銕仙会

銕仙会

曲目解説

葵上あおいのうえ

作者

未詳  世阿弥以前の古作

場所

京都 左大臣邸

季節

不定

分類

四番目物 鬼女物

登場人物

シテ

六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の怨霊

面:泥眼 壺折腰巻女出立(女性の外出姿の扮装)

「6」の場面で、面:般若 般若出立(鬼女の扮装)

ツレ

照日(てるひ)の巫女

面:小面など 水衣着流巫出立(巫女の扮装)

ワキ

横川の小聖(こひじり)

山伏出立(修験者の扮装) または沙門帽子僧出立(高僧の扮装)

ワキツレ

朱雀院の臣下

洞烏帽子狩衣大口出立(廷臣の扮装)

アイ

臣下の従者

長裃出立(従者の扮装)

※物語中ではこのほか葵上も登場しますが、実際の舞台上には登場せず、舞台正面に小袖が広げられることで葵上の病床が表現されます。

概要

光源氏の正妻となった左大臣の娘・葵上は、最近物の怪に悩まされていた。物の怪の正体を知るべく院の臣下(ワキツレ)が照日の巫女(ツレ)に口寄せをさせていると、一人の女性(シテ)が現れる。彼女は、かつて葵上に辱めを受けた六条御息所の怨霊だと明かし、自らの抱える辛い思いを吐露しはじめる。そうする内、次第に感情の昂ぶっていった彼女は、葵上を責め苛むと、彼女を冥府へ連れ去ろうと言い出す。

臣下は急いで横川の小聖(ワキ)を招き、怨霊退治の祈祷を始める。するとそこへ、鬼女の姿となった御息所の怨霊が現れ、なおも葵上を害しようとする。しかし鬼女は小聖の法力の前に力尽き、遂に成仏してゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキツレが登場してツレに口寄せを命じ、ツレは口寄せを行います。

ここは源氏物語の世界。左大臣の娘で光源氏の正妻となった葵上は、最近物の怪に悩まされていた。様々な祈祷を試したものの効果は無く、ひとまず物の怪の正体を明らかにすべきと判断した朱雀院は臣下(ワキツレ)を遣わす。臣下は、口寄せの名手として評判の高い照日の巫女(ツレ)を呼び出すと、口寄せを行うよう命じる。

照日の巫女は、物の怪を呼び出そうと梓弓を弾き鳴らし、呪歌を唱えて口寄せを始める。

2 シテが登場します。

やがて、一人の高貴な女性(シテ)が、梓弓の音に引かれて姿を現した。自らの身を嘆き、意気消沈した様子の彼女。「栄枯盛衰は車の輪。昨日の栄華も今日には泡と消えてゆく、無常の世の中。この身も辛い、あの人も恨めしい。私が月を眺めても、月は私を見てはいないの…」 忘れ得ぬ辛い記憶に苛まれた、“怨霊”と名乗る彼女。彼女はせめての慰みにと、胸中にわだかまる思いを語る相手を求め、こうして現れたのだった。

3 シテは自らの正体を明かします。

半壊した牛車に乗り、沈痛な面持ちで佇む彼女。傍らには年若い侍女が、車にすがってすすり泣いている…。しかしその姿は、巫女にしか見えないのだった。

彼女は巫女の口を借りて名乗りはじめる。「刹那に移りゆく世と知りながら、それでもなお人を恨んでしまう、わが身の儚さ。私こそ、六条御息所の怨霊。宮廷の昔の栄華にひきかえ、今や萎みゆく朝顔の如き、陰に生きる日々。そんな私の心に萌した恨みの思いを晴らすべく、こうしてやって来たのです。因果応報の世の理、私のこの思いも必ずや…」。

4 シテは、葵上を表わす小袖を責め打ち(〔枕之段〕)、一度姿を消します。

かつて葵上一行から辱めを受け、車まで壊された彼女。その屈辱を言葉にしたことで、心は次第に昂揚してゆく。そして遂に、煮えたぎる執心に突き動かされ、彼女は葵上に迫る。

侍女の制止を振り切り、呪いの言葉を吐きかける御息所。「今どんなに苦しもうと、貴女は命ある限り、光輝くあの方と契る運命。それに引きかえ、私と彼との仲は露のように消え果てて、夢にさえ昔の日々は戻ってこない…。思いは募るばかり。今こそ、私の恨みに満ちたこの車に乗せて、貴女を冥府まで連れて行くとき――」。

5 ワキツレはアイに命じ、ワキを招請します。

物の怪の正体は分かった。臣下は従者(アイ)に、比叡山にいる小聖を招くよう命じる。

従者が比叡山中に至ると、小聖(ワキ)は外出すら憚るほどの大事の修行中であった。従者は用件を伝え、あの御息所の様子では祈祷は急を要すると言う。小聖は、自分の験力をたのんで依頼してくれた臣下の心意気に感じ、修行を中断して葵上のもとへ向かう。

危篤の葵上を見た小聖。その怨念の強さに驚いた彼は、すぐに祈祷を始める。

6 シテが再登場し、ワキと争います(〔祈リ〕)。

山々での修行を重ね、高い霊力を得た小聖。彼は数珠を押し揉み、肝胆を砕いて祈祷する。

やがて再び姿を現した御息所(シテ)。高貴さをたたえていた面差しは今や悪鬼の容貌へと一変し、彼女は理性の抑制を失ったように葵上へ迫る。葵上を害しようとする鬼女と、それを阻止する小聖。二人は死闘を繰り広げる。

7 シテは争いに敗れ、成仏してゆきます。(終)

小聖の渾身の祈祷に、深い怨憎に突き動かされていた鬼女も遂に屈服する。五大明王に責め立てられ、追い詰められた鬼女。「恐ろしき法の力。もはやこれまで、もう二度とここへ来ることはあるまい…」 そう口にするや、仏法の力によって彼女の心は忽ち浄化され、その周囲には菩薩たちが現れた。かくして、御息所の怨霊はついに成仏を遂げたのだった。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

今後の上演予定

(最終更新:2018年10月)
能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約