銕仙会

銕仙会

曲目解説

東北とうぼく
春の夜。池水には月影が映り、あたりには梅の香りが漂う。今や歌舞の菩薩となった和泉式部の、優雅な舞い姿。
作者 未詳
場所 京都 東北院(上東門院の邸宅跡)
季節 新春
分類 三番目物 本鬘物
登場人物
前シテ 都の女 面:若女など 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)
後シテ 和泉式部の霊 面:若女など 長絹大口女出立(高貴な女性の霊の扮装)
ワキ 旅の僧 着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)
ワキツレ 旅の僧 着流僧出立
間狂言 門前の男 長裃出立(庶民の扮装)

概要

東国出身の僧の一行(ワキ・ワキツレ)が京へ上ると、東北院で美しい一本の梅に出会う。門前の男(間狂言)に「和泉式部」という名だと教えられ、眺めていると、一人の女性(シテ)が現れ、それは梅の名ではないと教え、有名な女流作家の和泉式部がこの梅を愛した故事を語り、やがて姿を消してしまう。夜、僧の夢の中に和泉式部の霊(後シテ)が現れて昔の有り様を語り、東北院の情景を愛で、昔を偲んで舞を舞う。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場して自己紹介をし、間狂言と言葉を交わします。

霞たなびく長閑な新春のある日。東国から京へ上る、僧の一行(ワキ・ワキツレ)があった。京に着いた彼らは、東北院(とうぼくいん)という寺で、今を盛りと咲き誇る一本の梅に出会う。門前の男(間狂言)に「和泉式部」という名だと教えられ、暫く眺めようと、一行はこの地で休憩することにした。

2 シテが登場し、ワキと言葉を交わします。

そこに現れた一人の女性(シテ)。彼女は僧たちを呼び止め、梅の名が「和泉式部」なのではないと教える。昔この寺が藤原道長の娘・上東門院の邸宅だった頃、彼女に仕えた女流作家の和泉式部が植えたのがこの梅で、「軒端梅(のきばのうめ)」と名付けられ、式部に愛されていたのだという。
時が流れ世が変わっても、今なお梅の美しさは衰えていないのであった。

3 シテは自分の正体を仄めかして消え失せます。(中入)

女は、梅の物語を語ると、「かく言う私はこの世に亡き身…。今はこの花に住んでいるのです」と言う。 紅色に染まる夕暮れ時。女は木蔭に立ち寄ると、「私こそ梅の主」という言葉を残し、姿を消してしまった。

4 間狂言がワキに物語りをし、退場します。

そこへ、さきほどの門前の男が現れ、尋ねられるままに和泉式部の故事を語る。先刻の女が和泉式部の霊だと確信した僧たちは、さらなる奇跡を見ようと、今夜はここに留まる。

5 ワキが精霊の登場を待っていると、後シテが現れます。

夜、月明かりに照らされた梅の下。僧たちが法華経を誦んでいると、式部の霊(後シテ)が現れた。「この経を聞くと、昔の有り様を思い出す…。この寺が上東門院の邸宅であった頃、道長公が門の前でこの経を誦まれたので、私は一首の歌を詠んだ。『門の外法の車の音聞けば我も火宅を出でにけるかな』と…」
式部は、在りし日の懐かしく、誇らしい日々に思いを馳せる。

6 ワキはシテと言葉を交わします。

僧は、式部に声をかける。「門の外…」の和歌の力によって六道輪廻の苦しみから解脱していた式部は、今や歌舞の菩薩となって、この寺に宿っていたのであった。
和歌、それは仏の教え、天道に通じる真理そのものなのであった。

7 〔クセ〕で東北院の情景が描写され、シテはそれに合わせて舞います。

──ここは都の東北の霊地。川面に吹く風はすがすがしく、庭の池には月が照り注ぎ、木々には鳥たちが宿っている。多くの参詣者が集うさまは、さすが花の都である。絶えることなき法会の数々に月日は流れ、松吹く風に「ああ、もう秋か」と気づかされる。その吹き上げる谷風は悟りを求めて天を仰ぐ心、池に映る月影は下界の人々を救う仏の心なのだ。時々刻々と姿を変える、東北院の美しさよ…。

