銕仙会

銕仙会

曲目解説

鉄輪かなわ

真夜中の貴船神社。藁人形に打ち付ける五寸釘の音が、鬱蒼とした木立に響き渡る…。
呪詛や陰陽師といった、怪しげな世界の中で描かれる、妖艶なまでの嫉妬と恨み。

作者 不詳
場所 前場:貴船神社(現在の京都市左京区 貴船山の中腹)
後場:京都 下京(しもぎょう) ワキツレ(夫)の邸宅
季節 晩秋
分類 四・五番目物 鬼女物
登場人物
前シテ 夫に捨てられた女 面:泥眼など 壺折腰巻女出立(女性の外出姿の扮装)
後シテ 女の生霊(いきりょう) 面:橋姫、生成など 鉄輪出立(夫を呪う女の扮装)
ワキ 陰陽師・安倍晴明 風折狩衣大口出立(貴族男性の扮装)
ワキツレ 女の夫 素袍上下出立(庶民の扮装)
間狂言 貴船神社の社人 社人出立(神職の扮装)

概要

夫に捨てられた都の女(シテ)が毎夜貴船明神に丑の刻詣でをしていると、ある夜、神職(間狂言)から神託を告げられる。それは、全身を真っ赤に彩り、頭に鉄輪を載せてその三本足に火を灯せば鬼となれるというものであった。一方、その女の夫(ワキツレ)は最近夢見が悪いので、陰陽師安倍晴明(ワキ)に占って貰ったところ、今夜にも前妻の呪いによって絶命するという。晴明は夫と新妻の人形を作り、呪いを人形に転じ換えようと祈祷をする。そこへ鬼と化した前妻(後シテ)が現れ、人形を責めるが、晴明の祈りによって御幣に降臨した神々に責め立てられ、鬼女は退散してしまうのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 間狂言が登場し、場面設定を紹介します(〔狂言口開〕)。

京都の北方、貴船神社。鬱蒼とした木立の中に鎮まるこの社は、いつも不気味な静けさをたたえている…。
ある日、この社の神職(間狂言)は夢に神の託宣を受けた。それは、毎晩真夜中の丑の刻に願掛けのために参詣しに来ている都の女に、神の言葉を伝えよというものであった。
神職は、今夜もやって来るであろうその女を待っている。

2 シテが登場します。

真夜中。暗闇の中、草生い茂る道を踏み分けて、今夜もその女(シテ)はやって来た。「私を捨ててあの女のもとへ行ってしまった夫…、ああ、あの男が恨めしい」 今夜は月もまだ昇らない、真っ暗な山道。ごうごうと音を立てて流れる鞍馬川の岸づたいに、歩みを早めてやって来る、心に瞋(いか)りの感情を満たした、一人の女…。

3 間狂言はシテに言葉をかけますが、鬼の形相となったシテにおののき逃げてゆきます。

女の姿を認めた神職は、神の託宣を伝える。「鬼になりたいとの願い、神は確かに聞き届けられました。赤い衣を着、顔には赤い塗料を塗り、頭には鉄輪をのせてその三本足に火を灯し、怒りの心をもつならば、忽ち鬼となれましょう。」
女は人違いとはぐらかすが、そう言ううちにも表情は次第に人間離れしたものとなってゆく…。それを見た神職は恐れおののき、逃げ去っていった。

4 シテは神託の通り鬼となろうと、足早に自宅へと帰ってゆく(中入)。

神託を受けた女は、みるみる異形の姿へと変じてゆく。美しかった黒髪は乱れ逆立ち、表情は早くも鬼女の相をあらわす。にわかに黒雲が天を覆い、雷鳴が轟く嵐の中、女は足早に貴船の社を去っていったのであった…。

5 ワキツレが登場して自己紹介をし、ワキを呼び出します。

その頃、京都にある、女の夫の邸宅では――、
かつての妻を捨て、新しい妻を迎えていた夫(ワキツレ)であったが、彼はここ最近、毎晩のように悪夢にうなされていた。高名な陰陽師・安倍晴明(ワキ)のもとをたずね、占って貰ったところ、何と女の恨みによって呪いを受け、今夜にも絶命するだろうという。神仏への祈りが数積もった前妻の呪いは、もはや止めることができない。しかし晴明は男に泣きつかれ、呪いの矛先を人形(ひとがた)に向けかえるべく祈祷を始める。

