銕仙会

銕仙会

曲目解説

小塩おしお
夢とも現(うつつ)とも分かぬ、春の宵。やわらかな月の光に包まれた、幻想的な空間で明かされる、昔の淡い恋の物語。
作者 金春禅竹か
場所 京都 大原山
季節 晩春
分類 三番目物 美男物
登場人物
前シテ 老人 面:笑尉など 着流尉出立(老人の扮装)
後シテ 在原業平の霊 面:中将など 初冠狩衣指貫出立(貴公子の扮装)
ワキ 都の男 素袍上下出立(庶民の扮装)
ワキツレ 都の男(二人) 素袍上下出立
間狂言 里人 長裃出立(庶民の扮装)

概要

都の男たち(ワキ・ワキツレ)が大原山へ花見に行くと、一人の老人(シテ)が現れ、いにしえこの地に后の行幸があり、在原業平がそれに供奉して歌を詠んだという故事を語り、姿を消す。実は老人は業平の幽霊であった。夜、男たちの前に業平の幽霊(後シテ)が在りし日の姿で現れ、后への淡い恋を思い出し、大原野行幸の昔を懐かしんで舞を舞う。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場します。

おだやかな春のある日。山々にかかる雲までもが、満開の桜の色に映じて美しく染め上げられている。京都の北方 大原山は、今が花のまっさかり。今日も花を眺めに、都人たち(ワキ・ワキツレ)がやって来た。

2 シテが登場し、ワキと言葉を交わします。

春のうららかな日ざしに照らされ、四方の山々は一段と匂い満ちている。そんな長閑な陽気の中、一人の老人(シテ)が大原山に登ってきた。桜の枝を肩にかたげ、しゃれた趣のあるこの老人。都の男が声をかけると、老人は「情趣も知らぬ樵夫の身で、分不相応の花好きよと、お笑いなさるかのう」と冗談を言い、「本当にこの大原の花盛り、神代のことも思い出されますな…」とつぶやく。

3 シテはいにしえの大原野の花見の故事を語ります。

都人は、「神代も思い出される」という今の言葉を不審に思い、老人に尋ねる。老人はその故事を語って聞かせる。
──昔、帝のお后がこの大原野へ花見にお越しになった時、在原業平もそれにお供してきておったが、后に思いを寄せていた昔の淡い恋を懐かしみ、その昔のことを「神代の事」になぞらえて歌を詠んだのじゃった。これも昔男の物語、今は嘆いても甲斐無きことよ…。

4 シテは自分の正体を仄めかして消えてゆきます(中入)。

風流心ありげな老人の言葉。うららかな春の日、満開の桜に包まれて、気分もすっかり上機嫌に。めぐる盃に人々は和み、天までもが花に酔っているよう。時刻も移り、夕霞が紅色に染まる頃…、老人の姿はおぼろげになり、やがて消えてしまった。

5 間狂言がワキに物語りをし、退場します。

そこへ、この土地の男(間狂言)が現れ、尋ねられるままにいにしえの大原野の花見と業平の詠歌の故事を語る。先刻の老人が業平の霊だと確信した一行は、さらなる奇跡を見るべく、今夜はここに留まる。

6 ワキが待っていると、後シテが現れます。

夜、満開の花の下。都人たちの眼前に現れたのは、みやびやかな男性(後シテ)の姿であった。「神代の物語、昔の姿をあらわすため、今こうしてやって来たのだ…」 月明かりに照らされた、その高貴な男性こそ、在原業平の幽霊であった。

7 シテは懐旧の言葉を述べつつ舞を舞います(〔クセ〕)。

月下の桜を眺めつつ、業平は懐旧の思いに浸る…。
──心に秘めた私の思い。しかしそれは、歌物語となって洩れ出てしまう。かつて后を盗み出したとき、「武蔵野は今日はな焼きそ若草のつまも籠もれり我もこもれり」と詠んだ、あの昔。あのときのことが、忘れられようものか。「昔男」と呼ばれたこの私の、それは昔の物語…。

8 シテは〔序之舞〕を舞い、やがて消えてゆき、この能が終わります。

「あれは、遠い昔になってしまった。しかしここに咲く花たちも、忘れてはいまい。お后の行幸の、あの晴れの日を…。」
時刻は移り、風が吹きすさぶ。人々はまどろみ、花びらは散り乱れる。そんな内に業平の姿は消えてゆき…、あとには曙の空が、花に映じているばかりであった。

みどころ

本作典拠になっている『伊勢物語』第76段には、次のような話が載せられています。
――二条の后(清和天皇の后で陽成天皇の母・藤原高子)が、氏神である春日明神を勧請した京都の大原野神社に参詣した折。お供として来ていたひとりの老翁が

大原や小塩の山も今日こそは神代のことも思ひ出づらめ

と詠んだ。翁は心の中に、深い嘆きの感情を抱いていたのであろうか。詳しい事は分からない。

この「大原や…」の歌は、表向きには、次のような意味となっています。すなわち、大原野神社に祀られる春日明神が、その子孫・藤原氏による天皇家守護を天照大神に対して約束したという神代の昔の物語をふまえ、「藤原氏出身で天皇家に嫁ぎ男子を産んだ二条后の参詣を受けて、神様も、藤原氏が天皇家を支えてゆくべしと約束した神代のことを思い出しなさっているだろう」というのが、表向きの意味となっています。
しかし、それとは別の意味も、この歌には込められていると考えられていました。この能の成立した中世には、この歌を詠んだ老翁とは在原業平のことであると考えられていましたが、若いころ二条の后と心を通わせていた業平が、その淡い恋の昔を「神代の昔」になぞらえて、「むかしの、若い頃愛し合っていたことが思い出されますね」と詠みかけたという裏の意味が、この歌には籠められていると考えられていました。いまでは天皇の后となり、手の届かない遠くへ行ってしまった、二条の后。その后との叶わなかった恋への懐旧が、この歌にはあらわれていると考えられていたのです。
なお、業平と二条の后との恋を扱った能には他に〈雲林院〉があります。
夢とも現(うつつ)とも分かぬ、幻想的な空間を舞台に明かされる、昔の淡い恋の物語を、お楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約