銕仙会

銕仙会

定期公演

定期公演〈10月〉

  • 狂言「文相撲」善竹十郎
  • 能「松風 戯之舞」観世銕之丞

会 場
観世能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2024年10月11日(金)
  • 午後6時開演(午後5時30分開場)
  • 午後9時頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい


狂言 文相撲(ふずもう)

シテ 大名 善竹 十郎
アド 太郎冠者 野島 伸仁
新参者 大藏 教義

新しい召使いを抱えようと思い立った大名は、太郎冠者に適当な者を探して来るよう言いつける。

さて冠者が街道へ出ると、そこへたまたま奉公先を探す男が通りかかり、冠者はこれ幸いと男を大名のもとへと連れ帰る。聞けば男は相撲が得意だというではないか。大名はその腕前を見るため自ら相撲の相手をすることにするが、無様に負けてしまう。何とか一矢報いたい大名は伯父から貰った相撲の秘伝書を読んで再挑戦…。

——————〈休憩15分〉———————

能 松風 戯之舞(まつかぜ たわむれのまい)

シテ 松風 観世銕之丞
ツレ 村雨 観世 淳夫
ワキ 旅僧 宝生 常三
アイ 浦人 善竹 十郎
     
 笛
小鼓
大鼓
松田 弘之
鵜澤洋太郎
國川  純
     
地謡 鵜澤  光
谷本 健吾
長山 桂三
浅見 慈一
馬野 正基
西村 高夫
清水 寛二
柴田  稔
     
  後見 鵜澤  久
  安藤 貴康

月の煌々と輝く秋の摂津国須磨の浦。浜辺の由緒ありげな松が二人の海人姉妹、松風・村雨の旧跡であると知った旅の僧は、読経して二人を弔う。

やがて日が暮れ、浜辺に汐汲車を引いた二人の海人が現れる。二人は汐を汲み、自分たちこそかつて在原行平に寵愛を受けた松風・村雨の霊だと涙ながらに明かし、身分違いの恋の妄執を晴らしてくれるよう僧に頼む。

やがて松風は行平の形見の衣装をかき抱き、行平への思いが募るあまり衣装を身に着けると狂乱し、浜辺の松を行平と見誤って駆け寄る。

松に吹く風が狂い乱れ、波も激しく打ち寄せるうち、やがて僧の夢は覚め、夜明けの松に風の吹き付ける松風の音が残るばかりであった…。

月光、波音、松風の音。須磨の浦に交錯する様々なイメージの中に哀切なる姉妹の激しい愛をしっとりと描いた世阿弥改作の名作能。前半の詩情溢れる月下の汐汲みや後半の松風の思い故の狂乱が見所となっている。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


一般前売り券 賛助会員
S席 7,000円 S会員 75,000円
A席 6,000円 A会員 65,000円
B席 5,000円 B会員 54,000円
C席 4,500円 C会員 49,000円
U25(25歳以下) 2,700円

※賛助会員制度は1月より1年間同じ席で御覧いただくというものですが、随時入会も可能です。

詳しくは銕仙会事務所までお問い合わせください。

TEL 03-3401-2285

■銕仙会〈定期公演・青山能〉共通回数券(5枚綴り)

 一般回数券        22,000円
 U25(25歳以下)回数券 10,000円

詳しくは詳細ページをご確認下さい。

■お申し込み

電話 銕仙会 03-3401-2285
(平日午前10時~午後5時)
インターネット チケットポータル GETTIIS
*ご利用には「GETTIIS」への会員登録(無料)が必要です。
*一部インターネットからはお申し込みいただけない席種がございます。料金欄をご確認ください。

チケットお申し込み方法のご案内



公演情報
定期公演
青山能
チケットお申し込み
方法のご案内