銕仙会

銕仙会

青山能

青山能〈5月〉

  • 狂言「清水」野村万之丞
  • 能「源氏供養」長山桂三
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2024年5月29日(水)
  • 午後6時30分開演
  • 午後8時30分頃終演予定
入場料
こちらをご覧下さい

終演後に能楽小講座あり。
その日の演目を中心に、能楽師が初めての方にも
分かりやすくお話をいたします

銕仙会青山能〈5月〉

仕舞

枕之段(まくらのだん) 北浪 貴裕
浮舟(ふきふね) 鵜澤  久
地謡 小早川康充
柴田  稔
清水 寛二
小早川 修

狂言 清水(しみず)

シテ 太郎冠者 野村万之丞
アド 石井 康太
     

能 源氏供養(げんじくよう)

前シテ
後シテ
里女
紫式部
長山 桂三
ワキ 安居院法印 野口 能弘
ワキツレ 従僧 野口 琢弘
渡部  葵
     

小鼓
大鼓
八反田智子
曽和伊喜夫
大倉慶乃助
   
地謡 小早川泰輝
青木 健一
安藤 貴康
谷本 健吾
浅見 慈一
北浪 貴裕
   
後見 観世銕之丞
観世 淳夫

安居院の法印が近江国の石山観世音へと参詣に向う。そこへ女が現れ、『源氏物語』の主人公光源氏の供養を怠った咎で成仏出来ない自分と光源氏を弔って欲しいと頼み、自分こそ紫式部だと明かして消え失せる。

やがて在りし日の姿で紫式部の霊が現れ、二人はともに光源氏を弔う。法印が布施のかわりに式部に舞を所望すると式部は袖を翻して舞を舞い、源氏を弔うために「そもそも桐壷の夕の煙速やかに法性の空に至り、帚木の夜の言の葉は終に覚樹の花散りぬ…」と巧みに『源氏物語』の巻名を読み込みつつ諸願を書き記した巻物を法印に捧げ、読み上げる。

やがて夜が明け、式部は自分が石山観世音の化現であり、『源氏物語』もこの世は夢と衆生に知らせるための方便であったのだと明かして消え失せるのだった…。

『源氏物語』の巻名を巧みに織り込んだ謡と紫式部の舞を中心に据えた能で、王朝文学的な趣が色濃い能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から


■青山能入場料

一般前売り
自由席 4,500円
U25(25歳以下) 2,200円
ベンチシート
(限定10席)
5,000円

 詳しくは銕仙会(03-3401-2285)までお問い合わせください。

■銕仙会〈定期公演・青山能〉共通回数券(5枚綴り)

 一般回数券        22,000円
 U25(25歳以下)回数券 10,000円

詳しくは詳細ページをご確認下さい。

■お申し込み

電話 銕仙会 03-3401-2285
(平日午前10時~午後5時)
インターネット チケットポータル GETTIIS
*ご利用には「GETTIIS」への会員登録(無料)が必要です。
*一部インターネットからはお申し込みいただけない席種がございます。料金欄をご確認ください。

公演情報
定期公演
青山能
チケットお申し込み
方法のご案内