銕仙会

銕仙会

定期公演

2017年度《定期公演》

於 宝生能楽堂

1月9日(月・祝) 午後1時30分開演

  おきな 「能にして能にあらず」能の古態を留め天下泰平五穀豊穣を予祝する神事の芸能。 観世銕之丞
山姥やまんば白頭 山姥の曲舞で有名な遊女の前に山姥が現れ善悪不二を説き山巡りの様を見せる。 浅井 文義
狂言 素袍落すおうおとし 主の伯父に酒を振舞われた召使。土産に素袍まで貰うが道に落としてしまい…。 山本 則俊
みだれ双之舞 全身を赤に彩られた妖精猩々は酒に酔い、波を蹴立てて変幻自在に舞い戯れる。 小早川 修
北浪 貴裕
先行販売:2016年10月14日(金)「銕仙会定期公演〈10月〉」会場内にて
一般販売:2016年10月17日(月)午前10時より銕仙会にて

2月10日(金)午後6時開演

賀茂かも 雷神賀茂明神が激しい風雨を伴い現れ、雷鳴を鳴り響かせ五穀豊穰を予祝する。 鵜澤  光
狂言 痩松やせまつ 女を脅して奪い取った荷物の中身を確認している隙に山賊は長刀を奪われて…。 石田 幸雄
えびら 箙に梅花を挿し、生田の森の戦に名を挙げた風流な若武者梶原源太景季の奮戦。 浅見 慈一
※「賀茂」と「箙」の上演順を変更いたしました。
先行販売:2016年11月11日(金)「銕仙会定期公演〈11月〉」会場内にて
一般販売:2016年11月14日(月)午前10時より銕仙会にて

3月10日(金)午後6時開演

狂言 文蔵ぶんぞう 冠者が忘れた食物の名が「石橋山の合戦」に出るというので主は早速語り始め…。 野村  萬
当麻たえま二段返 曼荼羅をわずか一夜で織り上げた中将姫が、僧の眼前に繰り広げる法悦の世界。 観世銕之丞
先行販売:2016年12月9日(金)「銕仙会定期公演〈12月〉」会場内にて
般販売:2016年12月12日(月)午前10時より銕仙会にて

4月14日(金)午後6時開演

百万ひゃくまん法楽之舞 生き別れた我が子を捜し嵯峨清涼寺の大念仏に現れた女物狂は芸尽しを見せる。 片山九郎右衛門
狂言 薩摩守さつまのかみ謡入 無一文の僧は茶屋で船賃代わりの秀句(洒落)を教えられるが忘れてしまい…。 野村 萬斎
恋重荷こいのおもに 身分違いの決して叶わぬ恋に苦しみ、女を恨んで死んだ老人の激しい恋の妄執。 野村 四郎
先行販売:2017年1月9日(月)「銕仙会定期公演〈1月〉」会場内にて
般販売:2017年1月10日(火)午前10時より銕仙会にて

5月12日(金)午後6時開演

忠度ただのり 平忠度の霊は朝敵ゆえに自分の歌が詠人知らずとされたことが妄執だと訴える。 柴田  稔
狂言 八句連歌はちくれんが 借金の返済を催促する貸手と借手が貸し借りの駆け引きを連歌の付合でして…。 善竹 十郎
鉄輪かなわ 夫に捨てられ嫉妬に狂った女は夜毎丑の刻参りをし、生きながら鬼となって…。 谷本 健吾
先行販売:2017年2月10日(金)「銕仙会定期公演〈2月〉」会場内にて
一般販売:2017年2月13日(月)午前10時より銕仙会にて

6月9日(金)午後6時開演

千手せんじゅ郢曲之舞 捕囚の身の重衡を慰めるべく訪れた千手は楽器を奏で、束の間、心を通わせる。 鵜澤  久
狂言 水掛聟みずかけむこ 田に引く水が原因で組み合いとなった舅と聟。妻が二人の間に割って入るが…。 小笠原 匡
阿漕あこぎ 神域で密漁したため殺された漁師は地獄に落ち、殺生を生業とする宿業を嘆く。 西村 高夫
先行販売:2017年3月10日(金)「銕仙会定期公演〈3月〉」会場内にて
一般販売:2017年3月13日(月)午前10時より銕仙会にて

