銕仙会

銕仙会

定期公演

定期公演〈3月〉

  • 能「田村」鵜澤光
  • 狂言「土筆」大藏彌太郎
  • 能「海士」観世淳夫
会 場
観世能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2024年3月8日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
  • 午後9時30分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい
銕仙会定期公演〈3月〉
事前講座「田村」「海士」

能をより深く、より楽しく鑑賞して頂くため、能楽研究者と能楽師が公演当日の見どころなどをお話しいたします。
どうぞご参加ください。

日 時  2月28日(水) 午後6時30分より(午後8時30分頃終了予定) 
会 場  銕仙会能楽研修所 2階能舞台 (東京都港区南青山 4-21-29)
     ◎本公演の会場(観世能楽堂)とは場所が異なりますのでご注意下さい
講 師  原瑠璃彦(静岡大学専任講師)、鵜澤光、観世淳夫
受講料  資料代 500円(当日会場にてお支払い下さい)
     ※3月定期公演チケットをお持ちの方は無料
お申込み 銕仙会 TEL 03-3401-2285 (平日午前10時~午後5時)
     ※お席や資料の準備がありますので、事前のご予約をお願い致します。

能 田村 (たむら)

前シテ
後シテ
童子
坂上田村麿
鵜澤  光
ワキ 旅僧 大日方 寛
ワキツレ 従僧 御厨 誠吾
宝生 朝哉
アイ 清水寺門前ノ者 吉田 信海
   
 笛
小鼓
大鼓
藤田 貴寛
森澤 勇司
安福 光雄
   
地謡 小早川康充
青木 健一
安藤 貴康
谷本 健吾
泉 雅一郎
小早川 修
柴田  稔
馬野 正基
     
  後見 浅井 文義
  浅見 慈一

春爛漫の清水寺。花盛りの桜の下を掃き清める童子は坂上田村麿が創建したという清水寺の縁起を旅僧に語って聞かせる。さらに辺りの名所を教えて都の春景色を愛でると、童子は姿を消してしまう。

やがて勇壮な戦姿で田村麿が現れ、勅命によって伊勢国鈴鹿山へと鬼神退治に出かけ、千手観音の利益を得て大勝利を収めた様を再現して見せる…。

勝修羅三番の一つで、田村麿の活躍を勇猛かつ晴れやかに描いた祝言性を湛えた修羅能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

狂言 土筆(つくづくし)

シテ 何某 大藏彌太郎
アド 何某 大藏 基誠
後見 大藏 章照

連れ立って春の野辺に野遊びに出た二人の男。芽を出した土筆や芍薬を見て一人が歌を詠むが、友は歌の間違いを指摘してはその奇妙さに腹を抱えて笑う。

馬鹿にされた男は腹を立て、相撲の勝負を挑み…。

————〈休憩10分〉————

能 海士(あま)

前シテ
後シテ
海人
龍女
観世 淳夫
子方 房前大臣 安藤継之助
ワキ 従者 野口 能弘
ワキツレ 従者 則久 英志
野口 琢弘
アイ 浦人 大藏 教義
   

小鼓
大鼓
太鼓
杉 信太朗
田邊 恭資
亀井 広忠
林 雄一郎
   
地謡 小早川泰輝 鵜澤  久
青木 健一 西村 高夫
長山 桂三 片山九郎右衛門
野村 昌司 北浪 貴裕
   
後見 観世銕之丞
  清水 寛二

讃州志度の浦の海士が母であると出生の秘密を知った藤原房前は、母が自分を淡海公の跡継ぎにするため自らの命と引き換えに龍神に奪われた宝珠を取り返したのだと所の海士から聞かされる。やがて龍女が現れ…。

海士が宝珠を取り返す様を再現して見せる前半の「玉之段」と後半の宗教的な荘厳さが見どころの能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


一般前売り券 賛助会員
S席 7,000円 S会員 75,000円
A席 6,000円 A会員 65,000円
B席 5,000円 B会員 54,000円
C席 4,500円 C会員 49,000円
U25(25歳以下) 2,700円

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

■銕仙会〈定期公演・青山能〉共通回数券(5枚綴り)

 一般回数券        22,000円
 U25(25歳以下)回数券 10,000円

詳しくは詳細ページをご確認下さい。

■お申し込み

電話 銕仙会 03-3401-2285
(平日午前10時~午後5時)
インターネット チケットポータル GETTIIS
*ご利用には「GETTIIS」への会員登録(無料)が必要です。
*一部インターネットからはお申し込みいただけない席種がございます。料金欄をご確認ください。

チケットお申し込み方法のご案内



公演情報
定期公演
青山能
チケットお申し込み
方法のご案内