銕仙会

銕仙会

曲目解説

善知鳥うとう
殺生を生業とし、殺生に楽しみを見いだしてしまった、哀れな猟師。苦しみつつも猟に熱中してしまう、運命の残酷さ。

別名

烏頭うとう

作者

未詳

場所

前場:越中国 立山 (現在の富山県中新川郡立山町 立山)

 

後場:陸奥国 外ノ浜 (現在の青森県 津軽半島東部の陸奥湾沿岸)

季節

初夏

分類

四番目物 執心男物

 

「三卑賤」のひとつ(他に〈阿漕〉〈鵜飼〉)。

 

登場人物

前シテ

老人

面:笑尉など 着流尉出立(老人の扮装)

後シテ

猟師の霊

面:痩男など 水衣着流痩男出立(賤しい男の霊の扮装)

ツレ

猟師の妻

面:深井 唐織着流女出立(一般的な女性の扮装)

子方

猟師の子 千代童

児袴出立(童子の扮装)

ワキ

旅の僧

着流僧出立(一般的な僧侶の扮装)

間狂言

外ノ浜の者

長裃出立または肩衣半袴出立(庶民の扮装)

概要

陸奥国 外ノ浜へと下る旅の僧(ワキ)が、途中、立山地獄で修行していると、一人の老人(前シテ)が現れ、自分が外ノ浜の猟師の霊であることを明かし、蓑笠を手向けるよう妻子に伝えてくれと伝言を頼み、その証拠にと衣の片袖を託す。僧が外ノ浜の猟師の家を訪れ、猟師の妻(ツレ)と子(子方)に猟師の言葉を伝え、形見の片袖を渡して猟師の霊を供養していると、猟師の幽霊(後シテ)が現れ、弔いに感謝する。猟師は我が子に触れようとするが、罪障ゆえに叶わず、殺した雛鳥の親の気持ちを推し量って悔恨の念を述べる。猟師は、生前に殺生を唯一の楽しみとして熱中していたことを懺悔し、善知鳥を捕っていた様子を再現して見せ、親鳥の流す血の涙に染め上がる凄惨な猟の様子を語る。猟師は、地獄に堕ちたのち今度は自分が捕られる側となって責め苦を受けていること、特に鷹と化した善知鳥によって苦しめられていることを明かし、救済を求めつつ消えてゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

0 ツレ・子方が音もなく登場し、最初からその場にいるていで舞台に座ります。

1 ワキが登場し、自己紹介をします。

越中国 立山たてやま。絶え間なく火山ガスを噴出し、熱水の湧くこの山は、古来地獄と恐れられ、死者の行く先として信仰されていた…。

その立山を訪れた、一人の僧(ワキ)。彼は、日本の最北端・陸奥国外ノ浜へと向かう途中、霊山・立山で修行すべく、この地を訪れたのであった。

立山山頂は硫黄の臭気が充満し、ごつごつとした溶岩が露出する。迷路のように入り組んだ、嶮しい道の数々…。それは、この世に出現した、地獄のありさま。

2 前シテがワキに声を掛けつつ登場し、形見の片袖を託して消え失せます(中入)。

修行を終え、僧が下山していると、一人の老人(前シテ)が呼び止めた。「申し、お坊様。陸奥国へ行くのでしたら、言伝ことづてをお願い致します。私は外ノ浜で去年の秋に死んだ猟師でございますが、その妻子の家に行き、『蓑笠を手向けてくれ』とお伝え下され。私からの伝言だという証拠には、私が最期まで着ていた、この衣の袖を…。」

老人は袖を破り、僧に託す。下山してゆく僧の後ろ姿を、老人は涙ながらに見送り…、そのまま消えてしまった。

3 間狂言が登場し、ワキに物語りをします。

外ノ浜に着いた僧は、この土地の男(間狂言)に声を掛け、猟師の家を教えてもらう。男が言うには、この地には善知鳥という鳥がいて、砂の中に雛を隠しておき、親鳥が空から「ウトウ」と呼ぶと、雛は砂の中から「ヤスカタ」と答える習性があるのだという。かの猟師はその習性を使い、親鳥の鳴き真似をしながら雛をさがし、猟をしていたのであった。

猟師について詳しく教えてもらった僧は、さっそくその家へと向かう。

4 ワキはツレのもとを訪れ、形見の片袖を渡し、猟師を供養します。

猟師の家では、猟師の妻(ツレ)と子(子方)が悲しみつつ暮らしていた。「無常の世とは言いながら、愛する夫と別れ、この子はまだ幼い。心慰む暇もなき、悲しみの日々…」

そこにやって来た僧は、立山での一部始終を話し、形見にと渡された片袖を渡す。妻は悲しみつつも、家にある衣と比べてみると、見まごうことなき夫の袖。妻子は夫の言葉通り蓑笠を供えると、僧とともに供養をはじめる。

5 後シテが現れ、弔いに感謝します。

するとそこに、猟師の幽霊(後シテ)が現れた。「有難いこと。供養作善の功徳にあずかり、紅蓮地獄の凍てつく氷、焦熱地獄の燃えさかる炎も、和らぐ心地が致します…。しかしこの身は重い殺生の罪科をかかえ、心休まる暇もありません。どうか、法の恵みの日の光を、照らしてお救い下さりませ…」