8 シテは〔序之舞〕を優雅に舞い、やがて僧の夢は覚めて、この能が終わります。

梅の花。それは春の闇夜の中にあっても、優雅な香りを漂わせる。まるでその梅の香りのような、和泉式部の舞い姿…。
思い出の地・東北院に現れた和泉式部は、昔を懐かしみ、今はもう帰ろうと言う。今や菩薩に生まれ変わった式部が、寺の方丈へ入ってゆくと見えて、夢は覚めたのであった。

みどころ

本作には、『法華経』の「譬喩品(ひゆほん)」がたびたび引用され、本作のサブテーマとなっています。
譬喩品には、次のようなたとえ話が載っています。あるとき、ある家が火事になり、父親は外にいて無事だったものの、子ども達が中に取り残されてしまいました。親は「火事だ!」と必死に叫びますが、子ども達は遊ぶのに夢中で気づきません。そこで親は一計を案じ、「家から出ておいで、坊や達に3台の立派な車をプレゼントしよう」と言うと、子ども達は火に包まれた家から飛び出してきて、無事火災から助かった、という話です。
このお話の中で、燃えさかる家とは苦しみに満ちたこの世の中を、子ども達はその世界の中で生きている我々悩める人間を、また方便を用いて子ども達を助ける父親は仏様を表しており、仏様の導きによって苦しみに満ちたこの世から解脱し、安楽な世界におもむくことが描かれています。この燃えさかる家を「火宅(かたく)」といい、苦しみに満ちたこの世の象徴として、本作や〈野宮〉をはじめ多くの演目に登場するキーワードになっています。
本作の主人公である和泉式部は、平安時代中期の女性で、藤原道長の娘で一条天皇の后となった上東門院に女房として仕え、紫式部などとともに女流作家として活躍していた人物です。彼女は恋多き女性として名高く、中でも敦道(あつみち)親王との恋は『和泉式部日記』の中で赤裸々に描かれています。本作にも「色に染み、香に愛でし昔」という表現があるように、色恋の道に生き、仏の教えを守ることのできなかった女性でありました。
しかし、色に生き、苦しみの焔に焼かれる身だからこそ、仏は救いの手を差し伸べるのです。本作でも語られていますが、藤原道長が上東門院の邸宅の前を通りかかった時、車の中で「譬喩品」を高らかに誦んでいたので、それを聞いた和泉式部は、道長の牛車と経典に出てくる3台の車とをかけて、「門(かど)の外(ほか)(のり)の車の音聞けば我も火宅を出でにけるかな」という歌を詠んだのでした。そうして、その歌のように、彼女は苦しみの炎に包まれたこの世から脱出することができたのでした。
本作の成立した中世には、次のような伝説すらありました。すなわち、和泉式部は菩薩の化身であり、色に耽る罪深い人々を救いへと導くために、敢えて恋多き女性として生きたのである、と。人間は必ずしも理性的ではいられない、感情に動かされる弱い存在ですが、だからこそ、恋の道に生きた和泉式部は人々を救う存在となりえるのでした。
しかし、和泉式部が菩薩に生まれ変わったとはいっても、完全に人間性を超越した存在になった訳ではありません。
僧たちの前に現れた式部が東北院の梅を見て思い出していたのは、生前の華やかな日々。在りし日、東北院がまだ上東門院の邸宅であった頃、上東門院に仕え、天皇や藤原道長、それに紫式部などの女房たちと共に過ごした、王朝貴族の優雅な時間なのでありました。僧たちの前で彼女が舞い出したのも、その栄華の日々への追慕があったからでした。そうして、恋しい昔の思い出に袖をぬらす自らの姿を恥ずかしいと言って、式部はやがて消えてゆくのでした。
浄化された菩薩でありながらも、他方では昔の日々を恋しがり思い出に涙する、人間味を持ち合わせた人間として、式部は描かれているのです。
まるで翻す袖から梅の香りが薫ってくるような、そんな王朝びとの優雅な舞い姿をお楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約