銕仙会

銕仙会

曲目解説

春日龍神かすがりゅうじん
真の仏法を伝える聖地は、遙か遠くのインドにではなく、この日本の地にあった。光かがやく春日山こそ、釈迦の聖蹟。ある求道者の前に現出する、神秘の世界。
作者 金春禅竹か
場所 大和国(現在の奈良県)春日大社
季節 晩春
分類 五番目物
登場人物
前シテ 宮守 実は時風秀行の化身 面:小牛尉など 禰宜出立(神職の扮装)
後シテ 猿沢池の龍神 面:黒髭 龍神出立(龍神の扮装)
ワキ 明恵上人(みょうえしょうにん) 大口僧出立(格式張った僧侶の扮装)
ワキツレ 従僧(二、三人) 大口僧出立
間狂言 所の者 長裃出立(庶民の扮装) (※)
※間狂言は、所の者ではなく末社の神とする演出もあります。

概要

天竺への旅を決意した明恵上人(ワキ)が暇乞いのため春日大社に参詣すると、老神職(シテ)が現れ、「明恵上人は春日明神に可愛がられており、上人が旅立っては神も悲しまれるだろう」と言い、出発を思い留まるよう諭す。老神職は、春日山は釈迦の聖蹟・霊鷲山と同体であり、釈迦亡き今となっては春日の地こそが仏教の聖地なのだと説く。明恵が旅立ちを断念すると言うと、老神職は「この春日山に天竺の姿をうつし、釈迦の生涯を見せよう」と言い、「自分こそ、昔春日明神に供奉した時風秀行である」と明かすと、姿を消した。明恵が待っていると、春日山が輝きはじめ、釈迦の説法の様子が眼前に再現される。そこへ龍神(後シテ)が現れて法会の座を荘厳し、明恵に釈迦の生涯を見せる。龍神は、明恵に旅立ちの意志が無いことを改めて確認すると、猿沢池に消えていったのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場し、自己紹介をします。

天竺。――それは、釈迦の教えを今に伝える、仏法の聖地。いにしえの“三蔵法師”こと玄奘も、天竺にのこる真の仏法を求めて、シルクロードを遙々と旅していったのだった。
そしてこの日本でも、一人の僧が、天竺を目指して今まさに旅立とうとしていた。僧の名は明恵上人(ワキ)。釈迦を思慕する彼は天竺への旅を決意し、その出発の暇乞いのため、弟子たち(ワキツレ)を引き連れ、春日大社へと参拝しに行くところである。

2 シテが登場します。

青空の下。春のやわらかな日ざしは、神の慈悲を体現するかのよう。春日社の鎮座する三笠山の揺るがぬ姿は、永遠不変の神の道をあらわし、平和で長閑な春日の里は、住む人々の喜びの声で満ち満ちている。誠にありがたき、春日明神の御利益…。
その春日大社に着いた上人一行の前に、境内を清める、一人の老神職(シテ)が現れた。

3 ワキはシテに言葉をかけ、シテは天竺への旅を思い留まるよう諭します。

上人は彼に声をかける。老神職は答える。「これは、明恵上人さま。このたびの御参詣に、明神様もさぞお喜びでしょう。しかし、天竺への旅はなりませぬぞ。貴方様と解脱上人さまのお二人といえば、明神さまが『太郎や、次郎や』と呼んで可愛がっておられる身。普段の御参詣ですら、少しでも遅くなられると明神様はお待ちかねになる程です。遙か遠い天竺などへお行きになっては、神様もさぞ悲しまれましょう…。」

4 なおも天竺へ渡りたいと言うワキを、シテは更に諭します。

「釈迦の聖地を拝むためだ、許してくれ」と言う上人に対し、老神職はなおも言葉を続ける。「お釈迦様がご存命の昔ならまだしも、今となってはこの春日の山こそ、仏様が法華経をお説きになった霊鷲山(りょうじゅせん)にも等しき存在。春日野に棲む鹿までもが上人様を礼拝する、この地こそが釈迦の聖地なのです…。」

5 シテは、春日の地が釈迦の聖蹟にも等しい地であることを説きます(〔クセ〕)。

――むかし霊鷲山で法華経を説かれた釈迦は、今はこの春日の地で大明神と示現された。釈迦が悟りを開き、はじめて説法をされた鹿野苑(ろくやおん)というのも、この牡鹿臥す春日野のこと。三笠山からさし出る日の光は、四方を遍く照らして曇りなく、のどかな南都の春のありさまである…。

