銕仙会

銕仙会

曲目解説

高野物狂こうやものぐるい
神秘的な静寂を保つ高野山。そこで繰り広げられる、恩愛のドラマ。
作者 世阿弥 (〔クリ・サシ・クセ〕は観世元雅)
但し終曲部は江戸時代の改作
場所 前場:常陸国 筑波の里  (現在の茨城県南西部)
後場:紀伊国 高野山金剛峯寺  (現在の和歌山県伊都郡高野町)
季節
分類 四番目物 男物狂物
登場人物
前シテ 高師たかし四郎 直面 素袍裃出立(武士の扮装)
または長袴モギドウ出立(墓参する男の扮装)
後シテ  同 直面 侍烏帽子上頭掛・掛素袍大口出立(男物狂の扮装)
子方 春満丸 児袴出立(稚児の扮装)
ワキ 高野山の僧 着流僧または大口僧出立(僧侶の扮装)
ワキツレ 高野山の僧(2人) 着流僧または大口僧出立
間狂言 四郎の従者 肩衣半袴出立(下級武士の扮装)

概要

常陸国の有力者・平松殿は、その臨終に際し、家臣の高師たかし四郎(前シテ)に我が子・春満丸の養育を託していた。しかし、四郎の留守に春満丸は失踪してしまう。置き手紙を読んだ四郎は、春満を慕って放浪の旅に出るのであった。

高野山に辿り着いた四郎(後シテ)は、僧(ワキ・ワキツレ)に咎められながらも、寂寞の霊地にやって来た法悦にひたって舞い戯れる。そうするうち、四郎は高野山に身を寄せていた春満丸(子方)と再会し、二人は下山して平松の家を再興させるのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 前シテが登場し、自己紹介をします。

常陸国 筑波山の麓。去年亡くなったこの地の有力者・平松殿は、その臨終に際し、家臣の高師たかし四郎に遺言を託していた。その遺言とは、「幼いわが子・春満丸をしっかりとり立てよ」というもの。以来、四郎は昼夜を問わず春満のために尽くしていたのだった。

今日は、その平松殿の月命日。四郎(前シテ)は平松殿の墓に詣で、亡き主君の冥福を一心に祈っている。

2 間狂言が登場して前シテに文を渡し、前シテは文を読みます。

そこにやって来た、四郎の従者(間狂言)。従者は、春満丸が失踪したと報告し、あとに遺されていた置き手紙を渡す。四郎は気が動転しながらも、ひとまず手紙に目を通す。
『私は、出家を決心しました。その功徳によって、亡き両親ばかりか先祖までもが救われるとか。両親亡きあと、親代わりとなって育ててくれた貴方と別れるのは辛いことですが、三年の後には必ず連絡を差し上げましょう。どうか、捜さないで下さい――』。

3 前シテは悲嘆に暮れ、春満丸を慕ってさすらいの旅に出ます(中入)。

「ああ、お恨めしいこと。共に仏門に入ってなりと、どこまでも若君にお供いたしましょうものを! まだうら若き春満さまを失って、私はこれから、どうしたら良いのでしょうか…」。

悲嘆に暮れる四郎。彼は春満丸を慕い、あてもない旅に出てゆくのであった。

4 ワキ・ワキツレが子方を伴って登場し、自己紹介をします。

所はかわって、ここは弘法大師の聖地・高野山。ここに、この程どこからともなく現れた、入門を志願する一人の幼子(子方)がいた。高野山の僧たち(ワキ・ワキツレ)は、出家を熱望する彼を宥めすかし、ひとまず出家前の稚児として面倒を見ることにしていた。
今日は彼の心を慰めるため、山内の三鈷松さんこのまつへと連れてゆくことにした。

5 後シテが登場して〔カケリ〕を舞い、狂乱の態を見せます。

その頃――。上の空で故郷をさまよい出た四郎(後シテ)は、春満丸の形見の手紙を抱きしめ、さすらいの旅を続けていた。山道をかき分ける彼の心には、故郷・筑波山への郷愁がきざす。しかし今、それにもまして心にかかるのは若君のこと。いつか必ず会えると信じ、道なき道をひた登るのであった。