6 後シテはツレ・子方と触れ合おうとしますが、罪障ゆえに隔てられ、身を嘆きます。

猟師の霊は、妻子に声をかける。「愛する妻よ、いとしい我が子よ…。思えば私は、どうして殺生の罪を重ねたのだろうか。私が殺した雛鳥の親とて、子を思う思いは今の私と変わるまいに。ああ、懐かしいこと…」 我が子の髪を撫でようとする猟師。しかしその身の罪障ゆえか、子との間を隔てられてしまう。猟師は、ただただ泣くばかりであった…。

7 後シテは、殺生に熱中していた自らの生前を述懐します。

猟師は述懐を始める。「人の身と生まれながら、賤しからざる普通の生業に就くこともできず、余暇を楽しむ教養を身につけることもなく、明けても暮れても殺生の業を重ね、夏の暑さも冬の寒さも忘れ、殺生の罪科も死後の報いも忘れ…、私は猟にばかり熱中していたのだった。」

8 後シテは、猟の様子を再現して見せます(〔カケリ〕)。

――私が捕っていた善知鳥という鳥は、木々の枝にも巣をかけず、波の上にも巣を作らず、平らな砂地に雛を生む。哀れにも愚かな習性よ。「ウトウ」と呼ばれた雛は「ヤスカタ」と鳴いて答えるので、何とも捕られやすい鳥であった…。

猟師は、雛鳥を捕る様子を再現して見せる。息を殺して狙い寄り、杖で打ち据え獲物を捕る。殺生に熱中する猟師の、鬼気迫るその表情。

9 後シテは、凄惨な猟の様子をなおも語ります。

――空からは、雛を捕られた親鳥が血の涙を流す。私は蓑笠を深く着て血の涙から身を守るが、なおも降り注ぐ血の雨に、視界も遮られるばかり。辺り一面は、くれないに染まり上がるのであった…。

10 後シテは死後の苦しみを訴え、救済を願って消えてゆき、この能が終わります。

――地獄に堕ちた私を待っていたのは、生前の報い。冥土では怪鳥が罪人を責め立て、鉄の羽に銅の爪で、罪人の眼をつかみ肉を引き裂く。苦しみ叫ぼうにも猛火の煙で声は出ず、逃げようにも歩くことすらできぬ。善知鳥は鷹となり、雉となったこの私を捕らえては苦しめる。安らぐ暇もなき身の苦しみ、どうか救って下さりませ…。

そう言うと、猟師の霊は消えてしまったのだった。

みどころ

本作は、殺生を生業とする者の悲しみを描いた作品となっています。

本作のように、猟師が主人公として登場し、生前の殺生の罪ゆえに死後苦しんでいる様子を見せるという能には、本作のほかに〈阿漕〉および〈鵜飼〉があり、「三卑賤」と総称されていますが、中でも本作は特に陰惨な描写が続き、苦しみのもととなった殺生の様子が生々しいタッチで描かれています。

本作に描かれた、シテの心情や因果応報の運命観を理解する上で重要なのは、このシテは嫌々殺生をしていたのではなく、生業として殺生を重ねるうち、鳥たちの命を取ること自体を楽しむようになってしまったということです。上記「7」の場面に描かれているように、賤しい身と生まれたこの猟師には、琴棋書画といった高級な教養を身につける機会はなく、そのことが、猟への熱中にいっそうの拍車をかけたのでした。賤しい身と生まれてしまったがゆえに、殺生を重ねざるを得ず、また殺生以外に楽しみを見つけることもできない…。そういった、卑賤の身と生まれたがゆえの救われない苦しみが、本作では描かれています。

本作の後シテは「羽蓑はみの」という、鳥の羽でできた蓑を腰に巻いて登場しますが、こうした扮装にも、殺生を生業とする賤しい者の罪深さが象徴されているといえましょう。

そうした「殺生じたいを楽しむようになってしまった猟師・漁師の悲しみ」というテーマは、〈阿漕〉や〈鵜飼〉でも描かれていますが、本作では、猟の様子を再現する〔カケリ〕の場面において、特にそれが顕著に表現されています。

〔カケリ〕は、通常の作品では、たとえば狂女の心が興奮状態になったことを表したり、武将の霊が勇ましい戦闘の場面を再現して見せたりするときに挿入される演技となっていますが、本作においては、殺生に熱中する猟師の鬼気迫る様子を見せる場面として挿入されており、「追打ノカケリ」あるいは単に「善知鳥のカケリ」と呼ばれる特殊なものとなっています。

この「追打ノカケリ」では、猟師が雛鳥を捕ろうとして一度逃がしてしまったのち、遠くから息を殺して狙い寄り、杖で打ち据えてついに雛を捕らえる、という演技がなされ、獲物を狙う猟師の様子が演じられる、緊張感のただよう場面となっています。

自らの心までもが、殺生に染まってしまった猟師。その救いのない運命の残酷さを訴えかける作品となっています。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「善知鳥」(文・中司由起子)

近年の上演記録(写真)

(最終更新:2017年5月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約