銕仙会

銕仙会

曲目解説

歌占うたうら

総白髪の異様な占い師が見せる、地獄の舞。土俗的で陰惨な、責めと祟りの世界。

作者 観世元雅
但し[次第・クリ・サシ・クセ]は山本某(作詞)・海老名南阿弥(作曲)
場所 加賀国 白山(はくさん)の麓
季節 初夏 旧暦四月  ホトトギスの鳴くころ
分類 四番目物 男物狂物
登場人物
シテ 伊勢の神官 度会某 直面 禰宜出立(神職の扮装)
※「邯鄲男」の面をかけることもあります。
ツレ 白山の麓に住む男 直面 素袍上下出立(男性庶民の扮装)
子方 度会某の子 幸菊丸 児袴扮装(小児の扮装)

概要

加賀国白山の麓に住む男(ツレ)が、腕の良い占い師がいると聞き、父を探している幼子(子方)を連れてその占い師のもとを訪れる。この占い師(シテ)はもと伊勢の神官で、あるとき諸国遍歴の旅の道中で頓死し、三日後に蘇生したのだと言い、それ以来総白髪になってしまったのだと述べる。男は、占い師の弓についた短冊を引き、そこに書かれている和歌をもとに占ってもらう。次いで幼子も占うが、既に父とは会っているという結果が出る。会話をするうち、実はこの占い師こそ幼子の父だったのだと判明する。占い師は、わが子と共に故郷へ帰るその名残に、自分が得意芸としている、地獄の様子を描いた舞を舞う。そうするうちに、占い師はトランス状態となり、神が憑依して彼を責め苛むが、やがて解放され、占い師はわが子を連れて故郷へと帰っていったのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ツレ・子方が登場し、自己紹介をします。

山岳信仰の聖地 白山(はくさん)。霊気が満ちるこの山は、夏でも雪に覆われている…。
その白山の麓に住む、一人の男(ツレ)がいた。近頃この辺りに腕の良い占い師が現れると聞いた彼は、知り合いの幼子(子方)を伴い、かの占い師のもとへ行くところである。

2 シテが、短冊をつけた弓を持って登場します。

そこへ、例の占い師(シテ)が現れた。この総白髪の異様な占い師は、和歌の徳を語りはじめる。「そもそも和歌というものは、この世界のはじめ、陰陽の二神が始めたもので、いまも宇宙の原理を体現する妙文なのだ。さあさあ、その和歌によって、何でも希望のままに占いをしようぞ。和歌を書き付けたこれらの短冊、そのうち一つを引くのだ。その歌に書いてあることこそ、神の告げなのである…。」

3 ツレはシテと言葉を交わし、占いをします。

男は占い師に声をかける。占い師は、自分は伊勢の神官で、以前諸国遍歴の旅の道中で頓死し、三日後に蘇生したこと、それ以来総白髪となったことを述べ、占いをしようと言う。男は短冊を引く。『北は黄に南は青く東白西紅の蘇命路の山』。それを見た占い師、「むむ、そなたは父上の病気のことを知りたいのじゃな。語って聞かそう。そもそもこの世界の成り立ちは…」彼は仰々しく語り始める。「…というわけじゃ、父上は助かるであろう。」

4 今度は子方が父の行方を占い、シテこそ実の父親であると判明します。

次に幼子が短冊を引く。『鶯の卵の中の時鳥(ほととぎす)己が父に似て己が父に似ず』。占い師は首をかしげる。「そなたは父上のことを探しているようじゃが、もう父とは既に逢っているという結果じゃ…。」そのとき、近くで時鳥の鳴き声が聞こえた。「や、この歌の内容と今の状況が一致しておるぞ。さては、そなたもしや…」占い師は幼子に出身や親の名、自身の名を尋ねる。 「これは不思議。この私こそ、そなたの尋ねる父なのだ!」

