銕仙会

銕仙会

銕仙会上演記録

■2021年06月11日 定期公演

  • 狂言「因幡堂」善竹十郎
  • 能「花筐 筐之伝・大返」鵜澤久
会 場
宝生能楽堂(全席指定)
日 時
  • 2021年6月11日(金)
  • 午後6時30分開演(午後6時開場)
銕仙会定期公演〈6月〉

狂言 因幡堂(いなばどう)

シテ 善竹 十郎
アド 善竹大二郎

大酒飲みで自堕落な妻を見かねた夫は、妻の里帰り中に離縁状を出し、新しい妻を得るため因幡堂の薬師へ妻乞にやってきた。これを知った妻は立腹して、寝ている夫へ西門の角に立つ女を妻に定めよ言い聞かせる。夫はこれを霊夢と思い込み、お告げ通りに西門へ行ってみると…。

——————〈休憩15分〉———————

能 花筐 筐之伝・大返(はながたみ かたみのでん・おおがえし)

シテ 照日ノ前 鵜澤  久
ツレ 侍女 鵜澤  光
子方 継体天皇 佃 基太郎
ワキ 官人 殿田 謙吉
ワキツレ 使者 則久 英志
輿舁 大日方 寛
野口 能弘
   

小鼓
大鼓
藤田 次郎
観世新九郎
柿原 崇志
     
地謡 観世 淳夫
谷本 健吾
長山 桂三
北浪 貴裕
小早川 修
清水 寛二
浅井 文義
柴田  稔
     
  後見 観世銕之丞
  浅見 慈一

越前国味真野に住んでいた大迹部皇子は、皇位を継ぐため急遽上洛することになり、里にひとり残した恋人照日の前に手紙と花筐を残す。使者より形見の品を受け取った照日の前は、皇子の行く末を喜びつつも悲嘆にくれ、放浪の旅に出る。

大和国に到着した皇子は、即位して継体天皇となり、紅葉遊覧の行幸に赴いていた。一方、天皇を思うあまり狂乱となった照日の前は、雁が飛ぶ方向を頼りに都に到ると、偶然行幸の前に進み出てしまう。姿も乱れた照日前は、官人に追い払われ花筐を打ち落とされると、天皇との日々を思慕して狂い舞う。そして宣旨により御前にて曲舞を舞うと、天皇は故郷の恋人に気づいて照日前を召し使わせようと告げ、二人は再び一緒になるのであった。

花筐を手に、恋慕の心で狂い舞う物狂能。

さらに詳しい解説は<こちら>から

アーカイブ
定期公演
青山能
チケットご予約