銕仙会

銕仙会

曲目解説

通小町かよいこまち

人をうらみ、自らを嘆き、さまざまな感情が心中に渦巻きながらも、九十九夜のあいだ女のもとへ通い詰めた男。生きること、恋することの苦悩と、そこに差してきた一縷の光。

作者 原作:多武峰(とうのみね)の説経者(初演は金春権守(こんぱるごんのかみ)
第一次改作:観阿弥
第二次改作:世阿弥
場所 京都郊外 八瀬(やせ)・市原野(いちはらの)
季節
分類 四番目物 執心男物
登場人物
※本来の演出では、下記「3」の場面でツレが自らの正体を仄めかすところに「市原野辺に住む姥ぞ」とあるところから、ツレが最初に登場する場面では老女または中年女性の姿で登場していたと考えられ、いちど中入して、「5」の場面において若い女の姿で再登場したものと考えられています。近年では、この演出を復元する試みもしばしば行われています。
シテ 深草の少将の霊 面:痩男 水衣大口痩男出立(男の亡者の扮装)
ツレ 里の女 実は小野小町の霊 面:小面 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
ワキ 夏安居の僧 着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)

概要

八瀬の山里で修行する僧(ワキ)のもとに、毎日木の実を供えに訪れてくる女(ツレ)がいた。ある日、僧が女の名を尋ねると、女は市原野に住む者の霊と答え、供養を頼んで消え失せる。女は小野小町の幽霊であった。僧が市原野へ出向き、供養していると、小町の霊が現れ弔いに感謝するが、そのとき小町に心を寄せていた深草少将の幽霊(シテ)が現れ、小町の成仏を妨げる。少将は僧に対し、懺悔のために生前の百夜通いの様子を再現して見せ、やがて小町もろともに成仏してゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキが登場し、自己紹介をします。

京都の北、八瀬(やせ)の地。この山里で夏安居(げあんご:夏のあいだ外に出ず庵室に籠もって修行すること)の日々を過ごす、一人の僧(ワキ)がいた。
この僧のもとへ、毎日、木の実や木の枝を供えにやって来る、一人の女がいた。不思議に思った僧は、今日こそ女の名を尋ねようと心に決める。

2 ツレが登場し、木の実づくしの謡をうたいます。

そこへ、例の女(ツレ)が今日もやって来た。八瀬の西方 市原野に住む彼女は、この徳の高い僧に結縁すべく、やって来ていたのであった。
「拾う木の実は何々ぞ。牛車にも似た落椎(おちじい)に、人麿の愛した柿の実や、笹栗・梅・桃・梨の実と、昔恋しい橘よ」 女は、木の実づくしの歌をうたいつつ、木の実を僧に差し上げる。

3 ワキはツレに名を尋ね、ツレは自分の正体を仄めかして消え失せます。

僧は、女の名を尋ねる。女は、「恥ずかしいこと。小野…、いや、おのれの名を明かすことは致しませぬ。市原野に住むこの私の、後世を弔って下され」と言い残すと、姿を消してしまうのであった。

4 ワキは市原野を訪れ、小野小町の霊を弔います。

市原野といえば、このような故事がある。「昔、ある人が市原野を通ったとき、芒(すすき)の中から『目が痛い、目が痛い!』という声が聞こえてきた。見ると、そこには小野小町の髑髏があった。風に揺れる芒が、その髑髏の目の穴に触れていたのであった…。」
さては、先刻の女は小野小町の幽霊だったのか。そう気づいた僧は、小町の霊を弔うべく、市原野へと歩みを進める。

5 ツレが再登場してワキに救済を求めますが、そこにシテが現れ、それを妨げます。

弔いを始めた僧。そこに小町の幽霊(ツレ)が現れ、供養に感謝する。しかしそのとき、背後に男の声がした。「いや、ならぬこと。お坊様、その女に戒を授けてはなりませぬ。小町よ、死してなお私を独り遺そうというのか…。」現れた男の霊(シテ)は、小町の袖にすがりつく。
男は、小町に心を寄せながらも成就することなく亡くなった、深草少将の幽霊であった。

6 シテは、小町のもとへ百夜通いした様子を語り、再現して見せます(〔カケリ〕)。

僧は二人の幽霊に、懺悔のために過去の罪を告白せよと告げる。少将は物語をはじめる。
──「百夜のあいだ通い続けたなら、私と逢ってあげましょう」。その小町の言葉を信じた私は、暁ごとに忍び通っては、榻(しぢ)に印をつけてゆく。「人の見る目も憚られる。変装して来なさい」との小町の言葉に、車も使わず馬にも乗らず、蓑笠を着て杖をつき、雪降る日にも雨の日も、私は通い詰めたのだ…。

7 シテは百夜通いの物語を続け、やがて成仏の道を得て、この能が終わります。

──人間不信に陥り、自分の非力さに憤り、我が心に渦巻くさまざまな感情に苦しみながらも、私は遂に、九十九夜、通い詰めることができたのだ。あと一夜で思いは遂げられる。みすぼらしい蓑笠を脱ぎ捨て、美しい装束をまとって出てゆこう。祝儀の盃はどうしようか。しかし仏の戒めだから、酒は飲まぬことにしよう…。
「その、たった一度戒を守った功徳によって、過去世の多くの罪が消滅したのです」。そう告げると、小町と少将の二人は、ともに成仏していったのだった。

みどころ

本作のツレとして登場する小野小町は、平安時代の女流歌人であり、絶世の美女として知られています。そしてそれゆえ、彼女に思いを寄せる男性も多くありました。
なかでも、後世に説話として生まれ、肥大化していったのが、本作のシテである深草の少将の、悲恋の物語でした。その「百夜通い(ももよがよい)」の物語は、次のようになっています。

──小町に心を寄せる深草少将に対し、小町は「百夜の間、毎晩私の家まで通って来ることができたなら、貴方と契りましょう」と告げる。もとよりこの言葉は、難題を出して諦めさせようとした小町の方便であったのだが、その言葉を信じた深草少将は小町のもとへ毎晩通い詰め、一日に一つずつ、榻(しぢ:牛車を駐めておく際に使う台)に印を付けてゆく。雨の日も雪の日も、少将は通い続けたのだった。ところが、残すところあと一日となった九十九夜目、少将はにわかに発作をおこし、そのまま帰らぬ人となってしまったのであった…。

小町は少将の執心によって、その後も、死後までも苦しみ続けたとされ、美貌ゆえに負わねばならなくなった小町の罪業を説く物語として、この説話は語られています。
この物語を扱った能には、本作のほか〈卒都婆小町〉があります。〈卒都婆小町〉では、百歳になり零落した小野小町に、深草少将の執心が憑依して百夜通いの有り様を再現する、という趣向となっており、老いさらばえた肉体であるがゆえの悲壮さがあります。
それに対し本作では、深草少将自身の霊が現れて百夜通いの昔を再現するのですが、げっそりと痩せ衰えた男の面をかけ、モノトーンな装束を着て登場する少将の姿には、まるで地獄の苦しみを背負っているかのような、ある種の凄みがあり、それが本作の作品世界を作り上げています。
悲恋に死んだ少将と、罪業によって死後も苦しみ続ける小町。暗澹とした苦しみの世界と、そこに差してきた一縷の救いの光が、本作には描かれているのです。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「通小町」(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約