銕仙会

銕仙会

曲目解説

船弁慶ふなべんけい

華々しい活躍を見せていた往時の面影は既になく、心細い流浪の旅を続ける義経主従。最愛の女性・静御前と別れ、安息の地を目指して落ち延びる一行の前に現れたのは、かつて自らが滅ぼした平家一門の亡魂であった…。

別名 流派によっては《舟弁慶》と表記 (読みは同じく「ふなべんけい」)
作者 観世信光
場所 前場:摂津国 大物浦だいもつのうら  (現在の兵庫県尼崎市大物町)
後場:大物浦の沖
季節 仲冬
分類 五番目物 猛将物
登場人物
前シテ 静御前 面:若女など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
後シテ 平知盛の亡霊 面:三日月など 鍬型頭法被半切出立(鎧兜を身にまとった武将の扮装)
子方 源義経 梨子打側次大口出立(武将の扮装)
ワキ 武蔵坊弁慶 山伏出立または沙門帽子僧出立(出家者の扮装)
ワキツレ 義経の家臣(3人) 梨子打側次大口出立
間狂言 大物浦の船頭 肩衣半袴出立(庶民の扮装)

概要

兄頼朝と不和になり、西国へ落ち延びる身となった源義経(子方)が、弁慶(ワキ)や少数の家臣たち(ワキツレ)を連れ、摂津国大物浦だいもつのうらに至る。義経の愛妾・静御前(前シテ)も供に加わっていたが、弁慶は時節柄相応しくないと考え、静を都へ帰すよう義経に進言する。静は義経との別れを悲しみ、一行の前途を祝して舞を舞うと、出発してゆく一行を涙ながらに見送るのであった。

船に乗った一行が沖へと出てゆくと、俄かに暴風が吹き荒れ、辺りはただならぬ雰囲気となる。やがて、平知盛(後シテ)ら平家一門の亡霊が海上に現れ、一行に襲いかかろうとするが、弁慶の懸命の祈りによって撃退し、難を逃れるのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 子方・ワキ・ワキツレが登場します。

平安時代末。源平合戦では平家を壇ノ浦まで追い詰め、源氏を勝利へと導いた源義経であったが、運命のいたずらか、そののち兄頼朝と不和になり、都を追われる身となってしまった。義経(子方)は弁慶(ワキ)やわずかな家臣たち(ワキツレ)を引き連れ、都から西国へと下ってゆく。

数年前の華々しい平家追討とはうって変わっての、何とも寂しい流浪の旅。

2 ワキは間狂言と言葉を交わします。

摂津国 大物浦だいもつのうらに到着した一行。ここからは船で瀬戸内海を渡る算段だ。弁慶は知人の船頭(間狂言)を頼り、流浪の身の一行を世話してくれるよう依頼する。

ようやく腰を落ち着けた一行。弁慶は義経に進言する。「これまで供をして来られた、義経様の愛妾・静御前さま。しかし今のこの流浪の身には、似合わぬことでございます…」 彼女を都へ帰そうと提案する弁慶に、義経はただ「弁慶に任せる」と答えるのだった。

3 ワキは前シテを呼び出し、子方のもとへ連れてゆきます。

弁慶は静御前の宿所へ向かい、彼女を呼び出す。
呼び出された静(前シテ)。都へ帰るよう弁慶に告げられ、彼女は涙する。「そんな…。いや、これはきっと弁慶様の独断。義経様のもとに参り、直接お話し致しましょう」。

弁慶に連れられ、義経の前に進み出た静。ところが義経から聞かされたのは、やはり都へ帰れとの言葉。静は弁慶を疑ったことを詫び、愛する義経との別れを悲しむのであった。

4 前シテは別れの酒宴で中国の故事を語り舞い、義経を慰めます(〔クセ〕)。

義経は弁慶に命じ、静に酒を勧めさせる。悲しみに暮れていた静であったが、愛する義経の無事を祈念し、烏帽子を身につけて舞を舞いはじめる。

――その昔、中国 春秋時代のこと。越王勾践こうせんが仇敵・呉王を倒したのも、賢臣・陶朱公の計略があればこそ。しかし、そんな功績あった陶朱公も、栄達を望まず、後には政治を離れて悠々自適の生活を送ったとか。源平合戦の功績ありながら都を追われた義経様も、ですからどうか気を落とされず、頼朝様の誤解を解いて下さいませ…。

5 前シテは〔中之舞〕を舞いますが、やがて烏帽子を脱ぎ捨て、別れを悲しみつつ去ってゆきます(中入)。

静は、愛する義経の前途を祝して舞を舞う。「やがて再び、世の中で御活躍なさる日が来ますよう…」。

そうするうち、早くも船出の時刻となり、義経一行は宿を出てゆく。舞の装束をそっと脱いだ静は、涙ながらに出発を見送るのであった…。

6 間狂言は船の作リ物を運び出し、子方・ワキ・ワキツレは船に乗り込みます。

船の準備は整った。急いで出発しようとする一行だったが、義経は、天候が悪いので出発を延期しようと言い出す。弁慶は、それは静御前への未練からであろうと述べ、船を出発させるよう船頭に命じる。

