銕仙会

銕仙会

曲目解説

胡蝶こちょう
中国や日本の古典の世界で愛され、描かれてきた、蝶々。ひらひらと羽ばたき、花々の間を優雅に飛びまわる、蝶の可憐な舞い姿。
作者 観世信光
場所 京都 一条大宮
季節
分類 三番目物 精天仙物
登場人物
前シテ 都の女 面:増、若女など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
後シテ 胡蝶の精 面:増、若女など 天人出立(天女、精霊などの扮装)
ワキ 旅の僧 着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)
ワキツレ 旅の僧 着流僧出立
間狂言 都の者 長裃出立(庶民の扮装)

概要

僧侶の一行(ワキ・ワキツレ)が京都 一条大宮に至り、由緒ありげな邸宅で梅の花を観賞していると、一人の女(シテ)が現れ、この梅は貴族たちも賞玩している名木なのだと教える。そして女は、実は自分は胡蝶の精で、法華経の功徳に預かろうとこうして現れたのだと告げ、胡蝶にまつわる様々な故事を語ると、姿を消してしまう。やがて、梅の木の下でまどろんだ僧たちの夢の中に胡蝶の精(後シテ)が現れ、仏法の力によって救われる身となったことを告げると、梅の梢を飛びまわり、優雅に舞い戯れるさまを見せる。

ストーリーと舞台の流れ

0 梅の木を表す作リ物が運び出され、舞台正面に据えられます。

1 ワキ・ワキツレが登場し、自己紹介をします。

初春。冬のあいだに積もった雪は融けはじめ、木々には花が咲きだすころ。京の都はやわらかな日ざしに包まれ、のどかな陽気である。
その都へとやって来た、数人の僧侶たち(ワキ・ワキツレ)。吉野山の奥で隠棲生活を送っていた彼らは、名高き都の花を見ようと、こうして上ってきたのであった。

2 ワキは作リ物に目をとめ、花見をしようと言います。

都 一条大宮に到着した僧たちは、由緒ありげな古い邸宅を目にする。軒の檜皮は苔むし、閑寂たる雰囲気を漂わせている。
僧たちが柴垣の隙間から覗いてみると、寝殿のそばには一本の梅の木が、今を盛りと照り映えていた。僧たちは、梅の花を眺めようと、邸宅の中へと入ってゆく。

3 シテが、ワキに言葉を掛けつつ登場し、二人は言葉を交わします。

「もうし、お坊様がた…」 そのとき、背後から一人の女(シテ)が声をかけた。
「ここは昔から由緒のある古宮で、内裏にも程近かったため、公卿殿上人たちも春になるとこの梅を愛で、詩歌管弦の遊びをするのですよ。心を留めてご覧なさいませ。かく言う私は、名乗るほどの名もなき身。お恥ずかしい限りです…。」

4 シテは、自らの正体が胡蝶(蝶々のこと)であることを明かします。

「実は私は、人間ではありません。花々に思いを寄せ、ひらひらと梢に遊び戯れる身。ですが、ひとつの望みがあります。昔から梅花にだけは縁がなく、それを悲しく思っているのです。お坊様のお力によって、法華経の功徳に預かりたく、こうして現れた次第です…。」

5 シテは胡蝶にまつわる故事を語り(〔クセ〕)、姿を消します(中入)。

――中国の荘子は、蝶になる夢を見て、世の中の不定なさまを悟ったといいます。それは話に聞くのみの、他国の話。わが国では、栄耀栄華を極めた光源氏が、童に胡蝶の舞を舞わせ、愛妻の紫上たちとともに賞玩されました。その折のことが、思い出されます…。

そう語るうち、時刻はうつる。澄んだ月光が差しこむ、古宮の内。女は、「私の本当の姿を、夢の中でお見せしましょう」と語ると、夕暮れの空へと消えていったのだった。

6 間狂言がワキに物語りをし、退場します。

そこへ、この地に住む男が現れ、僧たちに尋ねられるままに光源氏の故事などを語る。先刻の女が胡蝶の精だと確信した一行は、彼女の告げのままに、夢の世界へと入ってゆく…。

