銕仙会

銕仙会

曲目解説

西行桜 (さいぎょうざくら)

 
作者 世阿弥
素材 西行の詠んだ和歌など
場所 都の下京あたり→都の西山、西行の庵
季節 春
分類 三番目物・老精物・太鼓物
 

登場人物
シテ 老桜の精 皺尉・風折狩衣大口出立
ワキ 西行法師 大口僧出立
ワキツレ 花見の人々 素袍上下出立
アイ 西行の庵の能力[のうりき](寺社などで雑用仕事をする男) 能力出立

 

あらすじ

 都の男たちが、西山の西行の庵に花見へやって来ます。西行は花見を禁止にしていたのに、多くの人を庵室に迎えることになったので、桜のために静かな暮らしを乱されたと歌を詠みます。夜、西行の夢に老桜の精が現れ、桜に咎はないと述べ、都の桜の名所を挙げ、静かに舞を舞います。春の夜のひとときを惜しむと、やがて夜明けと共に消え失せてしまいました。
 

舞台の流れ
  1. 囃子方が橋掛リから能舞台に登場し、地謡は切戸口から登場して、それぞれ所定の位置に座ります。
  2. 後見が作リ物(桜の花の枝を挿した山の舞台装置)を大鼓と小鼓の前に置きます。
    ワキの西行法師とアイの能力が舞台に現れ、西行は床几に腰を掛けます。
    ここは西山にある西行の庵です。
    西行は能力を呼び出し、今年はこの庵室での花見は禁止すると人々に知らせるように命じました。
  3. 「次第」の囃子に合わせて、都の住む男たち(ワキツレ)が舞台に登場します。
    男たちは、昨日は東山の地主の桜の花見をしたと言い、今日は西山の西行の庵の花が盛りであると聞いたので、花見の人を誘い合わせて、西行の庵室に行くことにします。
    鶯囀る弥生の空。
    一行は花やいだ浮き浮きとした気分で西山へ向かって行きます。
  4. 庵に着いた男たちが案内を乞うと、能力が、花見は禁止されていますが、はるばるお出でくださったので、西行のご機嫌を見て申し上げましょうと述べます。
  5. 庵では西行が一人、花を眺めつつ草や木、風や水といった自然も仏法と縁があるのだなと物思いにふけり、四季の中でも素晴らしいのは、花の春と実のなる秋だと思い、風情ある眺めを楽しんでいます。
  6. そこへ能力が声をかけ、花見の人々がやって来たことを伝えます。
    西行は、この花のために隠れ家を知られてしまったと思いますが、はるばる訪ねて来た志に答えようと、柴垣の戸を開いて、内へ入れるように命じます。
  7. 都の男たちは喜んで次々と庵に入り、桜を眺めます。
    貴賤を問わず人々が集まり、昔の春のような賑やかさ。
    西行は、花のためには隠れ住むこともできず、いくら世を捨てた出家の身でも、この世のほかに住む所はないと嘆くのでした。
    西行は一人で桜の木と向き合っていたかったのです。
    花見の友は少し心外ですと男たちに述べ、和歌を詠じます。
    「花見んと群れつつ人の来るのみぞ、あたら桜の咎にはありける」
    やがて桜に陰ができ、月の夜となりました。
    今宵は花の下で眠って、夜すがら花を眺めることにしました。
    (ワキツレは切戸口から退場します。)
  8. 作リ物の中で老桜の精(シテ)が謡い始めます。
    西行の夢に、白髪の老桜の精が庵の桜の木の洞から現れ、先ほど西行が詠じた歌を口ずさんでいます。
    桜の精は、その歌に詠まれた「桜の咎」とは何でしょうかと西行に問います。
    西行は、ただ憂き世を厭い、山に住んでいるのにさまざまな人が集ってくるのが厭わしいと思ったのを詠んだだけのことですと弁解します。
    精は、憂き世と見るのも世間を離れた山と見るのも、ただその人の心次第であって、花には、人の世の憂き世は関係ないので、罪はないのですと訴えます。
    西行はその道理に納得し、花も少なく枝も朽ちた老桜の精が、「あたら桜の咎」がないことを申し開きに現れたのだと知りました。
  9. 精は都の桜の名所を次々と謡い込みながら語り舞います(クリ・サシ・クセ)。
    九重の都に咲く八重桜は、どれほどの春を重ねてきたのでしょう。
    花の中でも名高いのは、まずは初花を急いで咲く近衛殿の糸桜。
    見渡すと柳と桜を混ぜ合わせて、都は春の錦のように燦爛[さんらん]と輝いています。
    千本[ちもと]の桜を植えてある千本通りは、花の雲の道のよう。散り落ちた花は雪なのでしょうか。
    毘沙門堂の花盛り。天上世界の素晴らしさもこれには敵いません。
    黒谷、また下河原の桜。
    昔、遍昭僧正が憂き世を避けて住んだ華頂山。
    霊鷲山(比叡山)の花の色。鶴の林(双林寺)の桜を眺めると釈迦が霊鷲山で説法をしたことや、釈迦の娑羅双林での入滅が偲ばれます。
    清水寺の地主の桜。松風の音が響く音羽山。
    ここはまた西の嵐山。
    戸無瀬に落ちる滝の波にも、花が多く散り浮いて大井川の堰に雪のように花が掛かることでしょう。
  10. ああ、時を告げる鼓に、後夜の鐘が響きを添えています。
    名残惜しいこと。得がたいのは時、逢いがたいのは友。
    春の宵のひとときは千金にも値します。花に清香、月に陰のひととき。
    老桜の精は桜の下で、静かに舞いました(序ノ舞)。
    次第に花の陰から夜が明け始めます。
    精は暁を告げる鐘を待たないで、別れることはありませんねと述べ、
  11. もう少しお待ちなさい、夜はまだ深いのです。
    白々としているのは、夜明けではなく花の陰ですよと精が言ううちに、夜桜の花の下での夢は覚めてしまいました。
    夜の嵐で散り敷かれた落花が雪のようです。
    春の夜が明けると、老人の姿はなく、辺りはひっそりと静まりかえっているばかりでした。
  12. シテが橋掛リから揚げ幕へ退場し、ワキがその後に続き、後見が作リ物を幕へ運び入れます。最後に囃子方が幕へ入り、地謡は切戸から退いて能が終わります。

 

ここに注目

 大勢の花見客と一人過ごす西行、昼間の賑わいと夜の静けさ、若と老、動と静など対応する要素が数多く見える作品です。クセでは、都の桜の華麗な美しさが次々と視点が移り変わるようにピックアップされていき、一方、西行庵の老木の桜の閑寂とした美しさは、静かに舞われる序ノ舞で表現されます。
 老桜の精が現れたのは西行の歌への反論のためですが、歌の誤解が解けた後は、精と西行は過ぎ行く春を惜しむ心を共有し、一体化したかのような趣さえあります。
 世阿弥は『申楽談儀』の中で「西行・阿古屋の松、大かた似たる能也。かかる能書く者やあるまじき」と自ら評しています。この「西行」を本曲ではなく、〈実方〉(廃絶)という作品と考える説もあります。
 
 
(文:中司由起子)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約