銕仙会

銕仙会

曲目解説

通盛
みちもり
『通盛はいづくにぞ、など遅なはり給ふぞ』。夫婦の永遠の別れを、無残にも告げる声。
平通盛と小宰相局の夫婦の情愛。戦という運命の渦に巻き込まれた、二人の悲恋の物語。
作者 原作:井阿弥
改作:世阿弥
場所 阿波国鳴門 (現在の徳島県鳴門市)
季節 初秋
分類 二番目物 公達物
「三盛物(さんもりもの)」の一つ(他に〈実盛〉〈盛久〉)
登場人物
前シテ 浦の老人 面:笑尉など 着流尉出立(老翁の扮装)
後シテ 平通盛の霊 面:中将など 修羅物出立(武将の扮装)
ツレ 浦の女
実は小宰相局の霊
面:小面 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装) (※)
ワキ 鳴門の海辺に滞在する僧 着流僧出立(僧侶の扮装)
ワキツレ 同伴の僧 着流僧出立
間狂言 浦の男 肩衣半袴出立(庶民の扮装)
※前場の詞章に「姥も頼もしや」とあることから、世阿弥時代の演出では、ツレは前場では老女の姿で登場し、後場で若い女(小宰相局)の姿となって再登場したものと考えられています。近年では、この演出を再現する試みも行われています。

概要

阿波国鳴門に滞在する僧たち(ワキ・ワキツレ)が平家を弔い法華経を読んでいると、釣舟に乗った老人(シテ)と女(ツレ)が現れた。二人は篝火を僧に貸して読経の手助けをすると、源平の戦いの折にこの浦で亡くなった小宰相局の故事を物語り、海の底に沈んでいった。実は二人こそ、平通盛と小宰相局の夫婦の霊なのであった。僧たちが弔っていると、通盛(後シテ)と局(ツレ)の幽霊が現れ、通盛と局との別れの場面や、通盛の最期の有り様などを再現して見せるのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場し、自己紹介をします。 

鳴門海峡。その昔、源平の合戦では、多くの者たちがこの地で果てていった。その悲しみの記憶は今なお、この浦の海と大地に、刻印されている…。

その浦に滞在して夏安居げあんごの季節を過ごす、僧たちの一団(ワキ・ワキツレ)があった。源平の昔物語を聞き、いたわしく思った彼らは、この浦で亡くなった平家の人々を弔うことを日課としていた。彼らは今日もまた、磯辺に出て経を読もうとしている。

2 シテ・ツレが登場します。 

夕暮れ時、遠山寺の鐘がかすかに聞こえてくる頃。あたかも打ち寄せる波の音に誘われるようにして、沖から一艘の小舟が近づいて来た。舟には、老人(シテ)と女(ツレ)。「昨日も過ぎ今日も暮れ、老い先短いこの身で、いつまで辛い日々が続くのだろう…。おや、風の音にまじって、どこからか読経の声が聞こえる。艪櫂を休め、聴聞することにしよう」

3 ワキはシテ・ツレと言葉を交わします。 

経を読誦する僧の前に現れた釣舟。有難い御経を聴聞しようと、舟は岸まで漕ぎ寄せる。篝火の光で経を読む僧、じっと耳を傾ける老人たち。「弘誓深如海、歴劫不思議…」。罪深い者も救われるという『法華経』の教えに、老人と女はしみじみと感じ入るのであった。

4 シテ・ツレは通盛と小宰相局の故事を物語り、海中に消え失せます(中入)。 

僧は篝火を貸してくれた老人に感謝し、この浦で果てた平家の人々の話を所望する。老人と女は語り始める。「陸を捨て、舟に乗って逃げていった平家。折しもこの地にさしかかった時、小宰相局こざいしょうのつぼねは乳母に言う。『親しい人達は都に留まり、一ノ谷の合戦で夫通盛は討たれた。今は生き延びたとて何になろう』と。局は船端に臨むと、必死で留める乳母の手を振り払い、海に沈んでいった。そう、ちょうどこんな風に…」

そう告げるや否や、なんと女と老人は海へと飛び込み、水底へと沈んでいったのだった。

5 間狂言が登場してワキに物語りをし、退場します。

そこへ、この浦の男(間狂言)が現れた。彼は僧に尋ねられるまま、通盛と小宰相局の馴れ初めから通盛の討死、局の入水に至るまでを物語る。「さては、先刻の二人は通盛と局の夫婦の霊だったのか」。そう確信した僧は、二人の供養を始める。