「先年、この浦から屋島へ出陣した時も、こんな大風でしたな。しかしあの時も平家を打ち破り、武功を立てたではありませぬか…」。

7 間狂言が船を漕いでゆくと、辺りは異様な雰囲気に包まれます。

船は沖へと漕ぎ出し、一行は瀬戸内海を西へ進む。
ところが、出発して暫くした頃。船はにわかの暴風に見舞われ、高波に舵を取られて船中は大きく揺れ動く。そして…、

壇ノ浦で滅んだ平家一門の亡霊が、行く手の海上に現れた。

8 後シテが出現し、子方に襲いかかります(〔舞働〕)。

安徳天皇を中心に、勢揃いした平家一門の亡霊たち。その中でもひときわ禍々しい妖気を放つ、一人の武将。彼こそ、滅びゆく平家一門の全てを見届け、壇ノ浦の露と消えた、総大将・平知盛の怨霊(後シテ)であった。

「義経よ、ここで会うとは珍しい…。そなたに追い詰められた我等の末路と同じように、今度はそなたを、海の藻屑としてくれようぞ」 知盛は、一行の船に襲いかかる。

9 ワキの祈りによって後シテは撃退され、この能が終わります。

応戦する義経。しかし相手は亡霊、刀では対抗できない。弁慶は義経を押しとどめると、数珠を押し揉み、法力によって撃退しようとする。

弁慶の祈祷とともに、亡霊の姿は次第に遠ざかる。怨霊の群れから逃げるべく、船頭は渾身の力で船を漕ぐ。なおも迫り来る亡魂を祈りによって追い払い、遂に船は逃げきることができた。

あとには波の音だけが、そこには残っているのだった…。

みどころ

判官贔屓ほうがんびいき」という言葉があるように、源平合戦で数々の武勲を上げながら兄に疎まれ非業の最期を遂げた源義経は、今なお日本人に愛され続ける英雄の一人です。この義経を主人公とし、彼の数奇な生い立ちから兄頼朝に追われての逃避行、非業の最期に至るまでを描いた『義経記ぎけいき』という作品も生まれるほど、この義経の物語は昔から人々に愛され続けたものでありました。

能にも、この義経の物語を脚色した作品が複数見られます。「牛若丸」あるいは「遮那王しゃなおう」と名乗っていた幼少期の物語を題材とする能に《鞍馬天狗》《橋弁慶》《烏帽子折》などが、また兄頼朝に追われての逃避行を題材とする能には本作の他に《安宅》《摂待》などがあり、このほか源平合戦における義経の武功を描いた能に《屋島》があるなど、能の世界においていかに義経の物語が愛されていたのかが窺われます。

『義経記』は、義経の逃避行を次のように記しています。

――頼朝の討手が京に送られ、都を追われる身となった義経。彼は、九州の武士・緒方維義を頼り、船に乗って瀬戸内海を西へ向かう。当時都で評判を取っていた白拍子の静御前をはじめ多くの女たちを旅の供に召し連れ、大勢の兵士たちを引き連れて向かっていた一行であったが、にわかの暴風雨に見舞われて船は風に流されてゆき、流れ着いた大物浦で頼朝方の軍勢と合戦になる。なんとか勝利を収めた義経であったが、こうなった今、女たちは都へ帰し、志深い静御前だけに供を許すと、一行は吉野山へと向かったのだった…。

本作は、大筋でこの物語に依拠しているものの、細部には多くの相違点が見られます。たとえば静御前は、『義経記』では船旅にも同行しており、こののち吉野山で義経一行と別れることになる(能《二人静》《吉野静》はその物語に依拠しています)のに対し、本作では船出に際して義経と別れなければならなくなっています。また、『義経記』では義経は大軍を連れて船出したことになっているのに対し、本作では「ただ十余人」だけの心細い旅となっています。戦力を既に失い、最愛の女性とも別れざるを得なくなった義経一行の悲哀が、本作では描かれているといえましょう。

本作の後シテ・平知盛は、平清盛の子として生まれ、平家軍の総大将として源範頼・義経と戦った人物でした。能では本作のほか《碇潜》の後シテともなっており、また一ノ谷合戦で討たれた彼の子・平知章を主人公とする能に《知章》があります。

『平家物語』によれば、知盛はつねに滅びゆく平家の運命に抗い続けた人物であったといい、壇ノ浦で安徳天皇をはじめ一門の人々が次々と入水する姿を見て「見るべき程の事は見つ」という言葉を遺し、波の底へ沈んでいったとされています。本作の後場では、詞章の上では平家一門が勢揃いすることになっていますが、実際には知盛ひとりが舞台上に登場し、義経一行に迫ります。平家の運命に正面から向きあい、一門の盛衰の全てを見届けて海底に沈んでいった知盛こそ、平家一門の怨念の体現というに相応しい人物として、本作では描かれているといえましょう。

最愛の人との別れ、未来永劫消えることなき怨念との出会い…。流浪の身となった義経一行に降りかかる試練が、本作には描かれています。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年6月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約