銕仙会

銕仙会

定期公演

銕仙会定期公演〈1月〉

  • 「翁」柴田稔
  • 能「玉井」谷本健吾、観世銕之丞
  • 狂言「佐渡狐」野村万蔵
  • 能「鷺」浅井文義
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2018年1月13日(土)
  • 午後1時30分開演(午後1時開場)
  • 午後6時5分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい
銕仙会定期公演〈1月〉

おきな

柴田  稔
三番叟 野村万之丞
千歳 青木 健一
面箱 河野 佑紀
     

「とうとうたらりたらりら」という翁の謡い出しから始まり、颯爽とした千歳の舞、荘重な翁の舞、三番叟の力強い揉之段、鈴之段が舞われる。「能にして能にあらず」と言われ、天下泰平・五穀豊饒を寿ぎ予祝する、能の古態を留める神事の芸能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

能 玉井たまのい

  豊玉姫 谷本 健吾
  玉依姫 安藤 貴康
  海神ノ宮主 観世銕之丞
  彦火々出見尊 宝生 欣哉
  従者 則久 英志
  御厨 誠吾
  鱗ノ精 山下浩一郎
     

藤田 次郎

小鼓頭取

曾和 正博

〃 脇鼓 森  貴史
曾和伊喜夫
大鼓

大倉慶乃助

太鼓

小寺眞佐人

     
地謡 小早川泰輝 馬野 正基
観世 淳夫 西村 高夫
長山 桂三 清水 寛二
北浪 貴裕 小早川 修
     
後見 大槻 文藏
浅見 慈一
     
後見 野村 万蔵
野村拳之介

兄から借りた釣針を魚に取られてしまった彦火々出見尊は、釣針を探しに海底へと入る。龍宮門前にある美しい井戸(玉の井)の水底を通して邂逅した尊と豊玉姫。やがて結婚し、三年の月日が経ち、尊は帰国の決意をする。海神ノ宮主は尊に潮満・潮涸の玉と探し出した釣針を捧げ、舞を舞う。陸に尊を送り届け、宮主も龍宮へと帰っていくのであった。

日本古代神話の世界を明るく楽しげに繰り広げる脇能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

〈休憩20分〉

狂言 佐渡狐さどぎつね

シテ 佐渡の百姓 野村 万蔵
アド 越後の百姓 能村 晶人
小アド 奏者 野村  萬
     
後見 山下浩一郎

佐渡に狐はいないと主張する越後の百姓と、いると言い張る佐渡の百姓。どちらが正しいか奏者(役人)に判定してもらうことになるが、賭けに勝つため佐渡の百姓は奏者に賄賂を贈り、さらに狐の特徴まで教えてもらって…。

役人に賄賂を渡すという風刺を軸に、三者三様の人間の愚かしさをドタバタ喜劇のうちに描いた脇狂言。

能 さぎ

シテ 浅井 文義
ツレ 浅見 真州
ワキ 藏人 森  常好
ワキツレ 大臣 舘田 善博
森 常太郎
梅村 昌功
野口 能弘
野口 琢弘
輿舁 高井 松男
吉田 祐一
アイ 官人 能村 晶人
   

松田 弘之

小鼓

大倉源次郎

大鼓

亀井 忠雄

太鼓

小寺 佐七

   
地謡 小早川泰輝 阿部 信之
青木 健一 山本 順之
野村 昌司 野村 四郎
浅見 慈一 長山禮三郎
   
後見 観世銕之丞
北浪 昭雄
永島 忠侈

都の神泉苑に行幸をした王は、池の汀に降り立つ一匹の鷺を見つける。勅命を受けて蔵人が捕えようとすると、鷺は飛び立って逃げてしまう。「勅諚ぞよ」と呼びかけると、鷺はもと居た所に飛び戻り、羽を垂れ地に伏す。王は鷺を捕えた蔵人と、鷺に五位の位を授けたのであった。

少年、または還暦を過ぎた者に限って演じられる清らかで純粋な能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


一般前売り券
(1月公演のみ)
賛助会員
S席 8,500円 S会員 70,000円
A席 8,000円 A会員 66,000円
B席 6,000円 B会員 49,000円
C席 5,500円 C会員 44,000円
学生 4,200円 団体割引20名以上1割引

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約