5 シテは世の無常をうたった曲舞(くせまい)を舞い始めます。

再会を果たした親子。占い師は、わが子を連れて国へ帰るその名残に、地獄の様子を描いた舞を舞おうと言う。これを舞うと、神が憑依して正気でなくなるという、恐ろしい舞…。
「この世は全て空しいもの。命は水に浮かぶ泡の如く、瞬く間に生滅離散を繰り返す。釈迦の教えを守る者はなく、閻魔の責めを受けるのみ。親しきも疎きも、もうこの世にはない。逃れがたい死という運命の後には、悪業ゆえの苦しみが待ち受けているのだ…。」

6 シテは地獄の様子を再現して舞います。

──苦しみに満ちた死後の世界。斬槌地獄では臼の中で身を挽かれ、剣樹地獄ではこの身はバラバラに切断される。石によって砕かれる石割地獄、炎によって頭を焼かれる火盆地獄、そのほか焦熱・紅蓮など、さまざまな地獄の苦しみ。それも全ては、この身ゆえの咎(とが)なのだ…。

7 シテは神の責めを受けて苦しみますが、やがて解放され、この能が終わります。

舞う内に様子がおかしくなってきた占い師。「ああ、おやめくだされ!只今あなたのもとへ帰ります。私を責め苛むのはおやめくだされ…!」どうやら彼は、神の責めを受けているらしい。髪は乱れ、顔からは汗が滝の如くに流れ落ちる。占い師はワナワナと震えながら舞を舞い、神への謝罪の言葉を繰り返す。
…そうしている内に、彼は神の憑依から解放された。彼はわが子を伴い、故郷へと帰っていったのだった。

みどころ

本作のタイトルともなっている「歌占」とは、和歌を用いた占いのことです。現代のおみくじにも和歌が書かれているように、神の託宣は和歌の形をとってなされると考えられていました。本作での「歌占」は、和歌を書いた短冊を小弓に付けて、そのうち一つを引かせ、それについて解説するという形となっており、おみくじ的な性格をもった占いであると言えましょう。
そこで用いられている歌も、独特なものです。本作では、ツレが『北は黄に南は青く東白 西紅(くれない)の蘇命路(そめいろ)の山』という、須弥山(しゅみせん:この世界の中心にあるという山)を詠んだ歌を引き、また子方も『鶯の卵(かいこ)の中の時鳥(ほととぎす)(しゃ)が父に似て己が父に似ず』という、郭公の托卵を詠んだ歌を引きます。これらは、王朝文学以来の優雅な和歌ではなく、民間の文化・信仰の中で伝承されてきたような歌であり、そのような土俗的な世界が、本作の舞台となっているのです。
ところで、本作最大のみどころといえば、上記「5・6」の場面、[次第・クリ・サシ・クセ]の箇所であると言えますが、この部分は、もともとは「地獄の曲舞(くせまい)」と呼ばれる独立した謡い物であり、本作が執筆されるに当たって作中に取り込まれたものとなっています。この一段の特徴としては、[次第]と[クセ]末尾の文句が一致していること、[クセ]が二段グセ(シテの謡う部分が二箇所あるクセ)となっていることなどが挙げられます。[クセ]をもつ作品は多く存在しますが、本作に見られるこれらの特徴は、最も本格的で古態を残した構造であると言われており、呪術的・土俗的な色彩の濃かった時代の猿楽の雰囲気を伝えています。
この[クセ]の前半部は、鎌倉時代の高僧であった貞慶の著作「無常の消息」を引用したものであり、絶対的虚無の立場に立って、人間の命の儚さや、死という遁れがたい運命を説いたものとなっています。また後半部は『目連救母経(もくれんぐもきょう)』という、盂蘭盆会(お盆)の行事などで用いられていた偽経典を引用したものであり、地獄の凄惨な描写が綴られています。
これらの先行作品をふまえた本作の[クセ]は、それを語るシテが総白髪の姿で現れ神憑りになるという異様さとあいまって、優美な世界とは異質の、おどろおどろしく陰惨な作品世界を立ちあげる上で、効果を発揮しているといえましょう。
決して優美さに絡めとられることのない、むき出しの信仰と呪術の世界。そのナマの中世的感覚の世界を、お楽しみ下さい。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「歌占」(文・中司由起子)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約