銕仙会

銕仙会

曲目解説

殺生石せっしょうせき

妖艶な美女は、世界を揺るがす大妖怪の化身であった。巨石の中から現れた眼光凄まじい妖怪は、国家滅亡の危機をもたらした昔物語を始める…。

作者 不詳
場所 下野国 那須野(なすの) 現在の栃木県那須町
季節 晩秋
分類 五番目物
登場人物
前シテ 里の女 面:増など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
後シテ 野干(狐)の妖怪 面:小飛出など 小飛出出立(獣の扮装)
ワキ 玄翁和尚 沙門帽子僧出立(高僧の扮装)
間狂言 下働きの僧 能力出立(下級の坊主の扮装)

概要

曹洞宗の高僧である玄翁(ワキ)が那須野を通りかかると、ある巨石の上で空飛ぶ鳥が落ちてしまうのを目撃する。そこへ里の女(シテ)が現れ、その石は殺生石といって近づく者の命を奪うのだと言い、いにしえ女官に化けて帝を悩ませた玉藻前という妖怪の執心が凝り固まったものだと教える。女は、実は自分こそその執心だと言うと、石の陰に姿を消す。玄翁が殺生石に引導を授けると、石は二つに割れて中から狐の姿をした妖怪(後シテ)が姿をあらわし、朝廷の追討を受けて命を落とした過去を物語り、玄翁の弔いに回心したことを告げ、消え去ってゆく。

ストーリーと舞台の流れ

0 舞台中央に、巨石の作リ物(大道具)が運び出されます。

1 ワキ・間狂言が登場し、空を飛んでいた鳥が落ちるのを目撃します。

晩秋の冷たい風が吹き抜ける、下野国 那須野。この地を通りかかる、一人の高僧(ワキ)がいた。彼の名は玄翁(げんのう)和尚。彼は修行のため、京都へ赴くところであった。
その時、下働きの僧(間狂言)が和尚に声をかけた。なんでも、空を飛んでいた鳥が、ある石の上で急に落ちてしまったのだという。不思議に思った和尚は、石に近づこうとする。

2 シテがワキに言葉をかけつつ登場し、石に近づいてはならぬと言います。

「待ちなさい。石に近づいてはなりませぬ。」そのとき、和尚の背後から里の女(シテ)が呼び止めた。「その石は那須野の殺生石といって、人間はもとより鳥や獣にいたるまで、触れた者には命がないぞよ。むかし鳥羽院に仕えた玉藻前(たまものまえ)という女官の執心が凝り固まって、今なお往来の人にあだをなす、それはそれは恐ろしい石…。」

3 シテは玉藻前の故事を物語ります(〔クリ・サシ・クセ〕)。

──玉藻前は、美貌と才能によって帝のご寵愛を受けていた。ある秋の末、管絃の御遊の折。宵の空には黒雲が垂れ込め、突然吹いてきた風によって、御殿の灯火が消えてしまった。その時、彼女の体から光が放たれ、御殿は白銀に輝きわたる。それ以来、ご病気になった帝。陰陽師に占わせると、何と玉藻前のしわざであった。彼女は、朝廷を滅ぼすべく魔が化けたものだったのだ。朝廷は彼女を調伏し、その執心がこの石となったのである…。

4 シテは自らの正体を明かして作リ物の中に消え失せます(中入)。

あまりに詳しい女の語りに、和尚は不思議に思う。女は告げる。「実は自分こそ、いにしえの玉藻前、いまは殺生石の石魂なのじゃ。夜にならば、懺悔に姿を現しましょう。夕闇の空に灯火のようなものが見えたら、それこそは我が姿。恐れることなく、お待ちくだされ…。」 そう言うと、女は石のかげに隠れてしまうのだった。

5 間狂言がワキに物語りをします。

玄翁は下働きの僧を呼び出し、昔の玉藻前について知っていることはないかと尋ねる。下働きの僧は玉藻前の故事を語り、玄翁は先刻の女こそその執心であったのかと確信する。

6 ワキが祈っていると巨石の作リ物が二つに割れ、中から後シテが現れます。

玄翁は、殺生石の石魂を鎮めて成仏させるべく、引導を授ける法事をはじめる。
すると、地響きとともに石は真っ二つに割れ、中から狐の姿をした恐ろしい化け物(後シテ)が現れた。化け物は語りはじめる。「インドや中国で王を誑かし、国を傾けさせた私は、次なる標的を日本に定め、鳥羽院に近づき玉体を悩ませることに成功したのだった…。」

7 シテは、自らが朝廷に調伏され討ち取られた有り様を語り、玄翁の弔いに回心して、この能が終わります。

──ところが陰陽師に調伏された私は、御所を逃げ出し海山を越え、この野に潜んだ。帝は三浦介・上総介の二人の武士に、妖怪退治の勅命を出す。二人は、犬を射る練習を重ねて狐退治の訓練をすると、数万の兵を率いて那須野を取り囲んだ。矢を射かけられた私はそのまま死んでしまったが、その悪心は殺生石となり、今なお人の命を奪っているのだ…。
「しかし、和尚の引導を授かった今、二度と悪事をなすことは致しません」。そう言うと、化け物は消え失せたのであった。

みどころ

本作では、鳥羽院を苦しめた玉藻前(妖怪 九尾の狐)の故事が描かれています。
後シテが登場する場面で述べられることによれば、この妖怪は、インドでは班足太子(はんぞくたいし)に命じて千人の王を殺させた塚の神であり、また中国では周王朝の幽王を誑かして国を傾けさせた后 褒姒(ほうじ)であるといい、その妖怪が日本へ渡ってきたのが、この玉藻前であるといいます。能楽の成立した中世の世界観では、天竺(インド)・震旦(中国)・本朝(日本)の三国によってこの世界は構成されていると考えられており、まさしく全世界を股にかけて人々を恐怖に陥れる妖怪として、この玉藻前(九尾の狐)は造形されていると言えましょう。
その妖怪の執心が凝り固まった那須野の殺生石も、高僧・玄翁の祈祷によって打ち砕かれることとなります。先端がとがっていない金づちのことを「げんのう(玄能/玄翁)」と言いますが、それは本作で玄翁和尚が巨石を打ち砕いたところから「石を砕くもの」という意味で命名されたものであり、それだけ本作は人口に膾炙したものであったと言えましょう。
その巨石が打ち砕かれるシーンは、舞台上では石の作リ物(大道具)が二つに割れることで表現されます。この巨石が割れる演出は、本作のほか〈一角仙人〉にも登場しますが、スペクタクル性に富んだ、視覚的効果の大きなものとなっており、戦国期の能のショー的な雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「殺生石」(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

今後の上演予定

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約