銕仙会

銕仙会

曲目解説

夕顔ゆうがお

作者

未詳

場所

京都 五条辺り “某院(なにがしのいん)”の廃墟

季節

晩秋

分類

三番目物 本鬘物

登場人物

前シテ

女  じつは夕顔上(ゆうがおのうえ)の霊

面:若女など 唐織着流女出立(女性の扮装)

後シテ

夕顔上の幽霊

面:若女など 長絹大口女出立(高貴な女性の扮装)

ワキ

旅の僧

着流僧または大口僧出立(僧侶の扮装)

ワキツレ

同行の僧(2‐3人)

着流僧または大口僧出立

アイ

土地の男

長裃出立(庶民の扮装)

概要

旅の僧(ワキ・ワキツレ)が京都 五条辺りに立ち寄ると、一軒の茅屋の内から、歌を吟じる女の声が聞こえてきた。声の主(前シテ)は、この茅屋こそ源氏物語に登場する“某院”であると教え、この地で果てた夕顔上の故事を物語るうち、姿を消してしまう。実は彼女こそ、夕顔上の霊だったのであった。

その夜、僧たちが弔っていると夕顔上の幽霊(後シテ)が現れ、この廃墟へと連れられた時の恐ろしさ、心細さを述懐し、そんな中で光源氏を頼み続けてきた自らの思いを述べる。しかしやがて、彼女は弔いによって救われる身となったことを明かすと、東雲の光の中に消えてゆくのだった。

ストーリーと舞台の流れ

1 ワキ・ワキツレが登場します。

京都 五条。平安時代には下級貴族の住宅地であったこの一帯は、上級貴族の洗練された雰囲気とはまた異なる、素朴な風情がただよう地であった。それから時は流れ、京の町並みはすっかり変わってしまったが、今なお一軒の茅屋が、往時の面影を留めていた――。

その五条辺りへとやって来た、僧の一行(ワキ・ワキツレ)。九州から遥々やって来た彼らは、都の内を一見の途中、こうして通りかかったのであった。

2 前シテが登場します。

そのとき茅屋の中に、和歌を吟ずる女(前シテ)の声がした。『何も知らぬまま、ただ山の端へと流れゆく月。そのように、あの方に導かれるままの、危うく儚い私の身の上――』。

しとしとと降る雨に物を思い、厚い雲のかなたに真如の月を慕う彼女。「いにしえ儚い恋に生きた、遠い異国の女たち。その魂は雲雨と変じ、今もこの世に名を留める。そしてこの地も同じ。“某院”の昔語りは今なおこの身に染み、哀しみの記憶は忘れる暇もない。どうか、私の心にわだかまる迷いの雲を、嵐が吹き払ってくれたなら…」。

3 ワキは前シテと言葉を交わし、前シテはこの地が“某院”であることを教えます。

僧は女に、この地の名を尋ねる。「某院」との答えに訝る僧。“某”とは実名をぼかす言葉、それを名に使うのはどうして――。不審がる僧に、女は言う。「源氏物語に記された“某院”こそこの地。光源氏と夕顔上が恐ろしい鬼と出逢った、“河原院”の旧跡…」。

夕顔上といえば、僧の出身地・豊後に縁のある玉鬘内侍の母。興味を示す僧に、女は彼女の故事を語りはじめる。

4 前シテは夕顔上の故事を語り、自らの正体を仄めかして消え失せます。(中入)

――源氏物語の中でも殊に哀れな夕顔巻。六条御息所のもとへ通う途中、夕顔上を見そめた光源氏。しかし、二人が永遠の愛を誓いあったのも束の間。これも儚き世の理、逢瀬のために訪れた某院で、漆黒の闇が彼女を襲う。風に消えた灯火。源氏が気づいた時には、夕顔上は既に息絶えていた。それは、儚く散っていった、夕顔の花の物語…。

「そんな哀れなかの花に、再び咲く日は来るのでしょうか。それを申し上げるべく、夢中にこうして現れたのです」 そう語ると、女は姿を消すのだった。

5 アイが登場し、ワキに物語りをします。

そこへ、この土地の男(アイ)がやって来た。男は僧に尋ねられるまま、夕顔上と光源氏との馴れ初めから彼女の死に至るまで、一部始終を語り聞かせる。男の言葉にじっと耳を傾けていた僧は、先刻の女こそ夕顔上の霊だと気づくのだった。

6 ワキが弔っていると後シテが出現し、二人は言葉を交わします。

彼女を弔う僧。するとその声に導かれ、夕顔上の幽霊(後シテ)が姿を現した。「物の怪に襲われ、儚く果てた露の命。死後も彷徨う私の闇を、どうか照らして下さいませ…」。

そら恐ろしい某院の庭。その光景に、あの日の記憶が蘇る。池は水草に埋もれ、不気味な暗さをたたえた松の陰で、喧しく鳴き立てる鳥たち。「この荒れ果てた廃墟の中で、源氏に付いてゆく他なかった身の儚さ。そんな彼への愛執ゆえ、今なお私は救われぬまま…」。

7 後シテは〔序之舞〕を舞い、やがて成仏を遂げてゆきます。(終)

「初めて一夜を共にした暁、彼は言ってくれました。『折から聞こえてきた仏事の声。あの声に導かれて、来世も同じ所に生まれよう』と。私はその言葉だけを頼みに、この常闇に耐えてきたのです…」 怖れと孤独の中、ひとり待ち続けていた彼女。

しかし今、僧の弔いによって、闇は次第に晴れてゆく。ついに巡り逢えた、来世へと導く法の声。遠くの山の端が白みはじめ、東雲の空に風が吹き抜けてゆく頃…、夕顔上は、ついに成仏を遂げたのだった。

(文:中野顕正)

過去に掲載された曲目解説「夕顔」(文・江口文恵)

近年の上演記録(写真)

今後の上演予定

(最終更新:2018年10月)

曲目解説一覧へ戻る

能楽事典
定期公演
青山能
チケットご予約