銕仙会

銕仙会

曲目解説

百万ひゃくまん
春の嵯峨野。大念仏の賑わいのなか、我が子と生き別れになった狂女・百万は、子を慕って狂い舞う。
作者 原作:観阿弥か  原題《嵯峨物狂》
改作:世阿弥
場所 京都郊外 嵯峨野 清涼寺せいりょうじ (現在の京都市右京区嵯峨釈迦堂)
季節 晩春
分類 四番目物  狂女物

 

登場人物
シテ 狂女  百万 面:深井など 立烏帽子長絹女出立(舞を舞う女性の扮装)
子方 百万の子 児袴出立(少年の扮装)
ワキ 吉野の男※ 素袍上下出立(一般男性の扮装)
間狂言 清涼寺門前の者 長裃または肩衣半袴出立(庶民の扮装)

※ワキを僧(着流僧出立)とする演出もあります。

概要

吉野の男(ワキ)が奈良西大寺で幼子(子方)を拾ったので、京都清涼寺の大念仏に連れて行く。清涼寺門前の男(間狂言)が見世物として女物狂の百万(シテ)を呼び出すべく念仏を唱えていると、百万が現れ、さまざまに面白く狂って見せる。百万は、夫を亡くし、忘れ形見の我が子とも生き別れになってしまった悲しみを語り舞うが、実はこの吉野の男が拾った幼子こそ、捜し求める我が子であった。やがて二人は互いに親子と分かり、めでたく再会するのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・子方が登場します。

ここは、京都 嵯峨野の清涼寺。大念仏で有名なこの寺は、今日も参拝客で賑わっている。

その参拝者たちの中に、吉野からやって来た男(ワキ)がいた。彼は先日、奈良の西大寺で幼い子供(子方)を拾ったので、彼を慰めるべく、この清涼寺の大念仏に連れてきたのであった。

2 ワキと間狂言が言葉を交わします。

男は寺の前まで来ると、土地の者(間狂言)に、幼い子供のために何か良い見せ物はないかと尋ねる。門前の者が言うには、いつも念仏を唱えていると百万という女物狂がやって来て、彼らの念仏は下手くそだといって面白く音頭を取るのだという。門前の男は、百万を呼び出そうと、面白おかしく念仏を唱えはじめる。

3 シテが登場し、念仏の音頭を取って舞います(〔車之段くるまのだん〕)。

門前の男がおかしな念仏を唱えていると、突然、肩に痛みが走る。見るとそこには、女物狂の百万(シテ)が立っていた。彼女が、手にしていた笹で、男の肩を打ったのであった。

百万は、自分が念仏を代わろうと言うと、舞車を曳きつつ音頭を取り始める。「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、弥陀の力を頼めや頼め…」。

4 シテはさらに面白く狂い舞います(〔笹之段ささのだん〕)。

「ああ本当に、この世限りの親子の道に執着して、まさしく『子は三界の首枷』よ。この百万の姿といえば、乱れ髪に古びた烏帽子、化粧も乱れ、果たしてこれが正気かしら。こんな心で念仏をするのも、全ては我が子に会うため…」 百万は、手にした笹で面白く舞い狂う。

5 子方はシテの正体に気づいてワキに打ち明け、ワキはそれとなくシテに問います。

その時、男の連れていた幼子は、この狂女こそ自分の母と気づき、男に耳打ちする。男が百万にそれとなく尋ねてみると、彼女は奈良の都に住む人で、夫を亡くし、忘れ形見の一人子に生き別れて狂っているのだという。公衆の面前で舞い狂うのも、もしや我が子に巡り会えるかと思ってのことなのだった。百万は、今から仏に奉納する舞を舞おうという。

6 シテは〔イロエ〕を舞い、我が身の境遇を語り舞います(〔クリ・サシ・クセ〕)。

――夫を失った悲しみも束の間、あの子までもが行方知れずに。子を尋ねて彷徨い出る私の姿といったら、何とも浅ましいものでした。足に任せて歩いて行けば、都の西の、この名高い清涼寺。美しい花々に囲まれ、貴賤の集うこの寺の有難いこと。霊験あらたかな仏様が、天竺から中国を経て到来されたのだ。そのお釈迦様ですら母君のために説法をなさった位だから、恩愛の情を捨てやらぬ人の身で母を思うのは当然のこと。なのに我が子はどうして姿を見せないのかと、恨みつつも再会を祈る、これが百万の舞い姿なのです…。

7 シテは〔立廻リ〕を舞って狂乱の姿を見せます。

百万は、自分の身の上を語り舞うと、心が昂ぶり、狂乱の姿となる。「狂人ながら、子に会えるだろうと、正気でもないのに、こう、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と…。 仏様、どうか我が子に会わせて下さい…!」

8 ワキは子方の正体を明かし、親子は無事に再会して、この能が終わります。

百万の余りのいたわしさを見て、男は遂に、自分の連れている幼子が彼女の子であることを明かし、親子を引き合わせる。百万は、今まで黙っていた我が子を恨みながらも、こうして再会できたことを喜び、これは夢か現かと涙にむせぶ。

これというのも、有難い仏様の功徳なのであった――。

小書解説

・法楽之舞(ほうらくのまい)

