銕仙会

銕仙会

定期公演

2018年度《定期公演》

於 宝生能楽堂

1月13日(土) 午後1時30分開演

  おきな 「能にして能にあらず」能の古態を留め天下泰平五穀豊穣を予祝する神事の芸能。 柴田  稔
玉井たまのい 彦火火出見尊は失った釣針を求め龍宮を訪ねる…。海幸山幸の神話世界の劇化。 谷本 健吾
観世銕之丞
狂言 佐渡狐さどぎつね 佐渡に狐がいるかを巡り賭けをした二人の百姓。一人が判定人に賄賂を贈り…。 野村 万蔵
さぎ 帝に官位を授けられ、鷺は喜びの舞を舞う。白一色に染まった清浄無垢な世界。 浅井 文義
先行販売:2017年10月13日(金)「銕仙会定期公演〈10月〉」会場内にて
一般販売:2017年10月16日(月)午後1時より銕仙会にて

2月9日(金)午後6時開演

弱法師よろぼし盲目之舞 盲目故に親に捨てられ乞食となった俊徳丸。その心眼に映るは美しき難波の景。 野村 四郎
狂言 地蔵舞じぞうまい 宿を断られた出家は代りに笠を預ける。やがて出家は笠をかぶって座りこみ…。 石田 幸雄
巻絹まきぎぬ出端之伝 巻絹の奉納に遅れた咎で捕われた男は音無天神が憑いた巫女に危機を救われ…。 小早川 修
先行販売:2017年11月10日(金)「銕仙会定期公演〈11月〉」会場内にて
一般販売:2017年11月13日(月)午後1時より銕仙会にて

3月9日(金)午後6時開演

自然居士じねんこじ 人商人に連れ去られた幼子を救うため孤軍奮闘の働きをする居士。芸尽しの能。 清水 寛二
狂言 鐘の音かねのね 金の値と鐘の音を取り違えた召使は鎌倉中の名高い寺の鐘の音を聞いて廻り…。 山本 則俊
葛城かずらき 雪の葛城山。蔦葛に戒められる葛城明神の深い孤独と苦しみを詩情豊かに描く。 鵜澤  光
先行販売:2017年12月8日(金)「銕仙会定期公演〈12月〉」会場内にて
般販売:2017年12月11日(月)午後1時より銕仙会にて

4月13日(金)午後6時開演

藤戸ふじと 戦争の犠牲となった漁師とその母親の激しい怒りと深い悲しみを描いた反戦能。 片山九郎右衛門
狂言 花盗人はなぬすびと 桜の一枝を盗んで捕えられた男は古詩や和歌を引用し、風流な言い訳をして…。 野村 万作
国栖くず白頭・天地之声 大友皇子に吉野山中に追われた天武天皇を匿い、追手を毅然と追い払う老夫婦。 馬野 正基
先行販売:2018年1月13日(土)「銕仙会定期公演〈1月〉」会場内にて
般販売:2018年1月15日(月)午後1時より銕仙会にて

5月11日(金)午後6時開演

狂言 咲嘩さっか 勘違いしてすっぱ(詐欺師)を連れ帰った召使。主は穏便に帰そうとするが…。 野村  萬
朝長ともなが 平治の乱に敗れ、美濃青墓に十六歳の若さで自害して果てた朝長の鎮魂の物語。 浅見 真州
先行販売:2018年2月9日(金)「銕仙会定期公演〈2月〉」会場内にて
一般販売:2018年2月13日(火)午後1時より銕仙会にて

6月8日(金)午後6時開演

采女うねめ美奈保之伝 帝の愛を失い猿沢の池に入水し果てた采女は懐旧の舞を舞う。恋慕と哀傷の能。 観世銕之丞
狂言 吹取ふきとり 五条橋で笛を吹けば妻を授けるとの神託。笛を吹けぬ男は知人に代役を頼み…。 野村 萬斎
野守のもり 地中より現れた鬼神は野守の鏡で天上界から地獄まで隈なく映し出して見せる。 長山 桂三
先行販売:2018年3月9日(金)「銕仙会定期公演〈3月〉」会場内にて
一般販売:2018年3月12日(月)午後1時より銕仙会にて

