銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2020年05月27日 青山能

  • 狂言「梟山伏」高澤祐介
  • 能「雲林院」観世銕之丞
会 場
銕仙会能楽研修所
日 時
  • 2020年5月27日(水)
  • 午後6時30分開演
本公演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたしました。
銕仙会青山能〈5月〉二部

狂言 梟山伏(ふくろうやまぶし)

シテ 山伏 高澤 祐介
アド 三宅 近成
小アド 金田 弘明

山から帰った弟の様子が物の怪のついたようにおかしいので、心配した兄は山伏に加持祈祷をしてもらうと、弟は「ホホ」と鳴く。どうやら山で梟の巣を下したことで梟が憑いてしまったらしい。山伏は懸命に祈るも状態は悪化し…。

能 雲林院(うんりんいん)

前シテ
後シテ

在原業平
観世銕之丞
ワキ 蘆屋公光 則久 英志
ワキツレ 従僧 舘田 善博
野口 能弘
アイ 北山辺ノ者 前田 晃一
     

小鼓
大鼓
八反田智子
鳥山 直也
原岡 一之
太鼓 金春惣右衛門
(國直改メ)
   
地謡 青木 健一
安藤 貴康
長山 桂三
北浪 貴裕
柴田  稔
浅見 慈一 
   
後見 西村 高夫
観世 淳夫

『伊勢物語』を愛読していた摂津国蘆屋の里の公光は、ある夜不思議な霊夢を見たので、『伊勢物語』ゆかりの都紫野の雲林院へやってくる。

雲かと見まごう満開の桜の中、人家を見つけた公光は、その一枝をつい手折る。

「嵐山とは名ばかりの、花散らす風も吹かないのどかな春。花を散らすのは鶯でなければ、はて、人か…」と、公光を咎める尉が現れ、二人は歌問答を交わす。 公光は霊夢を見てこの地へ来たことを語ると、尉はそれこそ在原業平のお告げであろうと告げ、さらに自分は業平の霊であることをほのめかし、霞に紛れて姿を消す。

夜更、公光の夢中に『伊勢物語』の秘事を語るべく、業平が艶やかな姿で現れた。業平は二条の后との駆け落ちの様子を語り、月光の下で懐旧の舞を舞うと、名残惜しくも夢は覚めるのであった。

人目を忍び行く在原業平と二条后の恋の逃避行。『伊勢物語』第六段「芥川」を題材とした、禁断の王朝文学を描いた能。

さらに詳しい解説は〈こちら〉から

 

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約