7 ワキたちが待っていると後シテが現れ、〔中之舞ちゅうのまい〕を舞います。

月の光に照らされ、透き通るばかりに輝く、梅の花。春の夜の、うたた寝のひととき。
そこに姿を現した、胡蝶の精(後シテ)。「ありがたい法華経の功徳によって、生きとし生けるもの、果ては草木までもが成仏するという。お坊様のおかげで、梅の花への執着も晴れ、こんな人ならざる身の私ですらも、救われることとなりました…。」
胡蝶の精は、梅の梢に戯れかかり、ひらひらと優雅に飛びまわる。

8 シテはさらに舞い戯れ、やがてこの能が終わります。

宮廷の御狩場も程近い、この古宮。王朝の遊びを思わせる、胡蝶の優美な舞い姿。
かくして優雅に遊び戯れ、すっかり楽しみを尽くした胡蝶の精は、森羅万象がそのまま仏の姿であるという法華経の功徳によって、成仏の道へと赴いてゆく。その舞い姿は、さながら歌舞の菩薩のよう。
こうして胡蝶の精は、羽根をひらひらと翻しつつ、春霞に紛れて消えていったのだった。

みどころ

本作は、蝶々が可憐に飛びまわる姿を舞台化した作品です。

本作のタイトルとなっている「胡蝶」とは蝶々のことで、舞楽にも同名の演目があります。舞楽の「胡蝶」は、童舞、すなわち子どもたちによって舞われる舞とされており、四人の子どもたちが背中に蝶々の羽根をあらわす飾りをつけ、可憐に舞うという演目となっています。

この、舞楽の「胡蝶」は、上記「5」で引かれている『源氏物語』の故事にも登場します。『源氏物語』胡蝶の巻によれば、中宮主催の御読経という法要において舞楽の「胡蝶」が舞われた様子が描かれ、法要の優雅なさまが描写されています。またこの場面では、御読経のおりに中宮(秋好中宮。六条御息所の子で、光源氏は彼女の後見役をつとめていた)と紫の上(光源氏の妻)とが交わした、二首の和歌が記されています。

花園の胡蝶をさへや 下草に秋まつむしはうとく見るらむ (紫の上)

胡蝶にも誘はれなまし 心ありて八重山吹やへやまぶきを隔てざりせば (中宮)

この二首の歌も、本作の「5」と「7」の場面に、それぞれ引用されています。

蝶々をめぐる王朝の古典が作中に引き込まれることで、可憐に舞い戯れる蝶々の優雅な姿が印象づけられています。

 

また、「5」の場面では、もうひとつ、中国の古典である『荘子』の故事が引かれています。『荘子』の著者である荘子(荘周)は、古代中国の思想家で、「老荘思想」と並称されるように、老子とともに無為自然を説いた人物であるとされています。

この『荘子』の「斉物篇」という章に書かれた、一般に「胡蝶の夢」と称されるこの故事は、次のような物語となっています。

――私(荘子)は、あるとき夢をみた。その中で、私は蝶になっていた。私は楽しくひらひらと飛びまわり、自分が荘子という人間であることなど、すっかり忘れていた。やがて夢から覚め、自分が荘子であったことに気づいた。しかし、これもまた夢なのかもしれない。本当は人間で、蝶になる夢を見ていたのか。それとも本当は蝶で、人間になった夢を見ているのか。そのどちらであったとて、本質的には変わらないものなのだ…。

この「胡蝶の夢」の故事は、日本では例えば工芸品の意匠に多く用いられるなど、広く愛されていた物語となっています。

本作は、こうした中国や日本の故事が引かれ、さらに室町時代の禅宗のコミュニティ内で漢詩などに詠まれていた「蝶は梅に縁が無く、そのことを嘆いている」というモチーフが取り合わせられる形で、作品が構成されています。こうした故事や表現の定型を重ねてゆくことによって、胡蝶の可憐な舞い姿が印象づけられ、のどかで優雅な雰囲気の舞台となっています。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「胡蝶」(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約