6 ワキが弔っていると、後シテ・ツレが現れます。

「如我昔所願、今者已満足…」。僧たちは、『法華経』を高らかに読誦し、二人を弔う。
やがて、読経の声に引かれ、在りし日の姿の局(ツレ)と、鎧兜に身を包んだ平通盛(後シテ)の幽霊が現れた。通盛の霊がいま再び語り始める、源平の戦いの記憶…。

7 シテは、小宰相局との別れの場面を物語ります(〔サシ・クセ〕)。

――生田の合戦が間近に迫った日、私は忍んで陣に帰り、局に語りかけた。「戦は早くも明日となった。そなたは、私以外に頼みとする者のない身。私が戦死したならば、都へ帰り、後世を弔っておくれ」と。別れの盃を交わし、うたた寝の床で睦まじく語らうひととき。しかしそこに聞こえてきた、弟教経の呼ばわる声。『兄上はどこにいる、もはや戦の刻限ですぞ』という声に、私は後ろ髪を引かれながら、戦場へと向かったのだった…。

8 シテは、〔カケリ〕を舞い、自らの最期を語ります。

――合戦も半ばを過ぎ、経正や忠度も討たれたとの知らせが入る。私も名ある侍と組んで討死しようと思っていると、近江国の住人 木村重章が馳せ駆けて来た。私は木村の兜を太刀で討つと、相手と刺し違えて最期を遂げ、ともに修羅道へと堕ちていったのだった…。

9 シテは経の功徳によって成仏を遂げ、この能が終わります。

――合戦も半ばを過ぎ、経正や忠度も討たれたとの知らせが入る。私も名ある侍と組んで討死しようと思っていると、近江国の住人 木村重章が馳せ駆けて来た。私は木村の兜を太刀で討つと、相手と刺し違えて最期を遂げ、ともに修羅道へと堕ちていったのだった…。

みどころ

本作は、『平家物語』に載せられている、平通盛と小宰相局の悲劇の物語を描いた能です。

本作は、古くからあった能を世阿弥が改作したものであることが、世阿弥の伝書から知られています。古い時代の能には、シテ・ツレが男女のペアとして登場し、二人の間の恋物語や事件などを語るという類型があったことが知られています(〈通小町〉〈船橋〉など)が、本作もまた、その類型に洩れません。通常の、平家の武将を描いた能(「修羅能」といいます)でしたら、主人公となる武将一人が登場し、ワキなどに対して自分の最期の有り様や現世の思い出について語るのですが、本作では平通盛と並んで小宰相局も登場し、二人の間の物語として描かれているという点に特徴があります。

そして、形式面だけではなく内容的にも、夫婦二人がともに登場するからこそ生まれる魅力があります。
上記「7」で、平通盛が密かに陣へ戻り小宰相局と語らう〔クセ〕の場面では、シテとツレとが対面して座り、夫婦の情愛がしっとりと謡い上げられてゆきます。ところが、〔クセ〕の途中で弟の能登守教経が呼びに来る場面からは雰囲気がガラリと変わり、出陣に向けて急かされる中で、通盛は出陣してゆくのです。〔クセ〕の前半と後半とで大きく雰囲気が変わることで、後ろ髪を引かれる思いをしながら最期の場へと出て行った通盛の思いが、より印象的なものとなるのであり、それだけに、シテとツレとが対面して睦まじく語らう〔クセ〕前半部分の場面は、いっそう哀れなものとして印象づけられるのです。

本作の典拠となっている『平家物語』は、さまざま場面・主題が組み合わされてひとつの作品を構成しています。たとえば、有名な冒頭部の「祇園精舎の鐘の声…」と世の無常を歌い上げる場面や、勇ましい合戦の場面などが思い浮かびましょう。それとともに、本作に描かれている小宰相局のエピソードや、高倉天皇に愛された小督局(こごうのつぼね)のエピソード(能〈小督〉の典拠)などでは、男女の恋の物語が描かれています。戦争というテーマに一見似つかわしくない、恋物語。しかし、時代を突き動かす運命の渦に、これらの恋もまた絡めとられ、巻き込まれていってしまうのであり、それだけに一層、彼らの恋心は切なく、哀れに印象づけられているのでした。

夫婦の情愛をしっとりと謡い上げた本作。それは、強大な運命を前に儚く果てた、通盛夫婦への鎮魂歌なのでありました。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約