銕仙会

銕仙会

曲目解説

ともえ

木曽義仲終焉の地に現れた、美貌の女武者・巴御前の幽霊。義仲の最期の供を許されなかった彼女は、後ろ髪を引かれつつ、故郷へと落ち延びてゆく…。

死してなお尽きることのない、主君義仲を慕う巴の思い。

作者

不詳

場所

近江国 粟津ヶ原  (現在の滋賀県大津市、琵琶湖のほとり)

季節

初春

分類

二番目物 女武者物

登場人物

前シテ

里の女

面:増など 唐織着流出立(一般的な女性の扮装)

後シテ

巴御前の霊

面:増など 女武者出立(鎧兜を身につけた女性の扮装)

ワキ

旅の僧

着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)

ワキツレ

旅の僧(2‐3人)

着流僧出立

間狂言

所の者

長裃または肩衣半袴出立(庶民の扮装)

概要

木曽出身の僧たち(ワキ・ワキツレ)が粟津ヶ原を訪れると、松蔭に祀られた神の前で涙を流す、一人の女(前シテ)がいた。僧が声をかけると、女は、ここに祀られているのは木曽義仲であると教え、自分はある人物の幽霊であると明かして消え失せる。

僧が弔っていると、先刻の女が鎧兜を身にまとった姿で現れた。女は、義仲に仕えた女武者・巴御前の幽霊(後シテ)であった。巴は、運尽きた義仲が自害するに至った経緯を語り、義仲に最期の供を許されなかった自らの執心を述べ、義仲への最後の奉公として戦った粟津ヶ原での合戦の様子を再現して見せるのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場し、自己紹介をします。

琵琶湖のほとり、粟津ヶ原。いにしえ源平合戦のさなか、都を追われた木曽義仲が攻められて果てた、義仲終焉の地。往時の面影は既になく、湖のさざ波が穏やかに聞こえてくる、初春のある日。

この粟津ヶ原を訪れた、僧侶の一行(ワキ・ワキツレ)。木曽の山深くからやって来た彼らは、都へと向かう道中、この地へとさしかかったのであった。

2 前シテが登場し、ワキと言葉を交わします。

見ると、そこには一人の女性(前シテ)。彼女は、この原の松蔭に祀られていた神のもとに詣で、神前で涙を流しているのだった。不審がる僧であったが、女は、昔の行教和尚が宇佐神宮に詣でて涙を流した故事を引き、神に渇仰することは神慮にも叶うのだと述べる。

僧が木曽の出身だと明かすと、女は、ならば何故この神の名を知らないのかと言う。この地に祀られている神こそ、いにしえの木曽出身の武将・木曽義仲であった。こうして巡り逢えたのも何かの縁。僧は、今夜ここで経を手向けようという。

3 前シテは、自分が幽霊であることを明かして消え失せます(中入)。

そうする内、日は早くも西の山に傾き、夕暮れを告げる鐘の音が、浦波に音を添えて聞こえてくる。荒涼とした原の景色。「私も実は、この世に亡き身。私の名をご存知なくば、この里の者にお尋ね下さい…」 女はそう言うと、草葉の陰に消えてしまうのだった。

4 間狂言が現れ、ワキに物語りをします。

そこへ、この土地の男(間狂言)が通りかかった。男は僧に尋ねられるまま、昔の木曽義仲の故事を物語る。僧が先刻の女の話をすると、男は、義仲に仕えていた女武者・巴御前の霊であろうと言い、彼女のために弔ってやるよう勧めるのだった。

5 ワキが弔っていると後シテが出現し、ワキと言葉を交わします。

僧が亡者の霊を弔っていると、先刻の女(後シテ)が現れた。鎧兜を身にまとい、長刀を手にした勇ましい出で立ち。彼女こそ、義仲に仕えた女武者・巴御前の幽霊なのであった。

女の身ゆえ、義仲の最期の供を許されなかった巴。義仲に捨てられ、武者として最期を遂げられなかった執心から、亡者となった今なお、粟津ヶ原に留まり続けているのであった。

6 後シテは、運命に翻弄された義仲の盛衰のさまを語ります。

巴は、在りし日の合戦のさまを語り出す。

――五万余騎の大軍で信濃を出発した義仲様。うち続く合戦に、功名を立てること数知れず。それもひとえに、後の世の名誉を思ってのことでした。しかし、時の運とは残酷なもの。運尽き果てた義仲様は戦に敗れ、まさにこの粟津ヶ原の、草の露と消えたのでした…。