6 シテは自らの正体を明かして消え失せます(中入)。

「春日山こそ真の仏蹟」。今の言葉はご神託に違いないと、上人は天竺行きを思い留まろうと言う。それを聞いた老神職は言う。「思い留まって下さるのなら、この山に天竺の姿をうつし、釈迦の生涯をお見せしましょう。かく言う私は、むかし春日明神さまを鹿島からこの地までお連れした、時風秀行(ときふうひでゆき)と申す者…。」
そう言うと、彼は姿を消してしまうのだった。

7 間狂言がワキに物語りをし、退場します。

※間狂言が末社の神のときは、〔立ちシャベリ〕となります。
そこへ、この里に住む男(間狂言)が現れ、上人に尋ねられるままに、春日大社に関する故事などを物語る。上人はそれを聞き、先刻の神託が偽りでないことを確信する。

8 ワキの眼前に後シテが現れ、龍神の威勢を示して〔舞働(まいばたらき)〕を舞います。

神託にしたがい、夜を明かす上人の一行。すると、春日山が金色に輝き始めた。霊鷲山の説法の場が、上人たちの眼前に、立ち現れてゆく…。
その時、大地が震動し、地下世界に棲む龍神(後シテ)が姿を現した。百千の眷属たちを引き連れた多くの龍王たちが、春日山の法会の庭に参集する。まことに神変不可思議の、奇瑞のありさま。

9 シテは、上人が旅立ちを断念したことを確認して去ってゆき、この能が終わります。

龍神は、天に翔り地に臥し、この奇跡の場を荘厳する。誕生、悟り、説法の場、入滅の様子…、春日明神の力によって、釈迦の人生の全場面が、眼前に繰り広げられる。
「さて、明恵上人よ、天竺への旅は思い留まられましたか。」 龍神は、重ねて上人に問いかける。上人に旅立ちの意志がないことを確認した龍神は、猿沢池の水面を蹴立て、波の底へと帰って行ったのだった。

みどころ

本作のワキとして登場する明恵上人(みょうえしょうにん)は、鎌倉時代初期の高僧で、『鳥獣戯画』で有名な京都栂尾(とがのお)の高山寺を再興した人物としても知られています。明恵は、興福寺をはじめとする南都(奈良)の仏教界に大きな影響を与えた僧で、当時乱れがちであった戒律を厳格に守るなど、仏教の根本に立ち帰ろうという志をもった人物でありました。そしてそれゆえ、釈迦を強く思慕し、本作にも描かれている天竺(インド)への旅を実際に計画していました。高山寺には、明恵が実際にインドまでの距離や日数などを計算した紙が伝わっており、彼の熱意のほどが知られます。

しかし、その計画は結局実現することはありませんでした。本作にも説かれるように、興福寺と一体であった春日大社の神によってインド行きを諦めるよう諭されたためだと伝えられており、このエピソードは説話集の『古今著聞集』『沙石集』や絵巻の『春日権現験記』などにも載せられています。

春日明神といえば、鎌倉時代成立の勅撰和歌集『続古今和歌集(しょくこきんわかしゅう)』巻七には、春日明神の詠んだ歌として、次の歌が載せられています。

我を知れ 釈迦牟尼仏の 世に出でて さやけき月の 世を照らすとは

この歌は、上記「5」の場面、〔クセ〕の冒頭にも引用されているものですが、これによれば、春日明神とは釈迦如来が人々を救うために仮にこの世に姿を現したものであるとされています。それに伴い、春日山とは釈迦が『法華経』を説いた霊鷲山(りょうじゅせん)と同体であるとされ、本作の成立した中世には、春日の地はそのまま仏教の聖地であると理解されていました。

本作ではこの理解に基づいて書かれており、インドへ渡ろうとする明恵に対して「真の仏教は春日の地にあるのだ」と見せることが、本作の主題となっています。

本作では、春日明神が明恵に「摩耶(まや)の誕生」(釈迦が母摩耶夫人の胎内から生まれる)、「伽耶(がや)の成道(じょうどう)」(ブッダガヤで悟りを開く)、「鷲峰(じゅぶう)の説法」(霊鷲山で教えを説く)、「双林(そうりん)の入滅」(娑羅双樹の下で入滅する)という釈迦の生涯を、春日山にうつして見せます。天竺という、世界にとって最大の聖地が、春日の地に現出するという、スケールの大きな作品となっています。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「春日龍神」(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)
能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約