銕仙会

銕仙会

曲目解説

春日龍神(かすがりゅうじん)

◆登場人物

前シテ 神職の老人  じつは春日神の眷属・時風秀行(ときふうひでゆき)の化身
後シテ 龍神
ワキ 明恵上人(みょうえしょうにん)
ワキツレ 随行の僧 【2‐3人】
アイ 神職

◆場所

 大和国 春日大社  〈現在の奈良県奈良市春日野町〉

概要

鎌倉時代。天竺への旅を決意した明恵上人(ワキ)は、崇敬する春日大社へと暇乞いに参詣する。そこへ現れた一人の老神職(前シテ)。神職は、明恵が春日明神からの信頼厚い人物であること、釈尊滅後の今においては春日の地こそが聖蹟・霊鷲山にも等しき仏法の聖地であることを明かし、出発を思い留まるよう諫める。その言葉を受けて旅の中止を決意した明恵へ、神職は「三笠山に釈尊一生涯の物語を映し出そう」と告げると、自分こそ春日神の眷属・時風秀行の化身だと明かし、姿を消してしまう。

やがて、三笠山は金色の光を放ち、仏の説法の場が現出しはじめた。春日の里に集結し、法会の座を荘厳する龍神(後シテ)たち。この奇蹟を前に、遂に明恵は旅の中止を高らかに宣言する。その言葉を聞き届けると、龍神は猿沢池へと帰ってゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場します。

天竺。――それは、真の仏法を求め続ける者達にとっての、理想の聖地。いにしえ唐土には、シルクロードを旅した三蔵法師。そしてこの日本にも、そんな遥かの地へと思いを馳せる、一人の僧がいた。僧の名は明恵(ワキ)。釈尊を思慕して止むことなく、遂に天竺への旅を決意するに至った明恵。彼はその暇乞いのため、弟子たち(ワキツレ)を連れ、日ごろ崇敬する春日大社へと向かうところである。

2 前シテが登場します。

青空の春。神の慈悲に満たされた、やわらかな日の光の下、揺るがぬ姿に悠久の神の道を体現する三笠山に見守られ、春日の里には長閑な時間が流れている。神の恵みを受け、人々の喜びの声で満たされた、この里のありさま――。

その春日の里の奥、三笠山の麓に鎮座する春日大社へとやって来た、明恵たちの一行。見ると、一人の老神職(前シテ)が、境内を清めているところであった。

3 前シテはワキと言葉を交わし、旅を思い留まるよう諫めます。

旅の決意を語る明恵に、神職は言う。「それはなりません。神の恩寵厚い貴方の御身、少しの御無沙汰ですら明神は気を揉まれるほど。遥かの旅とあっては、神の嘆きもいかばかりか。それに釈尊在世の昔ならまだしも、今やこの春日の山こそ、聖蹟・霊鷲山に等しき存在。草木も枝を垂れ、神鹿も膝を折って上人を出迎えるこの奇瑞を見捨て、外の世界に真の聖地を探そうとは! ただただ神慮のままに、旅を思い留まって下さいませ…」。

4 前シテは、春日の聖地を讃えます(〔クセ〕)。

――天竺・唐土に数多き、仏法流布の旧蹟。しかし日本にも、それに劣らぬ霊場はある。天台山には比叡山、五台山には吉野や筑波。そして聖蹟霊鷲山こそ、この春日の三笠山。『私こそ、この世を照らす釈迦如来』と、自ら歌に詠まれた春日神。鹿の棲む春日野は、釈尊初説法の地・鹿野苑も同じこと。さし昇る日輪は南都の隅々を照らし出し、寺々は月影の下にその輝きを増してゆく。それは仏法の花ひらく、長閑な春の里のすがた…。

5 前シテは、自らの正体を明かして消え失せます。(中入)

懇ろな神職の願いに感じ入った明恵。これも神の託宣と、明恵は彼の思いを受け入れ、旅の中止を決意する。その言葉に、神職は告げる。「旅を思い留まって下さるなら、この三笠山にいにしえの天竺を映し出し、釈尊の降誕から入滅まで、その御生涯をお見せしましょう。これこそは明神の告げ。かく申す私は、春日神の眷属・時風秀行と申す者…」 そう明かすと、神職は姿を消してしまうのだった。

6 アイが登場し、ワキに物語りをします。

そこへやって来た、春日の神職(アイ)。彼は明恵の問いに答え、神の功徳を物語る。その言葉を聞いて崇敬の念を深めた明恵は、更なる奇蹟を願うのだった。

7 ワキが待っていると後シテが現れ、龍神の威勢を示します(〔舞働〕)。

奇瑞を見届けようと待つ明恵。そのとき、三笠山は金色の光を放って輝きだし、辺りは仏国土へと変貌した。いにしえの霊鷲山の奇蹟が、今、眼前に広がってゆく――。

立ち現れる仏法の世界に感応し、六種に震動する大地。そのとき、龍神(後シテ)たちや護法の神々が、説法の会座へと出現した。龍女は転法輪の聖域を荘厳して舞の袖を翻し、佐保の川面に映る月は大海原をゆく舟のよう。まことに神変不可思議の、奇蹟の夜。

8 ワキは旅の中止を宣言し、後シテは去ってゆきます。(終)

高く天空に飛び翔り、地に蟠って法会の場を荘厳する龍神。三笠の神山には釈尊の生涯が映し出され、その八十年の物語が、次々と眼前に繰り広げられる。

やがて時刻は移り、奇蹟の夜も終わりが近づいてきた。明恵の前に進み出、旅の意思を確認する龍神。この光景を前に、明恵は遂に、旅の中止を宣言する。その言葉を聞くと、龍神は猿沢池の水面を蹴立てつつ、蒼波の底へと帰ってゆくのだった――。

(文:中野顕正  最終更新:2019年04月24日)

 

舞台写真

今後の上演予定

・2019年05月10日 定期公演「春日龍神」シテ:安藤貴康

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約