銕仙会

銕仙会

曲目解説

高砂たかさご

 

別名

古称《相生(あいおい)

作者

世阿弥

場所

前場:播磨国 高砂浦  (現在の兵庫県高砂市)

後場:摂津国 住吉浦  (現在の大阪府大阪市住吉区 住吉大社)

季節

仲春

分類

脇能物 男神物

登場人物

前シテ

老翁 じつは相生松の精

面:小牛尉 大口尉出立(格式ある老人の扮装)

後シテ

住吉明神

面:邯鄲男 透冠狩衣大口出立(男体の神の扮装)

ツレ

姥 じつは相生松の精

面:姥 水衣姥出立(老女の扮装)

ワキ

阿蘇神社神主 阿蘇友成

大臣出立(大臣などの扮装)

ワキツレ

阿蘇友成の従者 (2‐3人)

大臣出立

アイ

高砂浦の男

長裃出立

概要

阿蘇神社の神主・友成(ワキ)の一行が播州高砂浦に立ち寄ると、名木「相生松」の木蔭を掃き清める住吉浦の老翁(前シテ)と当地の姥(ツレ)の夫婦が現れる。二人は、この松が遠く離れた住吉浦の松と同根であることを教え、自分たち夫婦もこの松と同様、遠く離れてなお心を通わせているのだと言う。二人は、緑をたたえる松の葉こそわが国に栄える和歌の“言の葉”の象徴であると教えると、自分たちの正体はこの松の精であると明かし、住吉での再会を約束して沖へと消えてゆくのだった。

一行が住吉に赴くと、そこへ和歌の守護神・住吉明神(後シテ)が出現する。明神は、神徳を顕わして颯爽と舞を舞うと、人々に寿福を与えて治まる御代を祝福するのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場します。

醍醐天皇の御代。仁徳ある帝のもと、日本は繁栄の日々を謳歌していた。勅命によって編纂された『古今和歌集』は、まさにこの聖代の象徴というべき、文学の金字塔であった。

そんな延喜の御代、九州から京へと向かう一行があった。一行の主は、阿蘇神社の神主・阿蘇友成(ワキ)。治まる都の様子を一目見ようと思い立った彼は、従者たち(ワキツレ)を引き連れ、こうして瀬戸の船路を旅していたのであった。

2 前シテ・ツレが登場します。

途中、播州高砂浦に立ち寄った一行。するとそこへ、夫婦と思しき老翁(前シテ)と姥(ツレ)がやって来た。「すっかり年老いたこの身。私たちの心に寄り添うものは、松の梢を吹き抜ける風の音ばかり。長き命の友となる、久しき名所のこの松よ…」。

時刻は夕暮れ時。小高い丘の鐘の音が、春風に乗って聞こえてくる。そんな夕陽の光の中、熊手と竹箒を手にして現れた二人は、浦の松の木蔭を掃き清めはじめるのだった。

3 ワキは前シテ・ツレと言葉を交わします。

この松こそ、摂州住吉浦の松と同根という、『古今集』の序にも紹介された名木「相生松」であった。松の由緒を尋ねる友成に、老人は、自分は住吉の者なので当地の住人である姥に聞いてくれと言う。「非情草木の松すら、遠く離れてなお根を同じくするほど。どれほど離れていようと、夫婦の心は通じているのです」。

松の故実を教える二人。緑をたたえる松の葉こそ、豊かに栄える“言の葉”。この松こそ、文学の繁栄の象徴なのだ――。夫婦は松を言祝ぎ、治まる御代を讃えるのだった。

4 前シテは松の徳を讃えます(〔クリ・サシ・クセ〕)。

――移ろいゆく四季の中にあって、千年の緑をたたえる松。そんな色褪せることなき松の葉こそ、わが国に栄える和歌の“言の葉”。風の音や虫の声、この世に存在する森羅万象の全ては、万物に籠もる心のあらわれ。それこそが、和歌の心に他ならないのだ。中にも天下に名高き松の木、それは遠く中国においても賞翫を得たほどの、諸木の第一。散ることなく色を増すこの松の緑こそ、末永く続く世の証なのだ…。

5 前シテ・ツレは自らの正体を明かし、去ってゆきます。(中入)

聖代にふさわしい、松の徳。感服した友成に対し、二人は告げる。「実は我々こそ、この相生松の精。この治まる御代に引かれ、非情草木のこの身ながら、こうして夫婦の姿で現れたのです。住吉の地で、お待ちしておりますよ…」。

時刻は夕暮れ時。二人はそう明かすと、浦の海士小舟へと乗り込む。そして…、折からの追い風を背に受けつつ、舟は夕陽に輝く海のかなたへ消えてゆくのだった。

6 アイが登場し、物語りをします。

夫婦を見送った友成。彼はこの浦の男(アイ)を呼び、相生松の由来などを尋ねる。一部始終を聞いた友成は、先刻の老人夫婦が神木の精であったことを確信するのだった。

そのとき、にわかに追い風が吹きはじめ、出帆には絶好の条件となった。浦人にうながされるまま船に乗り込んだ友成一行。船は、住吉を目指して漕ぎ出してゆく。

7 ワキ・ワキツレが待っていると後シテが出現し、颯爽と〔神舞〕を舞います。

時刻は宵。昇りゆく月の光に照らされつつ、船は瀬戸の波路を進む。

やがて住吉の地に到った友成たち。そのとき一行の眼前に、和歌の守護神・住吉明神(後シテ)が姿を現した。「神代の昔より常盤の緑をたたえる、住吉の姫松。この松の葉こそ、わが神徳のすがたなのだ。さあ、夜神楽を奏し、神の舞い姿を見せようではないか…」 明神は神威を顕わし、颯爽と舞を舞いはじめる。

8 後シテは治まる御代を祝福します。(終)

清らかな月光のもと、住吉の浜辺に示現した明神の姿。神の舞う舞楽、それは魔を払って福を招き、人々を慈しんで長寿をもたらす、恵みの舞の数々であった。

治まる御代、栄えゆく世の中。そんな人の世を祝福する、住吉明神の神徳なのであった。

みどころ

(後日掲載いたします)

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「高砂」(文・江口文恵)

今後の上演予定

  • 2018年1月青山能「高砂」シテ:観世淳夫
  • 近年の上演記録(写真)

    (最終更新:2018年1月)

    曲目解説一覧へ戻る

    能楽事典
    定期公演
    青山能
    チケットご予約