銕仙会

銕仙会

曲目解説

芦刈 あしかり
 
作者 世阿弥
素材 『大和物語』『拾遺和歌集』に見える芦刈説話
場所 摂津国難波
季節 春
種類 四番目物、男物狂物
 

登場人物
シテ 芦売り・日下左衛門[くさかのさえもん] 水衣男出立、掛直垂大口出立
ツレ 左衛門の妻 連面・唐織着流女出立
ワキ 妻の随行者 素袍上下出立
ワキツレ 妻の随行者 素袍上下出立
アイ 里の男 長上下出立、もしくは肩衣半袴出立

 
あらすじ
 女が都から里へ戻ってくると、かつての夫、日下左衛門は零落して行方不明でした。夫を探そうと決めた女の前に、芦を売る男が現れます。
 
舞台の流れ

  1. 幕から囃子方(笛・小鼓・大鼓)が、切戸口から地謡が登場し、所定の位置に着きます。
  2. 次第の囃子で、ツレ・ワキ・ワキツレの順に役者が登場します。都で乳母をしていた女が、里である摂津の国(現在の大阪府)日下[くさか]の里へと、お供を連れて戻ってきました。舟旅で、難波の浦まで行き、日下の里に着きました。
  3. 女の夫であった、日下左衛門が住んでいたあたりを訪ねると、左衛門はすでにそこにはいませんでした。貧しさのため、家にいられなくなってしまい、行方がわからないようです。女は、しばらくとどまり、左衛門を探すことにしました。アイの里の男にすすめられて、このあたりで評判の芦売りを見ることにします。アイは幕に向かい、シテを呼び出します。
  4. 一声の囃子で、幕からシテの芦売りの男が登場します。笠をかぶり、芦の葉をはさんだ竹を持っています。カケリという、舞台を大きく回って、狂乱の様子を表す働キ事のあと、常座で笠を脱ぎます。
  5. ワキの随行の男が、シテの芦売りに話しかけます。難波の芦についての問答の中で、芦売りは、自分が都の人とゆかりのあるとほのめかし、芦をワキへ差し出します。
  6. ワキが御津[みつ]の浜について尋ねると、シテは昔この地に仁徳天皇の御殿があったため、「御津」=「みつ」という名になったと由来を語ります。続く笠の段では、謡に合わせて軽やかに舞います。後半は笠を手に持って舞います。
  7. ツレの女は、芦売りに芦を持って来させます。シテはワキ座にいるツレのところまで行き、芦を渡そうとします。芦を持ってきた男は、日下左衛門その人でした。夫婦はお互いに気付きます。驚いた男は、その場から逃げてしまいます。シテは橋掛リへ行きます。
  8. ツレは立ち上がり、橋掛リのシテに声をかけます。妻は夫に迎えに来たのだと説明します。
  9. シテは後見座で烏帽子と直垂を着け、姿を変えます。
  10. 装束を変えたシテが着座します。和歌の徳や夫婦仲についての話が語られます。シテは途中から立ち上がり、謡に合わせて舞います。
  11. シテは男舞[おとこまい]を舞います。
  12. こうして再開した日下左衛門と妻は、めでたくともに都へと向かうのでした。ツレ・ワキが退場するのに続き、シテは留メ拍子を踏み、幕へ入ります。
  13. 役者が退場したのち、続いて囃子方が幕へ、地謡が切戸口へとそれぞれ退場します。

 
ここに注目
 物狂能は、女物狂能に有名な曲が多く、「狂女物」という言葉があるほど、一般にもよく知られてもいます。しかし、世阿弥の時代には、男物狂いの能も人気があったようです。世阿弥作品の男物狂能は、この作品のほかに〈土車)があります。
 夫婦の再会というドラマチックな展開ももちろん見どころですが、それだけでなく、芦売りの舞う笠の段、妻と再会した日下左衛門が喜びに満ちて舞う男舞など、様々な舞を楽しんでください。
 
 
(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約