銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2017年03月29日 青山能

  • 仕舞「田村クセ」小早川修
  • 仕舞「花月キリ」鵜澤久
  • 狂言「昆布売」山本凜太郎
  • 能「玉鬘」長山桂三
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2017年3月29日(水)
  • 午後6時30分開演
銕仙会青山能〈3月〉

仕舞

田村たむらクセ 小早川 修
花月かげつキリ 鵜澤  久
地謡 観世 淳夫
鵜澤  光
谷本 健吾
安藤 貴康

狂言 昆布売こぶうり

シテ 昆布売 山本凜太郎
アド 大名 山本泰太郎

供を連れずに外出した大名は、往来で出会った若狭の小浜の昆布売に太刀持ちを頼む。しかし昆布売がそれを断ると大名は太刀を抜いて脅し、昆布をすべて買い取って太刀の持ち方まで教え、無理やり昆布売を太刀持ちにさせてしまう。

昆布売は渋々従うが、大名に召使い扱いされるうちに遂に堪忍袋の緒が切れ…。

能 玉鬘たまかずら

前シテ
後シテ
里女
玉鬘内侍
長山 桂三
ワキ 旅僧 則久 英志
アイ 初瀬寺門前ノ者 山本 則重
     
藤田 貴寛
小鼓 田邊 恭資
大鼓 大倉慶乃助
   
地謡 小早川泰輝 谷本 健吾
青木 健一 馬野 正基
安藤 貴康 北浪 貴裕
   
後見 西村 高夫
浅見 慈一

初瀬詣でを志し、大和国初瀬川に着いた旅の僧。

そこへ女が小舟に棹さし現れた。女は自分の身の上を水面に漂う浮舟に喩えて嘆き、紅葉に色付く初瀬の山河の夕景色を愛でると、僧を二本の杉へと案内する。

女はこの杉にまつわる古歌から、光源氏と夕顔、その子玉鬘の数奇な運命を物語る。

光源氏と契りを結び、その後儚く命を散らせた夕顔。その幼き遺児玉鬘は九州へと下っていった。やがて成人した玉鬘は男からの求婚を避け、密かに都へ帰り着く。頼る者もない身の上の玉鬘が初瀬寺に参詣すると、幸いにも夕顔の侍女右近と再び会うことが出来たのだと。

そう語ると、自分こそその玉鬘であるとほのめかし、僧に回向を頼んで消え失せてしまう。

やがて僧の弔いに惹かれ、玉鬘の霊が往時の姿で現れた。玉鬘は髪を乱し、妄執に心乱れる様を見せ、その浅ましい姿を恥じる。しかしそれも自ら犯した罪の報いだと懺悔し、玉鬘は妄執を晴らして成仏するのだった。

狂乱物と鬘物の要素を併せ持つ、『源氏物語』を典拠とした金春禅竹作の能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

写真へのリンク

 

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約