銕仙会

銕仙会

班女はんじょ
「秋」――それは「飽き」にも通じる、女の苦悩の季節。うち捨てられた女性の、独り寝の嘆き。
作者 世阿弥
場所 前場:美濃国 野上(のがみ)宿  (現在の岐阜県不破郡関ヶ原町野上)
後場:京都 糺(ただす)の森 (現在の京都市左京区下鴨)
季節 前場:春
後場:初秋
分類 四番目物 狂女物
登場人物
前シテ 遊女 花子(はなご) 面:若女など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
後シテ 面:若女など 唐織脱下女出立(狂女の扮装)
ワキ 吉田少将 風折長絹大口出立(貴公子の扮装)
ワキツレ 少将の従者 素袍上下出立(下級武士または庶民の扮装)
間狂言 野上宿の長者 ビナン縫箔着流出立(女性の扮装)

概要

美濃国 野上宿の遊女・花子(前シテ)は、宿場を訪れた吉田少将と契りを交わして以来、少将を慕うあまり、形見の扇を弄ってばかりの日々を過ごしていた。見かねた宿の長者(間狂言)は花子を追い出し、彼女は流浪の身となってしまう。
その後、少将(ワキ)は花子を迎えに再び宿場を訪れたが、花子は出ていった後であった。やむなく少将は京都へ戻り、下鴨神社に参詣していたが、そこへ狂女となった花子(後シテ)がやって来る。彼女は参詣客たちに囃し立てられるまま、愛しい人を慕う心を吐露し、形見の扇への想いを語って謡い舞う。そうする内、彼女こそ花子だと気づいた少将。扇を見せ合い、互いに相手を確認した二人は、めでたく再会を果たしたのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 間狂言が登場します。

ここは、美濃国 野上宿。京都と鎌倉とを結ぶ街道に面したこの宿場町は、貴賤を問わず、多くの行き交う人々で賑わっている。そして、そのような場所では、“出会い”と“別れ”の物語もまた、紡がれてゆくのである…。
宿場には、往来の人々を慰める遊女たちが住んでおり、遊女を統括し指導するのは宿の長者の役目であった。今日、長者(間狂言)は一人の遊女を呼び出していた。

2 間狂言は前シテを呼び出して散々に罵り、退場します。

呼び出された遊女の花子(前シテ)に、長者はご立腹の様子。「これ花子。以前、吉田少将殿とかいう方が京から下って来られた時、お接待に出たお前はあの方と契りを交わし、扇を交換しておったな。あの日以来、お前は四六時中扇をいじってばかり、他のお客様のお接待に行こうともしないではないか。色恋に惚けて腑抜けた奴め。お前のような役立たずは、この宿場からとっとと出てゆけ!」 長者は、彼女を宿場から放り出してしまう。

3 前シテはわが身の境遇を嘆き、放浪の旅に出ます(中入)。

ひとり残された花子の目には、涙がこみ上げてきた。「もとより無常の世とは言いながら、遊女とは何と頼りないこと。あてどない根無し草の身、契りを交わしたあの方ももういない。いっそこのまま、露のように消えてしまえたら、どんなに楽なことか…」 花子は、行方も知らぬ旅路へと、ひとり彷徨(さまよ)い出てゆくのであった。

4 ワキ・ワキツレが登場して野上宿に至り、花子がいなくなったことを知ります。

月日は流れ、季節は秋。東国での所用を終えた吉田少将(ワキ)は、従者たち(ワキツレ)を引き連れ、帰洛の道を急いでいた。その途上、以前契った花子を迎えに、野上宿に立ち寄る。ところが、聞けば花子は既にこの宿場にはいないという。少将は、もしも花子が帰ってきたら都へ知らせるようにと言い置くと、都へと出発してゆくのだった。
京都に着いた少将。かねて下鴨神社へ参詣したいと考えていた彼は、糺の森へと向かう。

5 後シテが登場して少将との再会を神に祈願し、恋慕の姿を見せます(〔カケリ〕)。

折しもそこへ、少将を慕うあまり狂乱した花子(後シテ)がやって来た。「ほんの僅かに姿を見せただけの、あの愛しい人…。あの方からの便りは無く、恋のわが身に届くのは、辛い秋の風ばかり。夕暮れの雲のかなたに愛しい人の面影を見出し、遂に彷徨い出たこの身。夫婦の仲を取り持つ神様、どうかお見捨て下さりますな。恨めしい人…、それでもあの方と、再び巡り逢えますように」。

6 ワキツレが後シテに声をかけ、後シテは物狂いの芸を始めます。

どうやら花子は、毎日この下鴨神社へ参詣しては狂乱の舞を見せているらしい。参詣客たちは今日も芸を見せろと囃し立て、花子は思いの丈を述べはじめる。「風に吹かれて舞う木の葉。そのように私の心も、恋の思いに乱れゆく。いにしえ中国の班女(はんじょ)は君の寵愛を失い、秋の扇のようにうち捨てられた身となった。今の私もそれと同じ。あの方の形見の扇を手に触れては、ひとり寂しく閨(ねや)の月を眺めるばかり…」。

