銕仙会

銕仙会

定期公演

定期公演〈4月〉

  • 能「俊寛」観世清和
  • 狂言「鎌腹」山本則俊
  • 能「羽衣 和合之舞」長山桂三
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2022年4月8日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
  • 午後9時10分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい
銕仙会定期公演〈4月〉


能 俊寛 (しゅんかん)

シテ 俊寛 観世 清和
ツレ 平判官入道康頼 坂口 貴信
丹波少将成経 観世三郎太
ワキ 赦免使 福王 和幸
アイ 船頭 山本泰太郎
   
 笛
小鼓
大鼓
一噌 隆之
鵜澤洋太郎
亀井 広忠
   
地謡 青木 健一
安藤 貴康
谷本 健吾
野村 昌司
馬野 正基
浅井 文義
観世銕之丞
柴田  稔
   
後見 片山九郎右衛門
  清水 寛二

重罪人の流刑地鬼界ヶ島。平家滅絶を企てた罪でこの地に流刑された俊寛、康頼、成経の三人がささやかな宴をしていると、そこへ平清盛の使いの者が赦免状を携えてやってくる。清盛の娘徳子の安産祈願のため、大赦が行われることになったのだ。康頼が赦免状を読み上げると、そこには康頼と成経、二人の名前。一人赦免に漏れた俊寛は驚き、激昂して、悲しみの感情を顕わにする。そして康頼と成経乗船のとき、俊寛は…。

運命に翻弄される俊寛僧都の深い孤独と悲嘆を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

————〈休憩10分〉————

狂言 鎌腹(かまばら)


シテ 太郎 山本 則俊
アド 山本 則秀
仲裁人 山本 則重
 

鎌を振り上げた妻が怠け者の夫、太郎を追いかけまわしていると、仲裁人のとりなしで太郎は山で仕事をすることに。しかし太郎は、これからも妻に怒鳴られるくらいなら死んだ方がまし、と鎌で切腹しようとして…。

能 羽衣和合之舞(はごろも わごうのまい)

シテ 天人 長山 桂三
ワキ 漁夫白龍 村瀬  提
ワキツレ 漁夫 村瀬  慧
矢野 昌平
   

小鼓
大鼓
太鼓
藤田 貴寛
鳥山 直也
大倉慶乃助
桜井  均
   
地謡 小早川泰輝
鵜澤  光
北浪 貴裕
浅見 慈一
泉 雅一郎
西村 高夫
山本 順之
小早川 修
   
後見 鵜澤  久
  観世 淳夫
 

ある朝、松に掛かる衣を見つけた漁夫白龍。美しい衣を家宝にすべく持ち帰ろうとすると、持ち主の天女が現れ、衣なしでは天界に帰れぬと嘆く。白龍は天人の舞楽を条件に衣を返そうとするが、先に衣を返せば舞を見せずに天に帰るのでは、と疑いを持つ。天女は天に偽りなきことを言うと、衣を纏い、緑映える三保浦の春の景色を称え舞う。そして数々の宝を降らすと夕霞に紛れ、富士山の彼方へ消えるのであった。

 景勝地三保松原で美しく舞う天女を描いた能。

さらに詳しい解説は<こちら>から


一般前売り券 賛助会員
S席 6,500円 S会員 70,000円
A席 6,000円 A会員 66,000円
B席 4,500円 B会員 49,000円
C席 4,000円 C会員 44,000円
学生 2,700円 団体割引20名以上1割引

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

公演情報
定期公演
青山能
チケットご予約