銕仙会

銕仙会

曲目解説

盛久 (もりひさ)
 

作者  観世元雅
素材  『平家物語』長門本、観音菩薩の利生説話
場所  都から東海道の道筋、鎌倉、由比ヶ浜、源頼朝の御所
季節  春
分類  四番目物 直垂舞物

 
登場人物

シテ  盛久  (大口モギドウ出立。後半は掛直垂大口出立
ワキ  土屋三郎  (直垂大口出立)
ワキツレ  太刀取  (梨子打側次大口出立)
ワキツレ(二人)  輿舁  (大口モギドウ出立)
アイ  土屋の従者  (肩衣半袴出立)

 
あらすじ
源氏に捕らえられた平家の侍主馬判官盛久は、土屋によって都から鎌倉へ護送されることになる。盛久は道の途中で土屋に頼み、日頃から信仰する清水寺へ立ち寄ってもらい観音に祈念する。盛久を乗せた輿は東海道を下り鎌倉へ到着する。処刑の前夜、盛久は観音経を読誦し霊夢をみる。そして由比が浜で処刑の時、太刀取の振り上げた太刀は観音経にある言葉のように二つに折れてしまう。頼朝の前に召し出された盛久が清水観音の霊夢の内容を語ると、頼朝も同じ霊夢をみたことがわかる。それによって盛久は命を許され、酒宴で舞を舞い、頼朝の前を退出する。
 
舞台展開

  1. 盛久が土屋に信仰する清水寺に立ち寄ることを願い出る。
  2. 盛久は清水観音に祈る。輿は都を出発し、東海道の名所を次々と過ぎて鎌倉に到着する。
  3. 盛久は死を前にした心境を述べ、覚悟を決める。
  4. 土屋が翌日の処刑を告げると、盛久は観音経を読み上げ霊夢をみる。
  5. 盛久は由比が浜の刑場へ護送される。
  6. 処刑の太刀が観音の功徳によって折れる。この奇跡が頼朝の耳に入り、盛久は頼朝の前に召されることになる。
  7. 土屋の従者が観音の奇跡について語り、頼朝の召し出しを伝える。
  8. 盛久は夢の内容を頼朝の前で詳しく語る。
  9. 頼朝も盛久と同じ夢をみたことがわかり、命を許される。酒宴となり、頼朝の所望で盛久は舞を舞う。
  10. 酒宴の半ば、盛久は御前を退出する。

 
ここに注目
主人公である盛久の心の動きに注目することができる。死を前に超然とした心境と覚悟が、観音への信仰心とともに描かれている。後半は一転して、生の喜びが舞によって表現される。
都から鎌倉までの道のりの謡は、海道の地名や歌枕と盛久の嘆きが重なりあった聞きどころである。
 
(文・中司由起子)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約