この小書がつくと、上記「6」の場面で舞われる舞が〔イロエ〕から〔中之舞〕に変化し、またその舞の中でシテが手にした笹を振る所作などが演じられ、清涼寺の釈迦如来に捧げる舞であることが強調されます。

また、これに伴い、〔クリ・サシ・クセ〕のうち〔クリ〕が省略され、〔クセ〕の型も変化し、「8」の親子再会の場面でシテが烏帽子・長絹を脱ぐ型が入るなど、一曲の細部に様々な変化が見られます。

みどころ

本作は、京都 嵯峨野の清涼寺を舞台とする、母子再会の奇蹟を描いた物語です。
この清涼寺の本尊・釈迦如来像は、「三国伝来」の霊験あらたかな仏とされ、多くの人々の信仰を集めていました。この霊像には、本作の〔クセ〕にも説かれているように、次のような故事が伝わっています。

――釈迦は、生後すぐに母親の摩耶(まや)夫人と死別し、夫人は天界に転生していた。釈迦は母に孝行のため、あるとき天に昇って説法をする。そのとき、釈迦の不在を嘆いた国王のために、釈迦は工芸神・毘首羯摩(びしゅかつま)を地上界に遣わし、自分に生き写しの像を作らせたのであった。釈迦の入滅後、その像は東へと伝わってゆき、やがて中国を経て日本の清涼寺へとやって来たのであった…。

釈迦の生き写しと伝えられるこの像は、中世の多くの人々の信仰を集めたものでしたが、中でも釈迦の定めた戒律を重視する律宗(りっしゅう)の僧たちはこの像を特に篤く崇敬していました。本作にも描かれる清涼寺の大念仏を創始した円覚上人導御(どうぎょ)もまた、そうした律宗の僧の一人です。この導御が大念仏を創始するに至った経緯として、次のような物語が伝えられています。

――導御は、もとは捨て子であった。幼い頃に捨てられ、寺に拾われて僧となった彼は、生き別れた母を恋い慕う日々を過ごしていた。そんなある日、夢に聖徳太子が現れ、「生き別れた母と再会したくば、大念仏を挙行して多くの人々を救済せよ」と告げる。彼がさっそく大念仏を開催したところ、貴賤を問わず多くの人々が押し寄せて仏に結縁し、救われる身を喜ぶのだった。やがてこのことがきっかけとなり、念願叶って、彼は母に再会することができたのであった…。

本作にも描かれる清涼寺の大念仏は、こうした母子再会の物語を背景にもつ行事であったのでした。この故事に基づいて、大念仏では「母見た、母見た」と唱える伝統があり、上記「2」の場面で間狂言が「サアミサ、サアミサ」と唱えるのもそれが訛った形と考えられています。
こうした、母子再会の物語を起源にもつ大念仏の喧噪のなか、母を慕う釈迦の故事に由来する霊像の前で、本作の奇蹟は起こるのです。

本作の原作となった観阿弥作《嵯峨物狂》(現存せず)は、おそらくはこの導御と母との再会という故事を脚色した作品であったと考えられます。本作は、その《嵯峨物狂》を下敷きとしつつ、それを実在の女芸能者・百万の物語として描き直したものとなっています。
百万は、鎌倉時代頃に奈良で活躍していた女性芸能者で、「曲舞(くせまい)」という芸能の名手であった人物です。この「曲舞」の芸は、のちに観阿弥によって能楽の世界にも取り入れられ、能の〔クセ〕のもととなってゆきますが、実はこの観阿弥に曲舞の芸を教えた女性芸能者・乙鶴(おとづる)もまた百万の流れを汲む人物であり、いわば百万は、能の〔クセ〕の源流をつくった人物であるといえましょう。「百万が息子と生き別れになった」という物語はもとより史実ではありませんが、高名な女性芸能者・百万が我が子との再会を祈って一心に舞を捧げる…という姿を描き出すところに、本作のねらいはあったといえましょう。
じつは、世阿弥によって《嵯峨物狂》をもとにして《百万》が書かれ、女芸能者・百万が本作の主人公として選ばれた当初、彼女が自らの曲舞の芸を披露して仏に捧げる〔クリ・サシ・クセ〕の場面では、上記「6」に描かれた彼女自身の嘆きを題材とする舞ではなく、『地獄の曲舞』という別の舞が舞われていました。この『地獄の曲舞』は現在《歌占》の〔クリ・サシ・クセ〕として使われているもので、世間の無常と死後の世界への恐怖を謡った内容となっており、それを百万が舞うことで仏前に相応しい奉納の舞とする、というのが当初の構想であったようです。その後、世阿弥自身の手によって現在の〔クリ・サシ・クセ〕に差し替えられ、我が子を失って物狂いとなった顛末が謡われるように変更されたことで、心に傷を負い感傷的になった彼女の心が切々と描かれる場面として、本作のクライマックスである「6」の場面は生まれ変わったのでした。
彼女が物狂いの女芸人となって衆目を集めるのも、すべては我が子に会いたいため。本作に描かれた彼女の嘆きの物語は、のちに曲舞芸の流祖となる彼女が芸の道と出会うに至った起源にまつわる秘話として、描き出されているといえましょう。
花の雲に包まれた、春の嵯峨野。貴賤の人々が集まる大念仏の喧噪の中で語り明かされる百万の感傷の世界を、お楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「百万」(文・中司由起子)

近年の上演記録(写真)


(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約