銕仙会

銕仙会

曲目解説

殺生石(せっしょうせき)

◆登場人物

前シテ 女  じつは玉藻前(たまものまえ)の化身
後シテ 悪狐(玉藻前の正体)
ワキ 源翁(げんのう)和尚
アイ 源翁和尚の召使い

◆場所

 下野国 那須野(なすの)  〈現在の栃木県那須郡那須町〉

概要

那須野の地を訪れた僧・源翁(ワキ)は、ある巨石の上へ鳥が落ちてゆくのを目撃する。巨石のもとへ行こうとする源翁。そのとき背後から、一人の女(前シテ)が呼び止めた。この石は“殺生石”と言い、近づく者の命を奪うのだと教える女。実はこの殺生石は、いにしえ帝を誑かした妖怪の化身・玉藻前の執心が変じたものであった。女は玉藻前の故事を物語ると、自分こそその執心だと明かし、姿を消してしまう。
石魂の悪心を救うべく、殺生石に引導を授ける源翁。すると石は二つに割れ、中から一匹の妖狐(後シテ)が現れた。この妖狐こそ、玉藻前の正体。妖狐は、かつて日本を傾けようと帝を誑かし、正体が露見して追討軍に討たれたのだった。その顛末を物語ると、妖狐は弔いによって成仏を遂げたことを明かし、そのまま消えてゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・アイが登場します。

下野国 那須野の原。季節は秋、冷たい風が吹き抜けてゆくこの野を、一人の僧(ワキ)が訪れていた。僧の名は源翁。求道の道を志し、ついに高僧として世の評価を得るまでになった彼は、このたび奥州を旅して廻っていたところ。やがて訪れる冬に備え、次なる修行地として京都を選んだ彼は、召使いの僧(アイ)を伴い、都への旅路を急いでいた。

2 アイは、巨石の上に鳥が落ちるのを目撃します。

長旅の途上、この野で暫し休息を取っていた二人。そのとき、空を眺めていた召使いの僧は気づく。この野の中にある一つの巨石の上へ、空を飛んでいた鳥が急に落ちていったのだ。その報告を受けた源翁は、不思議に思いつつ、巨石を近くから見てみようとする。

3 前シテが声を掛けつつ登場し、ワキと言葉を交わします。

「お待ちなさい、石へ近づいてはなりません——」 そのとき背後から、彼を呼び止める一人の女(前シテ)の声がした。「その石は、人間ばかりか鳥獣にも仇なす“殺生石”。触れれば命を失うことでしょう。いにしえ鳥羽院に仕えた玉藻前の執心がこの石となり、今なお殺生を重ねているのです…」 木々の梢には梟の声、草叢の内には狐の影。そんな荒涼としたこの野の中で、ひときわ不気味にそびえ立つ、巨石の姿なのであった。

4 前シテは、玉藻前の故事を語ります(〔クセ〕)。

——出自不明の身ながら、美貌と才覚によって帝の寵愛を受けた玉藻前。そんなある秋の夜。遊宴のさなかにも天には黒雲が垂れ込め、風雨の勢いは強まるばかり。風に消えた灯火。するとその時、闇に包まれた宮殿の中で、にわかに彼女の身体から、まばゆい光が放たれた。白銀に輝きわたる宮殿。以来帝は病を得、陰陽師が占うと、玉藻前のしわざという。彼女こそ、日本を滅ぼさんとする魔の化身。その報告に、朝廷は遂に彼女を調伏し、その執心がこの石となったのだった…。

5 前シテは、自らの正体を明かして姿を消します。(中入)

「実は私こそ、その昔の玉藻前。そして今は、この殺生石の石魂なのです」 正体を明かす女。そんな彼女へ、源翁は言う。悪心の強い者ほど、心を翻せば仏道への志も強くなるという。わが弟子とし、仏法を授けてやろう——。その言葉に、彼女は懺悔として、真実の姿を現そうと決心する。「今宵、闇の中に光が現れたならば、それこそは私の真の姿。どうか、怖れを抱きませんよう…」 そう告げると、女は石の陰に姿を消すのだった。

6 アイは、ワキに物語りをします。

不思議な体験をした源翁。彼は召使いの僧を呼び出すと、昔の玉藻前の故事を再確認してゆく。源翁は、彼女の昔に思いを馳せ、その悪念を救ってやろうと決意する。

7 ワキが祈っていると、後シテが出現します。

殺生石に向かい、引導を授ける法要を始めた源翁。『草木も国土も、あらゆる存在に成仏の道は開かれているという。ましてや我が仏法を嗣ぐ者ならば、大悟を遂げること疑いなし。今まさに汝へ悟りを開かせ、仏の心にしてやろうぞ——』。
そのとき、辺りに地響きの音が轟く。闇夜の中で光を放ちつつ、二つに割れた殺生石。そしてその中から、一匹の妖狐(後シテ)が現れた。

8 後シテは、かつて那須野へと追われた顛末を語ります。

妖狐は語る。「我こそは、天竺や唐土で王たちを誑かし、国を傾けさせた悪神。そうして次なる標的を日本に定めた私は、玉藻前となって鳥羽院に近づき、病を与えたのだ。しかし陰陽師の祈祷により、私の全身は苦しみ出す。遂に私は、天へと飛び去ったのだ…」 海山を越え、この野に潜んだ妖狐。その追討のため、三浦介・上総介の二人へと勅命が下る。二人は、かの狐を射止めるべく、犬を用いて稽古に励むのだった。

9 後シテは、自らが退治された経緯を語り、消えてゆきます。(終)

——数万の軍勢を率い、この野を取り囲んだ二人。草を分けて探索する追討軍に、遂に私は見つかってしまった。逃げる私を追いまわし、とどめを刺した追討軍。こうして私は息絶えたが、その執心はこの野に留まり、今なお石となって人の命を奪ってきたのだ…。
しかし今、源翁の弔いを受けたことで、遂に悪心を翻した妖狐。妖狐は、二度と悪事を働かないことを誓うと、再び石の身と変じ、そのまま姿を消すのだった。

(文:中野顕正  最終更新:2022年07月18日)

舞台写真

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約