7月13日(金)午後6時開演

杜若かきつばた素囃子 初夏の八橋に咲く杜若の精が業平形見の衣装を着け艶やかに舞う歌物語の世界。 浅井 文義
狂言 二人大名ふたりだいみょう 通りの者を脅して無理やり太刀持をさせた二人の大名は逆に太刀で脅されて…。 山本泰太郎
熊坂くまさか 美濃赤坂の大盗賊熊坂長範は大長刀を手に小男を牛若丸と知らず襲い掛かる…。 観世 淳夫
先行販売:2018年4月13日(金)「銕仙会定期公演〈4月〉」会場内にて
一般販売:2018年4月16日(月)午後1時より銕仙会にて

9月14日(金)午後6時開演

柏崎かしわざき 夫と死別し我が子と生き別れた女は、人の世の儚さ、弥陀の慈悲の無量を説く。 観世 清和
狂言 鱸包丁すずきぼうちょう 甥の嘘に対抗した伯父は鱸料理をご馳走しようと言って包丁捌きを見せるが…。 山本東次郎
枕慈童まくらじどう 仙境で八百歳の齢を保つ慈童が不老長寿の薬の水を帝の臣下に捧げて舞を舞う。 柴田  稔
先行販売:2018年5月11日(金)「銕仙会定期公演〈5月〉」会場内にて
一般販売:2018年5月14日(月)午後1時より銕仙会にて

10月12日(金)午後6時開演

龍田たつた移神楽 霜枯れの季節に紅葉する龍田の神木。龍田明神はその由来を語り、神楽を舞う。 鵜澤  久
狂言 鳴子遣子なるこやるこ 鳥を追う道具の呼び方で言い争う二人は茶屋に判定を依頼し賄賂まで贈るが…。 善竹 十郎
項羽こうう 高祖との戦いで四面楚歌に陥った項羽とその寵妃虞氏の悲劇的結末を描いた能。 浅見 慈一
先行販売:2018年6月8日(金)「銕仙会定期公演〈6月〉」会場内にて
一般販売:2018年6月11日(月)午後1時より銕仙会にて

11月9日(金)午後6時開演

夕顔ゆうがお山ノ端之出 怨霊に取り殺された夕顔は光源氏との束の間の儚い恋を追懐し清楚に舞を舞う。 大槻 文藏
狂言 鈍根草どんごんそう 馬鹿になるからと茗荷を食べない主人。食べた召使は刀を置き忘れた主人に…。 能村 晶人
大江山おおえやま 伝説的な武将源頼光と大江山に棲む鬼神、酒呑童子との激しい戦いを描いた能。 観世銕之丞
先行販売:2018年7月13日(金)「銕仙会定期公演〈7月〉」会場内にて
一般販売:2018年7月17日(火)午後1時より銕仙会にて

12月14日(金)午後6時開演

鉢木はちのき 零落の武士常世は鎌倉の一大事には一番に駆けつけ身命を投打つ覚悟と語る…。 西村 高夫
狂言 福の神ふくのかみ 福々しい笑いとともに福の神が現れ参詣人に富貴になる心得を教えて謡い舞う。 三宅 右近
葵上あおいのうえ 源氏の愛を失った御息所は嫉妬と屈辱の怨みから生霊となって葵上に取り憑く。 安藤 貴康
先行販売:2018年9月14日(金)「銕仙会定期公演〈9月〉」会場内にて
一般販売:2018年9月18日(火)午後1時より銕仙会にて

◆都合により番組・演者を変更する場合がございます。


■お申込み開始日

○賛助会員のお申込み  2017年9月8日(金)より
○一般前売券のお申込み 各公演3ヶ月(3回)前の定期公演翌週月曜日の午後1時より(月曜日が祝日の場合は火曜日の午後1時より)
例)9月分は5月、10月分は6月、11月分は7月より
※3ヶ月(3回)前の定期公演会場にて先行販売をいたします。
■定期公演入場料(全席指定)

座席区分 1月公演 2月公演以降 賛助会員
(年間指定席/年11回)
全て税込み
S席 8,500円 6,500円 70,000円
A席 8,000円 6,000円 66,000円
B席 6,000円 4,500円 49,000円
C席 5,500円 4,000円 44,000円
学生 4,200円 2,700円

※賛助会員制度は1年間同じ席でご覧いただくとういうものですが、随時入会も可能です。
詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約