7月14日(金)午後6時開演

高野物狂こうやものぐるい 亡き主君の子、春満の出家の報せに高師四郎は物狂となり高野山に彷徨い出る。 観世銕之丞
狂言 鶏聟にわとりむこ 聟入には鶏の真似をするものだと騙された聟。舅はそうと察し自分も鶏の真似。 山本 則孝
殺生石せっしょうせき 人に仇なし、遂にこの地で殺生石と化した妖狐はそれまでの経緯を語り始める。 長山 桂三
先行販売:2017年4月14日(金)「銕仙会定期公演〈4月〉」会場内にて
一般販売:2017年4月17日(月)午前10時より銕仙会にて

9月8日(金)午後6時開演

養老ようろう水波之伝 養老の霊薬が湧き出る養老の滝の山神は泰平の御代を祝福し、颯爽と舞を舞う。 観世 清和
狂言 蚊相撲かずもう 召使に相撲取を雇った主人。早速相撲を取るが、実はこの相撲取は蚊の精で…。 野村 万蔵
生田敦盛いくたあつもり 一ノ谷で討死した平敦盛の霊とその遺児が賀茂明神の告げにより再会を果たす。 観世 淳夫
先行販売:2017年5月12日(金)「銕仙会定期公演〈5月〉」会場内にて
一般販売:2017年5月15日(月)午前10時より銕仙会にて

10月13日(金)午後6時開演

狂言 呂蓮ろれん 宿を貸した僧の話を聞いて頭を丸めてしまった主人。これを見た妻は驚いて…。 野村 万作
遊行柳ゆぎょうやなぎ 名木「朽木の柳」の精が遊行上人の前に現れ閑寂な舞を舞う。枯れた味わいの能。 清水 寛二
先行販売:2017年6月9日(金)「銕仙会定期公演〈6月〉」会場内にて
一般販売:2017年6月12日(月)午前10時より銕仙会にて

11月10日(金)午後6時開演

源氏供養げんじくよう 光源氏の供養をしなかったため成仏の叶わぬ紫式部は僧に回向を乞い舞を舞う。 馬野 正基
狂言 鬼瓦おにがわら 因幡堂の鬼瓦を見た大名は、その顔が田舎に残した妻によく似たと泣き出し…。 山本東次郎
邯鄲かんたん 旅の青年廬生が五十年をかけて極めた栄華も束の間の夢の内に過ぎなかった…。 大槻 文藏
先行販売:2017年7月14日(金)「銕仙会定期公演〈7月〉」会場内にて
一般販売:2017年7月18日(火)午前10時より銕仙会にて

12月8日(金)午後6時開演

富士太鼓ふじだいこ現之楽 管弦の太鼓の役を争い死んだ男の妻はあの太鼓こそ夫の仇と太鼓を打ち鳴らす。 浅見 真州
狂言 栗焼くりやき 栗を焼くように命じられ、ついその栗を全て食べてしまった冠者は言い訳に…。 三宅 右近
舎利しゃり 仏舎利を巡って足疾鬼と韋駄天とが天界をも縦横無尽に駆け回る壮大な追跡劇。 安藤 貴康
先行販売:2017年9月8日(金)「銕仙会定期公演〈9月〉」会場内にて
一般販売:2017年9月11日(月)午前10時より銕仙会にて

◆都合により番組・演者を変更する場合がございます。


■お申込み開始日

○賛助会員のお申込み  2016年9月9日(金)より
○一般前売券のお申込み 各公演3ヶ月(3回)前の定期公演翌週月曜日より(月曜日が祝日の場合は火曜日より)
例)9月分は5月、10月分は6月、11月分は7月より
※3ヶ月(3回)前の定期公演会場にて先行販売をいたします。
■定期公演入場料(全席指定)

座席区分 1月公演 2月公演以降 賛助会員
(年間指定席/年11回)
全て税込み
S席 8,500円 6,500円 70,000円
A席 8,000円 6,000円 66,000円
B席 6,000円 4,500円 49,000円
C席 5,500円 4,000円 44,000円
学生 4,200円 2,700円

※賛助会員制度は1年間同じ席でご覧いただくとういうものですが、随時入会も可能です。
詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約