銕仙会

銕仙会

通し番号の重複・抜け落ち等のため一部の番号に異同がございます。
あらかじめご了承ください。

No. 年月日 『銕仙』号数 タイトル 筆者
368 平成30年11月
686 夕顔―前シテの登場と後場の舞 高桑いずみ
367 平成30年10月
685 能〈項羽〉のツレ虞氏は必要不可欠か 宮本圭造
366 平成30年09月
684 世阿弥自筆本〈柏崎〉にみる父と子の絆 鵜澤瑞希
365 平成30年07月
683 能〈熊坂〉小考 竹本幹夫
364 平成30年06月
682 《水の月取る猿》と猿沢の池
——能「采女」の修辞——
岩崎雅彦
363 平成30年05月
681 若い人の死を扱った〈朝長〉と〈隅田川〉 三宅晶子
362 平成30年04月
680 観世流の『国栖』の詞章とその来歴 天野文雄
361 平成30年03月
679 「かかり」とは何か
——良基連歌論と世阿弥能楽論—— 
重田みち
360 平成30年02月
678 起こらなかった奇跡 小田幸子
359 平成30年01月
677 〈佐渡狐〉の袖の下、再論 田口和夫
358 平成29年12月
676 山名宗全の勧進猿楽 松岡心平
357 平成29年11月
675 その後の暮松新九郎
——難波のことも夢のまた夢——
宮本圭造
356 平成29年10月
674 『金島書』に見える能登の神をめぐって
——「能登の名に負ふ国つ神」小考——
山吉頌平
355 平成29年09月
673 長唄に聞く能の古態 高桑いづみ
354 平成29年07月
672 『殺生石』と源翁禅師の事蹟 天野文雄
353 平成29年06月
671 「夢幻能」のフィルタを外す
——世阿弥晩年期以降の幽霊能のヴァリエイション——
重田みち
352 平成29年05月
670 力動風再考 三宅晶子
351 平成29年04月
669 たれ踏みそめて恋の道
——「恋重荷」の恋の歌——
岩崎雅彦
アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約