6 ワキが祈っていると、後シテが登場します。

晴明はさっそく祭壇をしつらえ、その上に男と新妻の人形を置いた。人形には二人の名を書き入れ、色々の御幣や供物をそなえ、一心不乱に祈りを捧げる。
するとその時、一天にわかにかき曇り、暴風雨が吹き荒れる。身の毛もよだつばかりの恐ろしい夜嵐の中、全身を真っ赤に彩り、今や鬼と化した前妻(後シテ)が、姿を現した。

7 シテは祭壇の作り物の前へ行き、人形に言葉をかけます。

鬼女は祭壇の前へと進み出る。晴明の祈りによって、人形を夫と錯覚した鬼女は、かの人形に言葉をかける。「ああ、恨めしいこと。はじめて契りを交わした時は、千代万代まで寄り添おうと思っていたのに、無残にもこうして捨てられて…」 ひとたびは愛した夫。その命も今夜消えてしまうのかと、さすがの鬼女も哀しげに人形を見つめる。

8 シテは新妻の人形を責めます。

鬼女は新妻の名が書かれた人形を取り上げると、その人形の髪を手に絡ませ、杖で散々に打ち据える。「これも全てはあなたの行いの報い。さぞ後悔したことでしょう…」鬼女は呪いの言葉を吐きかける。

9 シテは夫の人形を責めますが、却って神仏に責められて退散し、この能が終わります。

続いて鬼女は恨めしい夫の人形を手に取ろうとするが、見れば、あまたの神々が御幣に降りてきているではないか。魑魅魍魎は汚らわしい、早く立ち去れと責め立てられ、鬼女は持っていた神通力も失せてしまう。
男を取り殺し損ねた恨みを残しつつ、「まずこの度は帰ろう、またの機会を待っておれ」という声を遺して、彼女は夜嵐の中へと消えていったのであった…。

小書解説

・早鼓之伝(はやつづみのでん)

この小書が付くと、前シテの中入のしかたが替わり、〔早鼓〕という囃子が演奏される中、シテは橋がかりを走り込みます。これから起こる事件を予感させるような、ただならぬ雰囲気を感じさせる演出です。
またこのとき、前シテの装束も替わります。すなわち、通常の演出ではシテは笠をかぶって登場しますが、この小書が付くとシテは衣を被(かず)いて登場することもあり、その場合は中入の際にその衣を小脇に抱えて走り込むように変わります。嫉妬の心に胸を焦がす女の妖しさがより際立つ演出といえましょう。
そのほか、後半の謡に緩急がついたりと、細部に変化があります。

みどころ

「鉄輪(かなわ)」とは、五徳(ごとく)、つまり釜などをかけるために囲炉裏や火鉢の中に入れる、輪に三本足のついた鉄製の道具のことです。本作の前半では、この鉄輪を逆さに(輪が下、三本足が上になるように)かぶり、その三本足それぞれに蝋燭をつけて火を灯すことが説かれています。さらに赤い着物を着、丹(に:赤い塗料)を顔に塗って怒りの心を持つならば、たちまち鬼となるだろう…というのが、貴船明神の託宣でした。
「草木も眠る丑三つ時」という表現がありますが、丑の刻とは現在の午前2時頃、夜も更けて最も不気味で恐ろしい時間帯です。その丑の刻に、毎晩貴船明神に参詣するというのが、本作で前シテがおこなっていた「丑の刻詣で」です。藁人形に五寸釘を打ち付けて…というのは有名ですが、そのように、真夜中に木深い貴船まで毎晩通って呪詛をする、気味の悪い場面が、本作前半では描かれています。
後半では、有名な陰陽師・安倍晴明が登場します。晴明は人形(ひとがた)を作って女の呪いをそちらに向けかえようとし、また御幣を立てて三十番神(仏法を守る神々)を勧請します。結果、女は二つの人形を夫と新妻と錯覚してこれを責め、二人は呪いを免れるのでした。しかし、神々に責め立てられ退散するとき、なおも鬼女は「巡り逢ふべき時節を待つべしや、まづこの度は帰るべし」と、後日再びやって来るぞという呪いの言葉を吐いてゆくのです。
丑の刻詣でや陰陽師の活躍など、土俗的で怪しげな世界観の中で描かれる、妖艶なまでの女の嫉妬と恨みを、お楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「鉄輪」(文・中司由起子)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年6月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約