彼が辿り着いたのは、寂寞の霊場・高野山。彼は三鈷松のもとで暫し休息することにした。

6 子方は後シテに気づきますが、一旦は黙っておく事にします。

やって来た四郎を見て驚く幼子。実はこの幼子こそ、四郎が必死に捜し求めていた、春満丸その人であった。

春満は師僧に事情を打ち明ける。僧は名乗り出るよう春満にすすめるが、彼は名乗るに相応しい時機を待つべく、一旦は知らないふりをする。

7 後シテはワキと言葉を交わします。

僧はこの異形の闖入者を見咎めるが、四郎は、弘法大師が高野山へ籠もった“入定にゅうじょう”に自らをなぞらえ、自分もまた世を遁れる身なのだと言う。「若君さまのお供として、私はこれから出家するのです。いま俗体なのは初めて発心した姿。人も仏も実は同じものなのだと、弘法大師ご自身もお示しになっているではありませんか…」。

8 霊地・高野山を讃える謡がうたわれます。(〔クリ・サシ・クセ〕)

――帝都から遠く離れた閑寂の霊地・高野山。峯吹く風、谷に照る月は真理の姿を表わし、遠い未来に再び訪れる仏陀の出現を、静かに待っているよう。ひっそりとした奥の院には鳥の鳴き声がこだまし、散ってゆく花や紅葉までもが、無常の理を体現している。人々を悟りへといざなう読経念仏の声に満たされた、寂寞の霊場なのであった…。

9 後シテは〔中之舞〕を舞い、狂い戯れます。

法悦の思いに感極まった四郎は、歌を謡い、舞を舞い出す。「壇場伽藍だんじょうがらんの春の花。伝法院の月、三宝院の紅葉の秋。奥の院の雪の冬。四季折々の美しい姿を見せる高野山の景色の中にも、常磐の緑をたたえる三鈷松。その松蔭に興じた、物狂いの姿なのです――」。

ふと我に返った四郎。「山内で興じてはならぬという誡めを、うっかり破ってしまいました。ああ、恐れ多いこと…」 四郎はわが身を恥じるのだった。

10 子方は自らの正体を明かして後シテと再会し、この能が終わります。

そのとき、春満丸は四郎を呼び止め、自分の正体を名乗り出る。四郎は春満の袖に取りすがって再会を喜び、共に故郷へ帰るよう説得する。

こうして、平松の家は無事に相続され、子孫に至るまで繁栄したのであった。これというのも、有難い弘法大師のお恵みなのであった――。

みどころ

高野山は、平安時代初期の名僧・空海(弘法大師)が開いた真言密教の霊場で、本作の書かれた室町時代には幅広い階層の人々の信仰を集めていました。その高野山信仰を背景として、本作は成立しました。

弘法大師にまつわる伝説は数多く伝わっていますが、本作に登場する「三鈷の松」もその一つで、これは高野山の開基にまつわる伝説となっています。

中国・唐に留学し、そこで真言密教を学んだ空海は、帰国に際し、「私が唐で学んだ真言の教え、秘密を伝えるのに相応しい地があらば、この三鈷(密教の法具の一つ)よ、そこに到達せよ!」といって日本に向かって三鈷を投げたところ、三鈷は遥か雲の中に飛び入って、東をさして行ってしまったのでした。その三鈷が引っかかったのが、高野山の三鈷の松である…というのが、「三鈷の松」の伝説です。

この伝説をもとに書かれた本作の〔クリ・サシ・クセ〕は、もともとは独立した謡い物として世阿弥の息子の観世元雅が書き上げたものを、世阿弥が本作に取り入れたと考えられています。高野山の静寂にして神秘的な世界を、しっとりと謡いあげています。

本作は、男物狂物とよばれるジャンルに属します。物狂ものぐるいを扱った能の中では、我が子を失った母親が悲しみのあまり物狂となる「狂女物」の能が多く、男性が物狂になる作品はあまり多くありません。しかし、本作のシテ・高師四郎は、亡君・平松殿から春満丸の養育を託されており、春満丸の事実上の育ての親に当たるといえます。我が子同然に大切に育てていた春満丸をさがす放浪の旅を描いたという意味で、本作は狂女物のパターンに非常に近い作品であると言えましょう。

実は、昔の台本では春満丸は既に出家しており、最後には四郎もともに出家して仏道修行に励むという結末になっていました。他流では現在でもそのように演じていますが、観世流では江戸時代中期以降、現行のように春満丸が下山して平松の家を継ぐという結末になっています。

若君を慕う乳人めのとの、主君愛をお楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年3月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約