 文義
馬野 正基 観世銕之丞
小早川 修 西村 高夫
     
  後見 浅見 真州
  谷本 健吾

秋の夕暮れ、一遍上人の教えを広めるために諸国を旅する遊行上人は、奥州へ行く途中、白河の関を過ぎたところで分かれ道に遭遇する。広い新道を行こうとすると、老人が現れ、いつかの遊行上人も通ったという古道へと遊行上人を導く。荒れ果てた道の先の古塚の上には名木朽木の柳が立っており、老人はその謂れを語り出す。「道のべに清水流るる柳蔭、暫しとてこそ立ち留まりつれ」。昔西行法師が旅の折にこの柳蔭で詠んだ歌のことを語り、遊行上人から念仏を授かると、朽木の柳の古塚に消え失せる。

遊行上人は重ねて念仏を唱え仮寝をしていると、白髪の老人の姿をした柳の精が現れ、先ほどの道案内の老人は柳の精の仮の姿であり、いま本体を現したと語る。草木までに至る念仏の功徳を讃え、さらに柳尽くしで次々と故事を語ったのち、報謝の舞を舞い、風吹く夜明けとともに消えてゆくのであった。

観世信光晩年作の閑寂な趣きの能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


一般前売り券 賛助会員
S席 6,500円 S会員 70,000円
A席 6,000円 A会員 66,000円
B席 4,500円 B会員 49,000円
C席 4,000円 C会員 44,000円
学生 2,700円 団体割引20名以上1割引

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約