銕仙会

銕仙会

曲目解説

千手せんじゅ

重い罪を背負った重衡の前に現れた、千手の前。二人が心通わせるのも束の間、夜明けとともに、別れの刻はやって来るのであった…。

別名 《千寿》と表記する流派あり(読みは同じく「せんじゅ」)
古称《千手重衡せんじゅしげひら
作者 金春禅竹
場所 相模国さがみのくに鎌倉 狩野介宗茂の館  (現在の神奈川県鎌倉市)
季節 晩春
分類 三番目物 現在鬘物
登場人物
シテ 遊女・千手前せんじゅのまえ 面:若女など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
ツレ 平重衡たいらのしげひら 直面 大口モギドウ出立(囚人の扮装)
ワキ 狩野介かののすけ宗茂むねもち 直垂上下出立(武士の扮装)

概要

一ノ谷合戦で捕虜となり、鎌倉の狩野介宗茂(ワキ)の館に拘留されていた平重衡(ツレ)のもとに、今日もまた、彼の世話をするよう源頼朝から命じられた遊女・千手前せんじゅのまえ(シテ)が訪れる。昔の栄華とはうって変わっての今の境遇を嘆く重衡に、千手は懸命に寄り添い、慰めの言葉をかける。やがて宗茂の計らいで酒宴が始まり、千手は重衡の後生善処を願って朗詠を謡い、舞を舞って彼の心を慰める。二人が心通わせる束の間のひとときであったが、短か夜の明けるのを合図に、重衡は都へと呼び戻され、二人は今生の別れとなるのであった。

ストーリーと舞台の流れ

0 ツレがワキに伴われて音もなく登場し、最初からその場にいるていで舞台に座ります。

1 ワキが自己紹介をします。

源平の内乱のさなか。かつては平家の中枢の一人であった平重衡しげひらは、去る一ノ谷合戦で捕虜となり、鎌倉に拘留されていた。源頼朝は家臣の狩野介かののすけ宗茂むねもちに命じて彼を丁重にもてなさせ、さらに彼の世話をさせるべく、千手前せんじゅのまえという遊女を遣わしていた――。
そんなある日。物寂しい雨の中、宗茂(ワキ)は重衡の心を慰めようと、酒宴の準備をはじめていた。

2 シテが登場します。

そこへ、千手前(シテ)が今日もまたやって来た。「栄枯盛衰は世の理。栄華の昔にひきかえ、今は寄る辺なき境遇の、重衡さまの哀れな御身の上。しとしとと降る今日の雨は、そんなあの方の涙かしら。ひっそりとした夕暮れの風情に、心の花もわが袖も、ともに萎れてゆくのですね…」。

宗茂の館に到着した千手は、案内を請う。

3 ツレは愁嘆の言葉を述べます。

その頃。館の中では重衡(ツレ)が、雨の風情を眺めては、ひとり物思いに沈んでいた。「昔、唐土の蘇武そぶは囚われの身となり、艱難辛苦の日々を過ごしたが、やがては旧里への帰還を果たすことが出来た。それに引き換えこの私は、今日が最期となるかもしれぬ。ああ、この世とは何と儚いこと…」。

4 シテはツレのもとへと通されます。

そこへ千手来訪の報せが届くが、物思いに沈む重衡は、今日は会いたくないと返答する。

ところが、今日千手がやって来たのは、頼朝の命によるものであった。重衡を慰めるべく琵琶と琴を持参した彼女を、宗茂は館の内に入れてやる。

通された千手の目に映る、匂いやかなまでの重衡の佇まい。遙か東国へと遷されてなお消えることなき、風情ある都人の面影なのであった。

5 シテはツレと言葉を交わします。

かねて出家の望みを頼朝に伝えていた重衡。しかし、千手の懇ろな口添えも空しく、その返答は「朝敵たる重衡を独断で出家させることはできない」というものであった。

重衡は嘆く。「合戦で死におくれ、こうして生き恥をさらすのも前世の報い。それにもまして、大仏を焼き、人命を奪った現世の罪の情けないことよ…」 身の果てを嘆く重衡と、それを懸命に慰める千手。重衡は今の境遇を嘆きつつ、千手を心の支えとするのであった。

6 酒宴がはじまり、シテは〔イロエ〕を舞います。

やがて、酒宴の支度を調えた宗茂が、二人の前に酒を運んでくる。酌をする千手と、それを受ける重衡。心と心の通いあう、束の間のひとときであった。

千手の吟じる、朗詠の謡。もはや現世に望みはないと述べる重衡のために、千手は彼の後生善処を願って謡うのであった。『限りなき罪を犯した者も、弥陀は浄土へ迎える』――。