「お坊様も同郷の人。深い縁ある身と思い、亡き跡を弔って下さい」と、巴は僧に懇願するのだった。

7 後シテは、義仲に死の供を許されなかった妄執を語ります。

――あれは一月のこと。雪の斑に残る道を馬で逃げていた義仲様は、薄氷の張る深田に踏み込み、動けなくなってしまいます。私が駆け寄って見ると、義仲様は既に重傷。代わりの馬に乗せてこの松原まで供をした私は、義仲様に自害を勧め、自分も共にと言いました。しかし義仲様は許さなかった。女の身ならば生き延びる手だてもあろうと、形見の刀と小袖を預けられ…。死出の供を許されなかった私は、涙に咽ぶばかりなのでした…。

8 後シテは、迫り来る敵を長刀で追い払った、最後の武勇のさまを再現して見せます。

――そうする内、敵の大軍がこちらをめがけて迫って来ます。私は覚悟を決めました。「これで最後の戦ができる。ああ、嬉しいこと…」。 恐れている風を装い、敵を近づけると、私は長刀を振り上げ、技の限りを尽くして斬り畳みます。怖れをなした敵は、遥か遠くへと逃げていったのでした…。

9 後シテは、ひとり落ち延びてゆくさまを見せつつ消えてゆき、この能が終わります。

――義仲様の方を見ると、既に自害を遂げられた後。そばに置かれていた小袖と守り刀を取り上げ、私は御遺体に別れを告げます。悲しさに行くも行きかね、名残は尽きず…。とはいえ遺言には背かれず。私はしずかに鎧を脱ぐと、形見の小袖を身にまとい、刀をその中に抱き隠すと、涙とともにただ一人、木曽へと落ちていったのでした…。

いま明かされる、妄執の因縁。執心からの解放を願いつつ、巴は消えていったのだった。

みどころ

本作は、源平合戦の中で命を落とした武将・木曽義仲の、最期をめぐる物語を描いた能です。

木曽義仲は、源義朝の弟・義賢の子として生まれ、頼朝・義経らは従兄弟に当たります。しかし戦乱の世の習い、義仲の生まれた翌年には、頼朝らの兄・義平によって父は討たれてしまいます。義仲は、山深い木曽の里、中原兼遠のもとへ預けられることとなりました。以来、二十数年にわたって兼遠に育てられた義仲は、力強く、心も猛々しい武者に成長してゆきました。そして、頼朝挙兵の報せを受け、彼もまた遂に、木曽で兵を挙げたのでした。

義仲軍は快進撃を続け、平家方の軍勢を西国に追い落とすと、頼朝軍より先に京都へ上ることに成功します。ところが、田舎で育った義仲は都の人々から疎まれ、遂に後白河院によって義仲追討の命令が下されてしまったのでした。命令を受けた源義経らの軍に攻められ、義仲は都を落ち延びてゆきますが、琵琶湖のほとりで、遂に戦死してしまうのでした…。

この義仲には、幼少期を木曽の地で共に過ごした、腹心の部下たちがいました。中でも中原兼遠の息子・今井兼平や、同じく兼遠の娘・巴御前は、義仲にとっては乳兄弟に当たる、心許せる友でありました。その巴御前が、本作のシテとなっています。(なお、今井兼平を主人公とする《兼平》という能もあります。)

巴御前は、美貌の女性でありながら、また義仲に劣らず力も強く、武芸の達者であったと伝えられています。義仲の乳兄弟であった巴は、成長してからは義仲の妾となり、義仲に仕えたのでした。

『平家物語』のある伝本によれば、義仲軍が大敗して僅か五騎となってしまっても、巴は義仲に従い続けていたといい、自害の供を許されなかった巴がせめてもと最後の働きを見せるため、粟津ヶ原での奮戦を見せたのだとされています。本作では、後シテの華麗な長刀捌きによって、奮戦する巴の姿が舞台上に再現され、美しくも毅然とした女武者の姿がお楽しみ頂けます。

本作では、巴と義仲とはあくまで主従とされ、二人は愛しあう関係としては描かれていません。

愛しあう男女であれば、男が女を「捨てる」時とは、その女を愛すべき女として見られなくなった時、女としての魅力を見いだせなくなった時であるといえましょう。ところが本作では逆に、義仲は巴を女として見るからこそ、最期に臨んで彼女を「捨てた」のであり、そうして最期の供を許されなかった巴は、死後もなお、その事を悔やみ続けています。義仲に女として認識されることを拒み、あくまで最期まで共に戦おうとした巴。夫と妾の関係である以上に、主従の関係として義仲を慕った巴の、死後もなお主君を慕い続ける思いが、本作では描かれています。

美しくも勇猛な巴の戦いぶりと、義仲を慕い続ける彼女の思い。源平合戦の中で異彩を放つ女武者の、武勇と苦悩とが、この能には描かれています。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月15日)

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約