銕仙会

銕仙会

曲目解説

半蔀はじとみ
 
作者 内藤左衛門か
場所 前場:京都 雲林院  (現在の京都市北区紫野雲林院町)
後場:京都 五条辺り
季節 晩夏
分類 三番目物 本鬘物
登場人物
前シテ 女  じつは夕顔上(ゆうがおのうえ)の霊 面:若女など 唐織着流女出立(女性の扮装)
後シテ 夕顔上の幽霊 面:若女など 長絹大口女出立(高貴な女性の扮装)
ワキ 夏安居の僧 着流僧出立(僧侶の扮装)
アイ 京の男 長裃出立(庶民の扮装)

概要

夏果てる頃。雲林院の僧(ワキ)がひと夏のあいだ仏に供えていた花々を供養していると、夕顔の花の陰に一人の女(前シテ)が現れる。彼女は自らを“五条辺り”の者の霊だと名乗ると、姿を消してしまうのだった。

京の男(アイ)に女のことを語る僧。それは『源氏物語』に登場する夕顔上の霊であろうと教えられ、五条辺りに赴いた僧が見たものは、蔓草に覆われた一軒の茅屋であった。僧が彼女の亡き跡を弔っていると、固く閉ざされていた蔀がはじめて開き、内から夕顔上の幽霊(後シテ)が姿をあらわす。僧の回向の声に、光源氏とはじめて契りを交わした日のことを思い出した彼女は、その馴れ初めの記憶を語り、源氏と誓った永遠の愛に思いをはせつつ舞を舞う。やがて朝になり、彼女は更なる回向を願いつつ、再び茅屋の内へと姿を消すのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキが登場し、花の供養をおこないます。

夏が終わり、秋の訪れを迎える頃。僧たちが屋内での修行にいそしむ“夏安居(げあんご)”もまた、終わりの時が近づいていた。京都 雲林院で安居を過ごしていた僧(ワキ)は、ひと夏のあいだ仏に手向けていた花々を供養すべく、“立花供養”を行うところである。

仏前に花を祀り、恭しく供養の言葉を読み上げる僧。非情草木すらも悟りへと導く仏法のちからを頼み、僧は心を込めて花を弔うのであった。

2 前シテが出現し、正体を仄めかして消え失せます。(中入)

時刻は黄昏どき。花々を弔っていた僧は、そのうちの一輪が次第に花ひらいてゆくのに気づく。気がつけば、傍らには一人の女(前シテ)。彼女は告げる。「これこそ、夕映えの光を受けて咲く夕顔の花。そしてその花の蔭に現れた私は、既にこの世に亡き身、遠い昔の世語りに、儚いわが名を留めるばかり。在りし日は、五条辺りにいました女…」 そう明かすと、彼女は花の蔭に姿を消すのだった。

3 アイが登場し、ワキに物語りをします。

そこへやって来た京の男(アイ)。僧は彼に、先刻の女のことを語る。男は、それは『源氏物語』に登場する女君の一人・夕顔上のことだろうと教え、その故事を語って聞かせる。男の言葉に耳を傾けていた僧は、ともかくも五条辺りに行ってみようと思い立つのだった。

4 ワキが待っていると、中から後シテが姿を現します。

僧が五条辺りを訪れると、そこには一軒の茅屋。戸は蔓草に覆われ、窓には夕陽の淡い光が差し込んでいる。風が荒涼と吹きぬけてゆく、物寂しげな家の様子であった。

哀れな彼女の生涯を思い、亡き跡を弔おうと誓う僧。そんな彼の言葉に、今まで固く閉ざされていた草の半蔀が、はじめて開く音がした。中から現れたのは、夕顔上の幽霊(後シテ)。光源氏との儚い恋に生き、露と消えていった彼女の姿に、僧は涙するのであった。

5 後シテは、光源氏とはじめて出逢った時の記憶を語り舞います(〔クセ〕)。

在りし日の記憶を語りだす彼女。それは、光源氏との儚い恋の、はじまりの物語。

――今のお弔いの声に、ある朝のことを思い出しました。それは、源氏がこの宿で一夜を過ごした日。思えば、彼がこの宿を目にとめたのも、この夕顔の花ゆえでした。『あの花を』とのご所望に、私は花を扇に載せて差し上げます。つくづくと眺める源氏。こうして、二人の契りが結ばれたのでした。それもみな、この花のお蔭。その嬉しさといったら…。

6 後シテは〔序之舞〕を舞い、やがて再び家の内へと消えてゆきます。(終)

「源氏は一首の歌を詠みました。『黄昏どき、おぼろに見えた夕顔の花。その花を手折って、いつまでも眺めていたいのだ』と…」 それは、永遠の愛を誓う言葉であった。恋のはじまりの、あの日の記憶。夕顔上は追憶にひたりつつ、ゆったりと舞を舞いはじめる。

そうするうち、夜明けの時は近づく。「私の魂は、いつまでも、この夕顔の宿に留まり続けています。どうか、これからもずっと、私を弔って下さいませ…」 そう告げると、彼女は再び、半蔀の内へと入ってゆく。夕顔上は、夢の世界へと消えていったのだった――。

(文:中野顕正)

近日の上演予定

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2018年6月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約