銕仙会

銕仙会

曲目解説

兼平かねひら
武勇に生き、主君への愛を最期まで忘れなかった武人・今井兼平の、壮絶な最期。
作者 不詳
場所 近江国 粟津が原
季節 初夏
分類 二番目物 勇士物
登場人物
前シテ 船頭の老人 面:笑尉など 着流尉出立(一般的な老人の扮装)
後シテ 今井兼平の霊 面:平太など 修羅者出立(鎧兜を着た武者の扮装)
ワキ 旅の僧 着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)
ワキツレ 旅の僧(二人) 着流僧出立
間狂言 土地の船頭 肩衣半袴出立(庶民の扮装)

概要

木曽義仲の最期の地・粟津を目指して旅をしていた、義仲の縁者であった木曽の僧侶一行(ワキ・ワキツレ)が琵琶湖北岸の矢橋に至ると、柴舟の老船頭(シテ)に出会い、この船頭に琵琶湖を渡してもらい粟津に到着する。夜、一行が義仲を弔っていると、義仲に最期まで付き従っていた今井兼平の霊(後シテ)が現れ、先刻の船頭こそ自分の仮の姿であったと明かし、主君義仲と自らの最期の有様を物語る。

ストーリーと舞台の流れ

1  ワキ・ワキツレが登場します。

木曽の深い山路を分けてやって来る、僧の一行(ワキ・ワキツレ)があった。さきの戦いで討たれた木曽義仲の縁者であった彼らは、義仲を弔うため、その最期の地である粟津を目指して旅しているのであった。
粟津は琵琶湖の南岸。琵琶湖北岸の矢橋に着いた彼らは、舟で粟津へと向かおうとする。

2  シテが登場し、ワキと対話します。

一行は、近くにあった舟に乗せてくれと頼む。船頭(シテ)は、この舟は人を乗せるためのものではなく燃料の柴を運ぶ舟だからと、一旦は断る。しかし相手は出家の身、船頭は特別に琵琶湖を渡して差し上げようと言う。

3  シテは近くの名所を教えつつ舟を漕ぎ、舟が着くといつの間にか消え失せます(中入)。

沖に出てみると、のどかな湖の上からは美しい景色が見わたされる。むこうには比叡山が厳かな佇まいを見せ、麓の坂本には大宮権現が鎮座している。仏法の真理がそのまま形になったような景色の素晴らしさに浸りながら、舟は早くも粟津へと着いたのであった…。

4  間狂言がワキに物語りをします。

粟津に着いた一行は、土地の男(間狂言)から木曽義仲・今井兼平主従の最期のさまを聞き、その霊を弔うために仏事をはじめる。

5  ワキが霊を弔っていると後シテが登場し、ワキと言葉を交わします。

するとそこに、鎧兜を身につけた一人の武者(後シテ)が現れた。その者こそ、木曽義仲に最期まで付き従っていた今井兼平の幽霊であった。実は、先刻の老船頭こそ、兼平の幽霊が仮に現れた姿なのであった。兼平は、主君・義仲の最期の有り様を語って聞かせる。

6  シテは、義仲の最期を物語ります。

──敗退を重ねた木曽殿は、最後にはこの兼平と二人きりになってしまった。あの松原で最期を遂げようとしていたところへ、またもや背後から敵の軍勢。私は、最期も一緒にと言う殿を諫め、殿を先に行かせてただ一人敵へと切り込んでいった。しかし頃はまだ寒さの残る早春、殿は薄氷の張る深田にはまって身動きが取れなくなってしまった。そして、私の方をふり返ったその刹那、流れ矢に額を貫かれ、ご最期を遂げられたのだった…。

7  シテは、自らの最期のありさまを語り、この能が終わります。

──早く殿に追いつこうと思い戦っていた私の耳にも、木曽殿ご最期の声が届いた。もはやこれまで、今や何を躊躇おうか。私は大声をあげて敵の大勢に割って入り、散々に斬り廻った末、これぞ自害の手本よと、太刀を口に咥えて真っ逆さまに馬から飛び降り、体を貫かれて果てたのだった…。
兼平の霊が自ら語る、最期のありさま。それはまことに、稀代の武勇なのであった。

みどころ

──寿永3年(1184)、正月。源範頼・義経率いる関東の大軍に京都を追われ、散々に討ちなされて七騎にまで減ってしまった木曽義仲の軍勢は、琵琶湖の南岸・勢田で腹心の部下であった今井兼平と合流し、三百余騎にまで軍の体勢を立て直して、最期の戦いへと赴くこととなった。相手は六千余騎の大軍、木曽軍は敵陣の中を駆け割って散々に戦い、遂に主従五騎にまで減ってしまう。そのうち女である巴御前は義仲によって故郷へ帰され、手塚太郎は討死に、手塚別当は落ちてゆき、最後には義仲・兼平の二人だけが残ったのであった。背後からは五十騎ばかりの軍勢が追って来る。木曽義仲は「これまで残ってきたのも、そなたと一所で死ぬためだ」と、最期まで兼平とともに戦おうとするが、兼平に「どんなに名をあげた武者でも、雑兵ごときに討たれたのでは後代までの不覚でしょう」と諫められ、自害の場を求めてひとり粟津の松原へと駆けてゆく。しかしまだ寒さの残る早春、薄氷の張る深田にはまってしまい、馬が沈んで身動きが取れない。兼平のほうを振り返った瞬間、義仲は兜の内側を射られ、遂に首を?かれてしまう。主君の最期を知った兼平は、「これを見たまえ、日本一の剛の者の自害する手本」と叫び、太刀の先端を口に含んで馬から逆さまに飛び降り、貫かれて果てたのであった…。
以上が、『平家物語』に説かれる木曽義仲・今井兼平の最期の物語となっています。この義仲の最期については他に能〈巴〉でも描かれていますが、本作の方がより『平家』に忠実に描かれており、今井兼平の壮絶な最期が再現されるとともに、「主君のおん跡をまづ弔ひて賜び賜へ」というセリフに端的に示されるように、あくまで兼平と一緒に戦おうとする義仲とそういう主君を必死で守ろうとする兼平の、絶対的信頼に支えられた主従愛が強く打ち出されています。
本作の前場では、うららかな気候の中で、船頭(じつは兼平の霊)が僧たち一行に琵琶湖沿岸の名所を教える場面が描かれていますが、こうしたのどかな場面を経て舟が目的地へと到着するといつの間にかシテが姿を消しているという趣向は、本作の独創的なところであり、このように長閑な雰囲気のまま前場が終わることで、兼平最期という一曲の主題に前場で全く触れられないまま後場に突入することになります。その結果として、ほのぼのとした風景描写を主とする前場と、兼平の壮絶な最期を描く後場とのコントラストが際立ち、兼平の武勇がいっそう強い印象をもって描かれることになります。
世阿弥作の〈忠度〉や〈敦盛〉などが風雅な公達を描くのと異なり、本作は武勇一筋に生きた今井兼平を描くことに主眼が置かれています。舞台上で再現される、兼平の壮絶な最期をお楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約