7 シテは重衡の半生をふり返りつつ舞い(〔クセ〕)、さらに〔序之舞〕を舞います。

――平清盛の子と生まれ、父母に深く愛されていた重衡。しかしその彼も、平家の運命に巻き込まれてゆく。遁れるすべもなく、合戦で生け捕りにされた彼は、死に損ないの身のままこの鎌倉へ。そんな絶望の淵にいた彼に、昔の人間らしい心を取り戻させたのこそ、千手との出会いであった。彼を慰める千手の姿、それはまるで、四面楚歌のなか項羽に従い続けた虞美人のよう。重衡の心に寄り添い続ける、千手の舞い姿なのであった…。

8 やがて酒宴も終わり、シテとツレが今生の別れをして、この能が終わります。

少し心の晴れた重衡は、琵琶を引き寄せ、奏で始める。千手もそれに和して琴を弾く。二人の奏でる音楽の調べも心地よい、春の短か夜。しかし、そんな夜もほのぼのと明けてゆき、束の間のうたた寝も終わりを迎えてしまうのだった。

重衡は勅命により、再び都へと遷されることとなった。去りゆく重衡、見送る千手。見るも哀れの別れであった…。

小書解説

郢曲之舞えいきょくのまい

この小書がつくと、上記「7」のうち千手が重衡の半生を振り返って舞う〔クリ・サシ・クセ〕の場面が省略され、その後に舞われる舞も〔序之舞〕から〔イロエ掛リ中之舞〕に変更されます。舞の途中にはシテが橋掛リで静かに泣く演技が入り、重衡の悲しみを分かち合う千手の姿が強調されます。また上記「2」の場面も省略され、ツレの独白(「3」)のあいだにシテが登場するという流れになります。シテの華麗さを抑制し、そのぶんツレの愁嘆が強調される演出となっています。

またこれに伴い、ツレの履く袴も大口おおくちから指貫さしぬきに変更されるなど、ツレの役が重くなり、千手と重衡とが両ジテ的な扱いを受けます。

みどころ

平重衡は、平清盛の五男として生まれ(清盛の末子とする本作の記述は史実と異なる)、父母の寵愛を受け、平家の中枢として活躍した人物です。

治承四年(1180)、以仁王と源頼政の挙兵によって源平の合戦が始まると、平家方はこの二人を滅ぼした後、彼らに味方した南都(奈良)の寺院を攻撃しますが、その総大将となったのがこの重衡でした。このとき重衡は、東大寺の北方にあった奈良坂に陣を置いていましたが、運命のいたずらか、折からの強風で陣営の松明が引火し、東大寺・興福寺がほぼ全焼してしまったのです。当時、「仏法」と「王法」は車の両輪のようなもので、仏教が廃れれば日本国もまた荒廃すると考えられていたため、日本の仏教の中心ともいうべき奈良の大仏が焼け失せてしまったことは、非常にショッキングな事件でありました。この大仏焼失が日本衰退のはじまりであり、平家の運命が尽きてゆくもとになったと、『平家物語』は説きます。清盛の死も、大仏の祟りによるものでした。

重衡は、この消せない罪を背負いつつ、儚くも運命に翻弄される人物として、本作に登場するのです。

本作の舞台となっているのは、一の谷の合戦に敗れて平家の命運も風前の灯火となり、重衡は囚われの身として鎌倉に護送されることとなった、元暦元年(1184)。かくも重い罪を犯してしまった重衡の心を慰めるため遣わされたのが、本作のシテ・千手の前でした。

彼女は、運命に翻弄されてきた重衡の半生を〔クセ〕に舞い、「十悪と雖も引摂(いんじょう)す」と吟ずるなど、黒く重い罪を背負った重衡にとっての、希望の光となる女性として描かれています。歴史書『吾妻鏡』によれば、さらに雅楽の「五常楽(ごじょうらく)」(音が「後生楽」に通じる)や「皇?(おうじょう)」(音が「往生」に通じる)を演奏したとあり、やはり重衡に救いの光を与える女性とされています。

しかし、その千手との交流も、また一時のことでありました。重衡の処刑は遁れがたい運命であり、夜明けとともに、その時はやって来るのです。

『平家物語』では、重衡は千手に手を触れることは遂に無かったとされていますが、本作では「琴を枕の短夜のうたた寝」「はや後朝(きぬぎぬ)に引き離るる」などの表現に、二人の関係を匂わせています。極限状態の中にあって唯一心の支えであった、愛する女性。それゆえに、千手との別れは一層哀れなのでありました。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

今後の上演予定

(最終更新:2017年3月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約