銕仙会

銕仙会

定期公演

定期公演〈12月〉

  • 能「小督」浅見慈一
  • 狂言「狐塚」三宅右近
  • 能「羽衣」鵜澤光
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2019年12月13日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
  • 午後9時10分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

銕仙会定期公演〈12月〉

能 小督(こごう)

シテ 源仲国 浅見 慈一
ツレ 小督局 北浪 貴裕
トモ 侍女 長山 桂三
ワキ 勅使 村瀬  提
アイ 里人 前田 晃一
   
藤田 貴寛
小鼓 古賀 裕己
大鼓 安福 光雄
     
地謡 鵜澤  光
安藤 貴康
谷本 健吾
北浪 貴裕

馬野 正基
阿部 信之
観世銕之丞
清水 寛二
     
  後見 浅井 文義
  観世 淳夫

平家全盛の世、高倉院に寵愛されていた小督の局は、高倉院の正妻が平清盛の息女であったことから、清盛の権勢を畏れて宮中を去り身を隠した。小督の不在に悲しみ、塞ぎ込んだ院は、弾正(非法を正し風俗を取り締まる役所)の大弼仲国を召させ、嵯峨野へ小督の行方を尋ねて参れとの勅を命ずる。

今夜は八月十五夜。名月に誘われて小督は琴を奏するだろうと推した仲光は、耳を澄ませながら馬を歩ませる。法輪寺まで到ると、かすかに聞こえる琴の音。音を頼りに片折戸(片開きの粗末な門)の賤家を探し当て…。

『平家物語』の名文が活きる、忠臣仲国の奔走を描いた能。

——————〈休憩10分〉———————

狂言 狐塚(きつねづか)

シテ 太郎冠者 三宅 右近
アド 三宅 近成
小アド 次郎冠者 三宅 右矩
     
後見 金田 弘明

刈り入れ近い田で、鳥追いを命じられた太郎冠者は鳴子を使い仕事に励む。このあたりは狐が多く住むという「狐塚」。冠者は人を化かす狐を恐れ、警戒心を強めていると、そこにやってきた次郎冠者を狐と間違い…。

能 羽衣(はごろも)

シテ 天女 鵜澤  光
ワキ 漁夫白龍 御厨 誠吾
ワキツレ 漁夫 野口 能弘
野口 琢弘
   
一噌 隆之
小鼓 曽和 正博
大鼓 亀井  実
太鼓 小寺 佐七
     
地謡 小早川泰輝
安藤 貴康
長山 桂三
浅見 慈一
鵜澤  久
柴田  稔
浅見 真州
小早川 修
     
  後見 清水 寛二
  泉 雅一郎

春のどかな三保松原。ある朝、松に掛かる美しい衣を見つけた漁夫白龍は、妙なる雰囲気を醸す衣を家宝にすべく持ち帰ろうとすると、衣の持ち主であるという天女が現れる。衣なしでは天界に帰れぬと嘆く天女に、白龍は天人の舞楽を条件に衣を返そうとするが、衣を返せば舞を見せずに天に帰るのではないかと天女を疑う。天女は白龍の疑いに対し、天に偽りなきことを言うと、衣を纏い緑映える三保浦の春の景色を称え舞う。地上に数々の宝を降らすと、夕霞に紛れ富士山の彼方へ消えたのだった。

景勝地三保松原で美しく舞う天女を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


一般前売り券 賛助会員
S席 6,500円 S会員 70,000円
A席 6,000円 A会員 66,000円
B席 4,500円 B会員 49,000円
C席 4,000円 C会員 44,000円
学生 2,700円 団体割引20名以上1割引

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約