銕仙会

銕仙会

曲目解説

田村たむら
満開の桜のもとに現れた一人の少年は、田村麿の化身であった。春の清水寺で語られる、観音の霊験譚。
作者 不詳
場所 京都 清水寺
季節 晩春
分類 二番目物 勝修羅物
「勝修羅三番」の一つ(他に〈屋島〉〈えびら
前シテ 地主権現に仕える童子 面:童子など 水衣着流童子出立(童子の扮装)
後シテ 坂上田村麿の霊  面:平太など 修羅物出立(武将の扮装)
ワキ  旅の僧 着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)
ワキツレ 旅の僧(二人)  着流僧出立
間狂言 清水寺門前の者 肩衣半袴出立(庶民の扮装)

概要

春、旅の僧(ワキ・ワキツレ)が清水寺に訪れると、不思議な少年(シテ)に出会う。少年は清水寺の由来を語り、僧たちに付近の名所を教え、満開の桜の下で僧たちとともに春の宵の風情を楽しんでいたが、夜になり、「私の正体を知りたくば、わが行く先を見よ」と告げると、境内の田村堂へと姿を消してしまった。じつは少年は、坂上田村麿の霊が仮の姿で現れたものであった。夜、僧たちが経を読んでいると、田村麿の霊(後シテ)が在りし日の姿で現れ、東国の叛乱を鎮めた武勇を語り、観音の霊験を讃えるのであった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場し、自己紹介をします。

東国から都を目指してやって来る、僧たちの一行(ワキ・ワキツレ)があった。頃は弥生半ばの花の盛り。一行は、春霞のたなびく清水寺へと到着した。

2 シテが登場します。

清水の観音様の慈悲の心。それは、ある時は春の花、またある時は秋の月となって、清らかな美しさをたたえる。春の光に照り映える満開の桜。雲も霞も一色の、地主権現の花盛りである。

そんな中、美しい玉箒を手に木蔭を清める、一人の少年(シテ)が現れた。

3 ワキはシテに言葉をかけ、シテは清水寺の由来を語ります(〔かたり〕)。

少年は、神に仕える童子であった。彼は僧たちに、清水寺創建の由来を語り聞かせる。
――昔、賢心という僧が生身の観音を拝みたいと願っていると、木津川の上流から光がさしたので、行ってみると行叡居士という老人がいた。老人は「一人のパトロンを得て、大寺を建立せよ」と言うと、東へと飛び去っていった。彼こそ観音の仮の姿、パトロンというのはこの寺の創建者・坂上田村麿のことなのだった。観音のお恵みの、有難い事よ…。

4 シテはワキに付近の名所を教え、桜を讃えます。

そう語ると、少年は僧たちに付近の名所を教える。「あれが歌の中山・清閑寺、今熊野、鷲尾寺…。おや、音羽の嶺から月が出て、この地主の桜を照らしていますよ。」
“春宵一刻値千金”のひととき。彼らは夜桜の風情を楽しむ。

5 シテはさらに桜を讃え、〔クセ〕を舞います。

花に興じた少年は、桜を讃えて舞い出す。
――名高い花の都。うららかな春の空、風も長閑に、音羽の滝の見事な景色。観音様の誓いの通り、滝の流れは清らかで、柳は青々と、長閑な春の有り様は、天も花に酔っているよう…。

6 シテは自分の正体を仄めかして中入します。

ただ人ならぬ少年の様子に僧が名を問うと、少年は「それを知りたければ、自分の帰る先を見よ」と告げる。彼は、市街地の方へ下ってゆくかと見えたが、意外にもそれと反対側の、坂の上の田村堂へと向かい…、月影さす扉を押し開け、中へと入ってしまったのだった。

7 間狂言がワキに物語りをし、退場します。

そこに、この所の男(間狂言)が現れ、僧に尋ねられるままに男は清水寺の謂われを語る。僧が先刻の少年の話をすると、それは坂上田村麿の化身だったと判明する。

8 ワキが待っていると後シテが出現し、生前の有り様を語ります。

夜。やわらかな月の光に包まれ、桜の下で僧たちが経を読誦していると、田村麿の霊(後シテ)が現れた。彼は、東夷を平定し天下泰平の世を創り出した昔の有り様を語り始める。
――平城天皇の御代。伊勢鈴鹿の悪魔を鎮めよとの宣旨を受けた私は、この観音に祈りを捧げ、凶徒平定に赴いた。軍団は東へ進み、同じく観音を祀る石山寺を拝みつつ、伊勢へと近づいて行く。勝利の前兆か、木々の梢も色めき、仏神のご加護もあらたかであった。

9 シテは戦の様子を見せ(〔カケリ〕)、勝利の有り様を語り、この能が終わります。

――伊勢では恐ろしい鬼神の声に、山々も震動していた。「鬼神ども、昔の逆賊・千方(ちかた)のように滅ぼしてやろう」と言うと、鬼神たちは鉄の火を降らせ、数千の軍勢となって襲いかかる。するとその時、味方の軍旗の上に光り輝く千手観音が現れ、千の手で智慧の矢を放ったので、鬼神は残らず滅んでしまったのだった。
観音を念じれば、どんな危害も跳ね返してしまう。観音が起こした奇跡なのであった。

みどころ

本作には、清水寺の創建をめぐる伝説が説かれています。

観音菩薩を信仰していた大和国の僧・賢心は、ある日、川の上流が光り輝いているのに気づき、さかのぼってゆくと、洞窟で修行している一人の老人を見つけます。老人は自らを「行叡居士ぎょうえこじ」と名乗り、賢心に寺を建てよと言うと、東方はるかに飛び去っていきました。この行叡居士こそ観音菩薩の仮の姿であったのです。後にその地に建てられたのが清水寺で、観音の霊験あらたかな寺として、今なお信仰を集めています。

その川の源流というのが、清水寺の境内にある音羽の滝で、現在でも有名な観光スポットとなっています。

また、本作に登場する「地主権現じしゅごんげん」とは、清水寺本堂の裏手に建つ神社で、清水寺創建以前からこの地に祀られており、清水寺創建後はその鎮守神として崇敬されています。現在では「地主神社」と呼ばれ、縁結びの神として、やはり観光客で賑わっています。

この地主権現のご神木が桜の木であり、桜の色には神の意志が表れるとされています。本作では、神仏習合思想に基づき、地主の神は観音菩薩の化身であるとの解釈から、地主の桜を観音の慈悲の表れであると考え、この清水の桜を讃えることが、本作前半部分のメインテーマとなっています。

また、本作後半に登場する坂上田村麿は、平安時代初期の武将で、日本史上初の征夷大将軍に任じられ、東国の叛乱を鎮める戦いで活躍しました。

『法華経』の普門品ふもんぼんという章には、「観音を信じる者を害しようとすれば、観音の力によって、却ってその者に害が跳ね返ってくる」という記述があります。坂上田村麿が観音菩薩を本尊とする清水寺の創建者であることから、田村麿の武勇を観音の霊験として讃えたのが、本作の後半部分になっています。

春の日の光を浴びた満開の桜に、「天も花に酔へりや」と舞い戯れる童子の、やわらかな雰囲気の前半。対して、軍神・田村麿の武勇を描く、勇ましい後半。観音のご利益を二つの側面から描いた本作の、柔と剛のコントラストをお楽しみください。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約