7 後シテは恋慕の思いを謡い舞います。

――永遠の愛を誓いあったあの夜。しかしその契りも今や、跡形もなく消え去った。「秋より前には必ず」との約束も空しく、月日は徒らに流れるばかり。あの方の旅立っていった東の空に思いをはせ、ただ茫然と立ち尽くす私の体を、秋風が空しく吹き抜けてゆく。せめてもの形見の扇すら、夏も終わり、もはや時期はずれのもの。私の身もそれと同じ。うち捨てられて独り過ごす、班女の閨の寂しいこと…。

8 後シテは少将を慕って〔中之舞〕を舞い、嘆きのあまり泣き伏してしまいます。

花子は、少将を慕って舞いはじめる。「秋には必ずとの、その言葉も空しくなった。あの方からの音信は無く、聞こえてくるのは秋草のそよぐ音ばかり。扇には裏表があるけれど、それ以上に裏表のあるものは、人の心だったのね。『あふぎ』は『逢ふ』と言うけれど、そんなの、嘘じゃないの…」 舞を舞う中で恋慕の情を募らせた彼女は、嘆きのあまり、ついには泣き崩れてしまうのだった。

9 ワキは後シテに声をかけ、扇を見せ合った二人はめでたく再会し、この能が終わります。

そのとき少将は、彼女の扇を見たいと所望する。大切な人の形見だからと断る花子に、少将は告げる。「それでも見せておくれ、野上の旅寝の契りの証に…」 野上と聞いて驚く花子。少将が花子に見せた扇、それはかつて交換した自らの扇であった。扇を見せ合い、二人はめでたく再会を果たす。
愛しい人の形見の品。それこそが、夫婦の絆の証なのであった――。

小書解説

・笹之伝(ささのでん)

通常の演出であれば後シテは扇を手に持って登場するところを、この小書が付くと、シテは扇を懐中し、手には笹を手に持って登場します。そして、途中までは笹を用いて舞うという展開となります。能において狂女の象徴とされている笹を用いることでシテの狂乱を強調するとともに、恋人の形見を肌身離さず大切に懐中する花子の想いを表現する演出です。

みどころ

本作は、これといった典拠をもたない能で、作者世阿弥によってストーリーが考案され、一曲が構想された、「作り能」(『三道』)にあたる作品です。
本作のタイトルとなっている「班女」は、中国の歴史上の人物である班倢伃(はん しょうよ)のあだ名です。彼女は漢の皇帝の寵愛を得たものの、後にはその寵愛も衰え、嘆きの中で「怨歌行」という詩を作った人物と伝えられています(ただし、この詩は本来無関係のもので、後代に彼女に仮託されたものと考えられています)。この「怨歌行」の中では、夫の寵愛を失った女の身の儚さが、秋になって顧みられることのなくなった扇にたとえられており、男の愛情に左右される女の身の心細さ、はかなさの代名詞として、中国・日本で広く知られていた故事となっています。
平安時代に成立した、漢詩の一節や和歌を集めたアンソロジーである『和漢朗詠集』には、この班女に因んで、次のような詩が載せられています。

班倢伃が団雪の扇 岸風に代へて長く忘れぬ
燕の昭王が招涼の珠 沙月に当つて自づから得たり
(水辺の風の涼しさに、かの班倢伃が詩に詠んだ「団雪の扇」を使うのも長いこと忘れていた。
月は砂石を美しく照らし出し、燕の昭王の持っていたという招涼の珠を手に入れた気分であるよ。)
班女が閨の中には秋の扇の色
楚王の台の上には夜の琴の声
(雪の白さ、それは班女の独り寝の、秋の団扇の色のよう。
しんしんと降る雪の音、それは楚の襄王が蘭台の上で弾じた琴の音色のよう。)

本作の作中にも引用されているこれらの詩は、本作成立時代にはかなり広く知れ渡っていたものでした。この、広く人々に共有されていた中国の班女のイメージが、本作のシテである花子に投影されたことによって、本作はこういった古典的情緒のあふれる物語に仕立てられ、夫に逢うこともなく独り寂しい日々を過ごす花子の思いが一層引き立てられているのです。

本作に登場する「花子」や「吉田少将」などの人物は、世阿弥の創作によるものですが、後代になると、この花子をめぐる物語言説はさらに増幅してゆくこととなります。
狂言に〈花子〉という作品がありますが、これは本作の続篇兼パロディとして作られたもので、愛する花子のもとへと通う吉田少将が本妻に怒られるという内容となっています。この作品は狂言の中の大曲として大切に扱われているほか、この作品を翻案した舞踊〈身替座禅〉は歌舞伎の人気演目となっています。
また、能〈隅田川〉に登場するシテ狂女の夫(死んだ梅若丸の父)の名は「吉田の何某」とされていますが、後代になると、この「吉田の何某」が本作における吉田少将と同一視され、〈隅田川〉もまた、花子をめぐる物語の中に組み込まれてゆきます。能〈隅田川〉を翻案した作品に歌舞伎舞踊の〈隅田川〉などがありますが、この中では花子をめぐる物語の一部として隅田川の物語が取り扱われています。
近代になってからも、室生犀星の小説『野上の宿』や、三島由紀夫の『近代能楽集』の一篇としてとして取り上げられるなど、花子の物語は何度も新たに生命を吹き込まれ、再生産され続けてきました。
これらのように、能の観客たちに愛され、後世に増幅されつつ展開していった“花子の物語”。本作は、その原点となっている作品なのです。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「班女」(文・中司由起子)

近年の上演記録(写真)

今後の上演予定

(最終更新:2017年8月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約